【股関節唇損傷】40代男性 手術後のトラブル「関節拘縮」

 

歩き方はとても大切です。

幼少期からの歩きの癖も、長年に渡ると耐えられず痛みとなって現れる事があります。

最近では40代を中心に若い方でも、まともに立てない、歩けなくなっている方が増えていますね。

病院へかかると、臼蓋形成不全や股関節唇損傷などと宣告されるようですが、

それら以上に重要な問題を抱えていらっしゃいます。

股関節痛の予防でも、歩き方への意識が根付けば、おそらく日本人の場合、変形性股関節症の数も激減する事でしょう。

歩きの大切さを全国へ広げたいですね。

 

さて、本日もケーススタディーです。

40代の男性です。股関節痛により股関節唇損傷を診断され手術を受けましたが、やはり、経過が良くありません。手術後の後遺症に悩まされています。

 

【医療機関で診断された病名】

股関節唇損傷

 

【解説】

これまで怪我や股関節への治療経験はなく、ある日突然股関節を動かした際に違和感が生じ、1件目の医師からは股関節唇損傷を疑われ、2件目の専門医からは股関節鏡による手術が勧められました。手術を決意し、その後順調に回復していたものの、4ヶ月が過ぎた頃から急激に痛みが襲い、歩くのも困難になるまで悪化。椅子に座る事すらできず、休職へ。担当医からは再手術の提案がありましたが、復職もできず歩く事もままならない中で、「本当にこのままで良いのか」ご家族が心配されご相談にみえました。ginzaplusにお越し頂いてからは、次第に痛みは和らぎ、走れるまでに回復。しかし依然として関節拘縮は残存し、今後も経過観察の予定です。

 

【理学療法士コメント】

股関節鏡の手術後では、様々な後遺症や合併症が存在します。

その内のひとつが関節拘縮です。股関節とは、肩や膝とは異なり身体深く存在する関節です。そのため、関節鏡による手術も熟練した技術がなければ悪化を来す恐れがあります。手術中の関節内への処置に問題があったり、手術後のリハビリがスムーズに進まないと、関節はかたく動かなくなります。

今回のケースでは、元々股関節の動きに制限がある中での股関節鏡の手術による選択でした。本来であれば、関節拘縮は想定内と考えられ、術後早期から積極的な可動域訓練が必要でしたが、実際には、体幹トレーニングが主体となり、可動域へのリハビリは行われていませんでした。そのため、現在でも股関節の屈曲角度は90度が精一杯であり、つまり、椅子に腰掛けるのも困難な状況です。デスクワークも辛く、休職を迫られ、立ち膝でなければ食事もできない生活です。

保存療法により走れるまでは回復しましたが、依然として関節拘縮は存在し、今後も、継続的なリハビリが必要な状況です。一番の大きな問題は、担当医とリハビリとの連携不足です。動かさなければならないタイミングで動かさないと、関節は瞬く間にかたくなります。動かす事への恐怖心が現れれば早期の解決も難しくなります。股関節鏡による手術は最初が勝負です!はじめの時点で何らかの問題があれば、できるだけ早く専門家の指導を仰ぐようにしましょう。

 

【痛み】

「関節を動かすと痛む。」「座っていられない。」

 

【ginzaplusへの期待】

「復職、子供と遊べるようになりたい。」

 

【施術期間】

 計6回、約3ヶ月

 

【施術前・施術後 (クリックで動画に切り替わります)】

ginzaplus 佐藤正裕

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ

 

【股関節唇損傷】フィギィアスケートと股関節痛

 

海外では当たり前に実施される保存療法も、日本ではその場を探す事すら困難です。

日本の股関節学会でも保存療法に関する報告は聞かれますが、やはり、手術が主流派の意見。

結局は手術に至るとの前提があるのでしょう、あまり積極的とはいえないように思います。

昨年から変形性関節症の国際学会に参加しています。

海外で扱う保存療法とは日本のものとまるで違います。

単にベッド上のリハビリのみならず、生活ができるように取り組んでいます。

 

今年はインドで筋痛症学会が開催されます。

皆さんは、変形性関節症は骨や軟骨が痛みの原因だと思ってはいませんか。

世界の専門家はまた別のところに注目しています。もちろん私も出席してきます!

