論より証拠


ここginzaplusでは、新たな取り組みです。


これまでブログの中では、
特に痛みや歩行の改善を目的に、
股関節に関することを文字や図を利用しながら説明してまいりました。


特に慢性化した痛みに対しては、
姿勢や歩行、身体の中からの活動の変化が必要です。


この頃はブログを読んで下さる皆様からの声を聞きながら、
「歩行」に対する関心が非常に深いことを感じています。


「実際には、どのような効果があるのか」
もし私が股関節症だったら…、もっとも知りたいところです。
外から見ている方々にとっては、特に気になるところではないでしょうか。


そこで、ブログの右脇のカテゴリーの中に、
「歩き方 動画」の項目を設置しました。


これも皆様のご協力があってできることではありますが、
これから少しずつ股関節症の方の歩行の変化を提示させていただきます。


そろそろ事実を提示する時期に来ているのです。


股関節の痛み、歩行に悩む方々、そして同じ医療従事者に対しても、
股関節を専門とした取り組みを発信しなければならないと思っています。


少しずつ着実に…。





☆ホームページはこちらです

☆12月、1月のご予約はこちらからどうぞ



よつばのクローバーもっと知りたい股関節痛!!

臼蓋形成不全 3


「臼蓋形成不全」との診断を受け、
手術をすすめられたSさんのその後の経過をご紹介いたします。
※掲載のご協力をいただいております

Sさんの歩き方です。


手術を勧められた側の左脚を引きずるように歩いています。
肩が左右に振れ、手でバランスを取っています。


こちらをご覧ください。
※「こちら」の文字をクリックすると動画がみれます。


痛みを避けるような歩き方を続けることで、
股関節・骨盤周りの筋肉のバランスが徐々に崩れ始めます。


歩行で、本来働くべき筋肉が働けなくなってきます。
筋肉の過剰な緊張やコリになる原因です。


Sさんにとっては、
歩行で必要な筋肉に働きを取り戻してもらうことが最大の目標です。
これは結果的に、筋肉のコリの軽減につながるからです。


実際は、最初の頃数回のセラピーでは、大きな変化はみられませんでした。
その時は良くなってもまた次回おみえになるころには、
また痛みが再発し、引きずるような歩行を繰り返していました。


しかし、自主練習を繰り返していただき、
少しずつ歩行にも痛みにも変化がみられるようになってきました。


そして、現在の様子です。
こちらをご覧ください。
※「こちら」の文字をクリックすると動画がみれます。


多少痛みがあったときの歩き方の癖も残っていますが、
だいぶ安定してきています。肩の振りは少なくなり、
痛みも軽減してきています。


歩行を修正するには時間を要することもあります。


しかし、一度本来の働きを身に付けることができれば、
痛みをコントロールし易くなります。


筋肉の痛みを取り除くためには、
「筋肉をほぐす」ことと「筋肉を使う」ことを
同時進行で取り組む必要があると考えています。


一生使う筋肉ですから、
最終的には動きの中で使えなければモノにならないのです!




よつばのクローバーもっと知りたい股関節痛!!

関節リウマチ 3


少しずつ「筋肉を働かす」感覚を身に付けたYさん、
その後の経過が気になるところです。


まずは初期時の歩行の様子をご覧ください。


こちらをクリックするとご覧いただけます。
※掲載の許可はいただいております

初回ではなく2回目のセラピー時の様子ではありますが、
まだ脚を引きずるような歩き方、痛みも残っていました。


そして、現在です。


こちらからご覧いただけます。

まだ歩き方は修正途中ではありますが、だいぶ安定してきました。
初期にあった激痛はなくなりました。


股関節痛に限らず、
関節疾患患者さんに必要なことは、


痛みを引き起こしている
「過剰な筋肉の緊張、コリを緩めること」と、
これまでの
「姿勢や運動パターンを修正すること」にあると考えています。


長年の深い眠りから筋肉の働きを再び呼び起こすためには、
準備段階としての筋肉をほぐすことは必要不可欠です。
でも、それだけではYさんにとっては不十分でした。


再び痛みを引き起こさない、
「手術を絶対したくない」Yさんの希望に少しでも近づけるためには、
これまでの長年の姿勢や歩き方の癖にまで変化を加える必要がありました。


身体に変化を与える、自然治癒力を引き出すための手段です。


個人差もありますが、
Yさんの身体には適切な刺激であったと思います。


まだまだ変われる人は多いはずです。


痛みの原因、
痛みから抜け出すための手段を一緒に考えていきましょう。



よつばのクローバーもっと知りたい股関節痛!!
 「一生自分の脚で歩く」応援します!!