有名ドクターでも解決できない


今日はお1人の方の治療経過をご報告させていただきます。
※ご本人様にはご承諾をいただき、公開させていただきました。


日本には少ないですが、
筋肉の痛みに対して積極的な治療をしている病院がいくつかあります。


その中の1つ、
筋肉の痛みに対して注射を打つことで
痛みの軽減を図っている整形外科のドクターがいらっしゃいます。


専門的には、トリガーポイント・ブロックという治療方法です。


痛みは筋肉の異常な痙攣であるとし、
それが脳への刺激を繰り返すことで誤った認知をもたらし、
慢性化を促している痛みの原因、
その経路を遮断しようとする治療法です。


その方も、
痛みの箇所に注射を打ってもらっていたのですが、
経過は芳しくなく、その後再び痛みを繰り返していました。


初回に訪れた際は、
股関節全体に痛みがありました。


そのため、股関節周りの筋肉を全体的にほぐす程度で様子をみました。
初回は少し軽くなった程度で、大きな変化はありませんでした。



2回目のときは、痛みの場所が変化していました。
お尻の下の辺りから太ももの外側。


歩きはじめると痛みがでるとの訴えがあったので、
今度はポイントを絞って、
歩行の運動の要素を1つずつ確認していきました。


歩き方は、早歩きで、やや内股です。
異常な筋肉の硬さがあり、痛みを伴います。


さらに分析を進めていくと、
痛みの原因が徐々に明らかになってきました。


問題は身体の使い方、体重の支え方です。


右脚で体重を支えるときに、
主にこの痛みを訴える外側の筋肉で支えていたのです。


本来働くべきでない筋肉で今まで支えてきたのですから、
痛みが現れたのです。


お尻のほっぺたの筋肉は薄くなり、痩せています。


「身体の使い方」に問題があったのです。


セラピーでは、
太もも外側の筋肉をしっかり緩め、


もう一度本来働くべき筋肉を働かせるように促し、
歩いていただきました。


痛みはなくなりました。


注射や麻酔で一時的に痛みが軽減したとしても、
また同じような姿勢や運動パターンで動こうとすると、
痛みがでる可能性は十分に考えられます。


そのため、初回の治療がうまくいきませんでした。


「身体の使い方」を改めて学習する必要があったのです。


身体には流れがあります。
流れに逆らうと痛みとなってサインを発します。


正常の流れに上手に乗せてあげることが、最も安全で
もっとも負担の少ない介入手段であると考えています。







よつばのクローバーもっと知りたい股関節痛!!

痛みの種類とその対応


ダイアナさん、
コメントを拝見させていただきました。


そうですね、正におっしゃる通りです。
早めの対処が確かに必要なんです。


痛みが出たらまずは取り除くことが優先です。


痛みにはいろいろな性格というか、性質があります。
股関節痛の多くは、慢性化した頑固な痛、
いわゆる慢性痛ではないでしょうか。


この種の痛みをいかに患者さんの身体に負担の無いように、
取り除くことができるか…
これがここでのセラピーの課題でもあります。


ここで拝見していますと、
それまでの経過や筋肉の使い方によっては、
筋肉をほぐしただけでは、改善が乏しいことがあります。


そうした場合、
別の視点から痛みの除去に取り組んでいます。



たとえば
痛くて足に体重をかけることができないような場合、


どうすれば痛みを経験することなく、
安全に、理想とする筋肉の働くを引き出すことができるのかを、
考えていかなくてはなりません。


問題は、
筋肉の状態だけのことなのか。
それとも、体重のかけ方自体に何か原因があるのか…。


慢性痛を伴った場合、
体重をかける動作自体に問題を抱えていることが多いです。


そのため、脚に体重をかけても良い状態を
筋肉から、股関節や骨盤、さらにつま先の向きから
作り上げておくことが必要なのです。


痛みを取り除くことは我々の最優先課題ではありますが、
痛くて出来ない、怖くて出来ないという認識を
筋肉の働きをしっかり準備し、精神的に安心して、安全に行える
環境を整えることによって、


運動の幅を徐々に広げていきながら、
身体の間違った認識を修正していくことも、
痛みを取り除く上で重要なアプローチだと考えています。


明日のブログでは、
このようなアプローチを行っている大先輩の理学療法士の先生が
興味深い記事を書いておりましたので、
ご紹介させていただきます。





よつばのクローバーもっと知りたい股関節痛!!

靴の裏のはなし




皆さんの靴の裏はいかがでしょうか。


すり減る方。すり減らない方。


すり減る方は、
すり減るのはどちら側ですか?


外側でしょうか。内側でしょうか。


そして、
皆さんの痛みは、股関節の外側でしょうか。内側でしょうか。


靴の裏は皆さんの日常を映し出してくれます。


外側に痛みがある方の多くが、
靴底の「外側」のすり減りを感じているのではないでしょうか。


歩いているときに、
外側に重心が乗るようになると靴の外側がすり減り始めます。


そして、外側で常に支えるようになると、
外側の筋肉に痛みが出やすくなるようです。


基本的には痛みの出る筋肉、
外側の筋肉をほぐすことで痛みは緩和できます。


しかし、それだけでは不十分な場合もあります。


セラピー後、再び外側で体重を支えるようになれば、
再び同じ痛みを繰り返します。


目指すのは対症的な療法ではなく、根本治療です。


そのためには、
普段の重心の位置から修正する必要があるのです。


外側→内側へ。


内側で支える機構を股関節、
骨盤周りからつくって行く必要があるのです。


今まで使っていない、休んでいた筋肉を使っていくことになるので、
回復には多少時間がかかることもありますが、
これがもっとも負担の少ない根本治療であると考えています。


昨日お越し下さいました、Mさん。


今はまだ少し痛みが継続しているかもしれません。
歩行の基礎から改めて見直して、
少しずつ造り上げていきましょう。
充分に実現可能な要素をお持ちです。
頑張りましょう!





よつばのクローバーもっと知りたい股関節痛!!