 

さて、本日も症例紹介です。

アメリカで活躍されるフィギィアスケーターです。

 

【医療機関で診断された病名】

股関節唇損傷、臼蓋形成不全

 

【解説】

これまで股関節の脱臼治療経験はなく、股関節に違和感を感じはじめたのは2014年になってから。ダブルアクセル、練習中に股関節を痛め、ランニングの最中に悪化。一時は安静にすることで軽減されたものの、練習量の増加と伴に増悪。股関節を動かすと同時にクリック音が生じはじめ、パソコン作業などの安静時にも痛みを訴えるようになり、地元アメリカの専門医師を受診しました。MRI検査結果から「1/3が欠損した股関節唇損傷」との診断。ただ、臼蓋形成不全を伴う股関節唇損傷の場合、手術は技術的に困難を極め、その後のスケート復帰も危ぶまれるため手術は勧めない、とのアドバイス。保存療法を勧められ、現地の理学療法士が常勤するクリニックをいくつか訪ねましたが、いまひとつ効果を実感できずご相談頂きました。

日本に滞在中、1週間に渡って数回の施術を実施したところ、運動時の痛みはほぼ解消され可動域も正常範囲以上に改善。練習も再開できるようになりましたが、筋力低下が目立つため、筋トレをメインに経過観察の予定です。

 

【理学療法士コメント】

臼蓋形成不全に伴う股関節唇損傷は、本場アメリカでも、手術後の経過が思わしくない事から禁忌として扱われます。日本では、変形性股関節症の予防を目的に、瞬く間に普及しましたが、やはり実際に蓋を開けてみると、完治例ばかりか不良例が目立ち、決して優先すべき治療法でない事が理解できます。手術をしても同様の痛みが生じたり、反対側に痛みが生じたり、中には数年以内に人工関節に至るなど、手術適応の判断や技術的な問題に留まらずリハビリとの連携不足は否めません。

数多くの股関節唇損傷例を担当させて頂く中で、私が、特に重要だと考えているのは、以下の3点です。

 

1、痛みを抱えている筋肉の特定とケア方法の習得、

2、危険な動作と安全な動きの理解、

3、症状に見合った筋力トレーニングの実践と日常生活指導、

 

どれが欠けても上手くいかないかも知れません。対象となる方の症状はもちろん、保存療法への受け入れ状況やその人の性格、心理的な状態などを判断し、配分を決定していきます。中には、偏った医療情報に翻弄され、どれも上手くいかないケースも存在します。極端に安静にしたり無理に動いてみたり、症状を悪化させてしまっている方もいらっしゃいます。しかしながら、股関節唇損傷の痛みとは、理学療法士にとっては決して難しい痛みではありません。症状に対する理解が得られ、信頼関係のもと運動量さえ確保できたなら、完治も目前です。

 

【痛み】

「右足を前に上げると途中で引っかかる。」

 

【ginzaplusへの期待】

「フィギィアスケートやダンスが前のようにできるようになりたい。」

 

【施術期間】

 計3回、約1週間

 

【施術前・施術後 (クリックで動画に切り替わります)】

ginzaplus 佐藤正裕

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ

【股関節唇損傷】宝塚歌劇団と股関節痛

 

先週末は、朝日カルチャーセンター主催の講座が新宿で行われました。

今回も満席、多くの皆さまにご参加頂きまして誠にありがとうございます。

 

皆さん、上手に歩けていましたね!
数名、手術後の方と未手術の方、体重の載せ方に左右差がありましたが、これから整えていければまだまだ変わりそうですね。
それ以外の方たちも、運動量を維持し、自信をもって動いていければ、更に良くなっていきそうです。どう動いて良いのか、どれくらい動いて良いのか、この痛みのまま動かしても良いのか、不安気な様子も伝わってきました。

痛みがあれば取り除きつつ、多少の痛みも動き方さえ間違ってなければ、動いて頂いて大丈夫です。ただ、やっても良い動き、やってはダメな動き、これらは早めに確認しておきましょう。多少痛くても今動かしておかないと、本当に動かせなくなってしまいます。ご自身の症状にあった情報整理も必要ですね。不安があれば早めにご相談下さい。曖昧な情報のまま過ごしてしまうので関節症を進行させるのです。

 

さて、本日も症例紹介です。

宝塚歌劇団で活躍される20代女性です。

 

【医療機関で診断された病名】

股関節唇損傷

 

【解説】

元々に股関節にトラブルはありませんでしたが、幼少期には下腿部の骨折経験がありました。身体はかたく、バレエやモダンダンスなどを継続しながら、柔軟性の維持向上に努めていましたが、数年前にバレエのレッスン中に股関節が抜けるような感覚があり、その後、股関節から生じるバキバキ音とともに徐々に悪化。股関節を回すような動き、回旋時には前面な内側に痛みを訴え、仕事にも支障をきたす程でした。整体や仙腸関節への治療、様々民間療法を試してきましたが改善されず、近所の整形外科では、股関節唇損傷との診断が下されていました。ginzaplusへご相談頂いてからは、当初の違和感、ズレ感などは解消され、歩行時の僅かな左右差もその場で改善可能であったため、その後も経過良好と判断され終了としました。

 

【理学療法士コメント】

アスリートや運動系の痛みの多くは、外傷や転倒などを除き「疲労の積み重ね」や「身体の使い方」に問題がある事がほとんどです。医学的に調べれば、正常とは相違する点も色々と出てくるかも知れませんが、身体を資本とした運動系の方では、まずは、上記視点に的を絞り介入していくと、外科的な手法が必要ない事が分かります。

施術前(左側の動画)のように運動時に股関節前面に訴える痛みは、何らかの原因で骨盤を過度に骨盤を前傾させ、股関節を無理に動かしている場合が多くあります。結果、腸腰筋や大腿直筋部に負荷をかけ、複合的な運動が要求される際には痛みが生じます。今回のケースでは、幼少期の骨折の治療経験が大きな原因となっているようでした。治療前後から足首の捻挫を繰り返し、常に膝を過剰に伸展させた動きの癖を身につけ、その運動パターンの影響から筋肉の誤った働きを促し、股関節痛の原因になっていたものと思われます。

股関節の回旋時の痛みの解消には、まずは、縮んだ股関節屈筋群の緊張を緩め、これまで使っていなかった腹部、殿部の筋肉に刺激を促す事で、股関節はスムーズに動きはじめます。再発予防に向けては、立った際の膝の伸び具合を調整し、歩行時には、確実な踵接地とストライドを十分に保てるように骨盤の傾き、股関節周囲の正しい筋肉の働きを実感して頂きます。日常動作にまで意識が及べば、同じような痛みを繰り返す事は少なくなります。

股関節は肩と同様様々な方向へ動く関節です。ところが、いつからか動かしにくくなる事があります。トレーニングのし過ぎからくるケア不足であったり、これまでの既往歴から生じる身体の使い方に問題があるかも知れません。バレエ経験者では、とにかく骨盤の操作が苦手で股関節痛を発症させてしまっている方が多いですね。運動経験者ならば習得も早いはずです。数回の施術で完治を目指しましょう!

 

【痛み】

「股関節の外旋がし難い。」

 

【ginzaplusへの期待】

「股関節を動かしやすくする事。痛みを少なくする事。」

 

【施術期間】

 1回

 

【施術前・施術後 (クリックで動画に切り替わります)】

 

ginzaplus 佐藤正裕

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ

【臼蓋形成不全】バレエと股関節痛

 

本日より5月の予約受付を開始しました。

4月は大阪、6月には仙台、福岡、7月には札幌での出張施術が予定されています。

保存療法にご興味がございましたら、ぜひ一度ご相談下さい。

 

さて、久しぶりになってしまいましたが、本日も症例紹介です。

バレエにより股関節を痛めてしまう方が増えています。

先生からの指導方法であったり教室環境などが痛みの発生とも関係があるようです。

ご参考になさって下さい。

 

【医療機関で診断された病名】

臼蓋形成不全

 

【解説】

幼少期からバレエをはじめ歴15年以上。一年前より右膝が痛み始め、その後同側の股関節へも痛みが生じ、近所の整形外科へからは臼蓋形成不全との診断、RAOによる骨切り手術を宣告されていました。日常生活には不自由はありませんでしたが、レッスン中の右股関節を挙上する際に痛みを訴え、支えがなくては片脚立位が困難な状況でした。セカンドオピニオンでまずご相談頂き、その後、施術を希望され改めてご相談にみえました。施術直後には、運動時の痛みは解消され、経過良好と判断されたため一旦終了としました。

 

【理学療法士コメント】

股関節は硬すぎても、また柔らか過ぎても痛みが生じる事があります。痛みの発生メカニズムはそれぞれ異なります。

今回のケースのように、幼少期からバレエに親しみ、股関節の柔軟性の高い方では、動かせる分無理に動かしてしまいがちです。股関節には安全に動かせる方向と、そうではない痛みに繋がる危険な動かし方があるので、注意が必要です。無闇やたらと動かすことで、関節内外の組織(股関節唇や筋肉など)に損傷を招き痛みを生じさせます。

指導のポイントとしては、骨盤と大腿骨がどのようなリズムで動いているのかを、身体を通じて体感できるようにする事です。また同時に配慮しなければならないのは、日常動作における歩き方です。特にバレエ経験者では、過度な外旋(ターンアウト)で荷重する事に慣れてしまっています。この運動パターンが、かえって症状の改善を阻みます。微調整を繰り返しながら、本来働くべき筋肉に働きを求め、余計な負担を軽減させる事は再発予防に繋がります。日常生活動作とバレエ、両面から正しい股関節の使い方を実現できたのなら、今後も力強い股関節を育む事ができるでしょう!

 

【痛み】

「ターンアウトした時。」

 

【ginzaplusへの期待】

「バレエ復帰できるように。」

 

【施術期間】

約2ヶ月、計2回(セカンドオピニオン、保存療法)。

 

【施術前・施術後 (クリックで動画に切り替わります)】

ginzaplus 佐藤正裕

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ

 

【股関節唇損傷】医師も認める保存療法の効果

 

お陰さまで本日からの福岡出張も予約枠が全て埋まりました。ありがとうございます。

銀座も予約がとりづらくなっております。ご迷惑をお掛けし申し訳ございません。キャンセルは空き次第、随時ホームページ上にアップしてまいります。こま目にご確認頂けますようお願い致します。

 

同じ診断名であっても伝える側、受け取る側の解釈の仕方によって印象が分かれるようです。今回取り上げる股関節唇損傷もまた、どういった専門の医療者からアドバイスを求めるかによって将来への不安や期待、精神面へも大きな影響を与えます。

 

さて、症例報告です。

医療関係者をも悩ます股関節唇損傷。ご相談が多いのは医師と看護師、理学療法士。そして薬剤師や介護職の順です。今回はある病院院長、医師からのご相談です。股関節唇損傷と診断をされた前後の経過から改善への手掛かりを探ります。

 

【医療機関で診断された病名】

股関節唇損傷

 

【解説】

5ヶ月前から左の股関節に痛みを感じ、股関節専門外来を訪ねたところMRIの結果、FAIとの診断でした。
「水が溜まっている。大腿骨から頸部にかけて穴があいている。」との所見でしたが担当医は、「手術成績は芳しくないので消炎鎮痛剤で様子をみましょう。」とのアドバイスをもらい様子をみていました。ところが、一向に引かないため痛みに不安を感じ、改めてFAIをインターネットで検索したところ、ginzaplusがヒットし一度診てもらいたいとの思いからご相談にみえました。

症状は、「歩いている時に股関節前面に痛みがあり、時々、股関節の中でガクンと引っ掛かりズレのような感じの後、激しい痛みが生じます。歩いている時のつま先のひっかかりが多くなり、股関節の位置により膝の動きも制限される感じがあります。」

ご本人の希望は、「散歩が好きだったのでまた楽しめる日が来て欲しい。」

施術直後は当初の痛みと可動域は改善されましたが、本当に動いて良いのか、運動量を維持する事については疑問を抱いている様子でした。それでも1ヶ月後にお会いした際には、歩く事を心掛けて頂くことで、散歩も再開できるようになり、症状への理解も問題なく、運動へも意欲的であったため、また何かあった際にはご連絡をいただく事をお約束し、終了としました。

 

【理学療法士コメント】

同じ医療関係者という立場からか、専門医から率直に手術後の現状と成績に関するコメントを頂けた事で、早期解決に繋がったものと思われます。股関節唇損傷もかかる医師によってアドバイスの内容が大幅に異なります。人工関節を多く経験されている医療者ならばおそらく、手術間際の股関節の状態を診ているので、股関節唇損傷への治療的な介入には否定的かも知れません。また、関節鏡を専門に携わる医療者にとっては、人工関節に至るまでの関節内の状況を診ていなければ、股関節唇損傷さえ治療すれば完治するものとお考えでしょう。最近急増する中高年を中心とした股関節唇損傷との診断の中にも、加齢に伴う関節唇損傷がある事実も忘れないで頂きたいと思います。

保存療法的に診ていった場合、まず気になったのは、歩行時の「つま先の向き」です。

ほぼ健常者並みの歩容パターンの中にも、左へ傾くような歩き方の癖が認められます。伺えば、20代にスキーで転倒して以来、座骨神経痛に悩まされ、右脚では体重を乗せられなくなったという経緯があります。その影響からか過去に2回、左脛骨骨折の既往もあり、今回の股関節痛も、身体のバランスが崩れた中での散歩や日々の診療業務の影響が現れたものと推察されます。

股関節唇損傷との診断でも、痛みの原因は必ずしも関節唇にあるとは限らず、今回のように年齢や経過などを踏まえると、わざわざ検査や外科的な治療を行わなくても解決できる事があります。初診でかかった担当医師のお陰で治療の選択肢が広がりました。安心して保存療法に臨めた成果と思われます。股関節唇損傷と診断されても、あらゆる可能性を試してみて、それでも改善が難しかった場合のみ改めて専門医からアドバイスを求めましょう。股関節唇損傷でも、痛みなく、日常生活にも不自由なく動けさえすれば、誰も手術しようとはいわないはずですから。

 

【痛み】

「歩いている時。」

 

【ginzaplusへの期待】

「少なくとも仕事や日常生活で痛みを感じずに過ごしたい。」

 

【施術期間】

約2ヶ月、計2回。

 

【施術前・施術後 (クリックで動画に切り替わります)】

 

ginzaplus 佐藤正裕

 

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