【変形性股関節症】「手術後」リハビリの効果

 

先週末は新宿の朝日カルチャーセンターで公開講座が開催されました。

今回も満席御礼です。毎回ありがとうございます!

10代のお子さんや男性も多く、

ご質問の内容もFAIや股関節唇損傷などが半数を占め、最近の風潮を感じておりました。

 

年内は、横浜、湘南、新宿、そして福岡でも開催が予定されております。

手術に至る前、また手術後であっても、人生を変えるきっかけになるかも知れません。

保存療法に少しでも興味がございましたら、ぜひご活用下さい。

 

さて、本日も症例紹介です。

 

ご相談頂いたのは50代の女性です。

人工股関節の手術後に不調を訴え、ご相談にみえました。

 

【医療機関で診断された病名】

変形性股関節症

 

【解説】

先天性股関節脱臼の既往があり、中学生時代には既に痛の訴えがあり、症状に波がありながらも介護のお仕事を続けていました。次第に、痛みの訴えが強りテレビで紹介されていた医療機関を受診、即手術の決断をされました。「◯月△日に左足を人工股関節にしました。術後2ヶ月が過ぎました。1ヶ月過ぎには痛みもなく杖も使わず順調だったのですが、その後歩き過ぎて術足の膝とすねが痛みます。 もともと左足は2センチ程短かったのですが、術後逆に長くなってしまい歩きにくく辛いです。」手術後のリハビリ期間は10日間。当初は、杖なしで歩けていたものの、杖がなくては歩けないまでに悪化し、手術を受けた病院は遠方でリハビリ指導を受けられないため、直接ginzaplusへご相談にみえました。

 

【理学療法士コメント】

人工股関節の手術後では、本来は順調に回復していくはずが、回復曲線に乗れない方たちが少なからずいらっしゃいます。

その原因のひとつが脚長差、脚の長さの差の問題です。

術者はできるだけ配慮し、脚の長さを整えるように手術を行いますが、手術中の肢位や技量の影響により患者様個人間に差が現れる事があります。脚長差が生じると、歩き方に乱れが生じ、多関節へも影響を及ぼします。場合によっては、反対側の股関節にも痛みを併発させ、更なる手術を迫られる事さえあります。海外ではその後のQOL低下に直結する事から医療裁判にもなる重要事項です。

さて、脚長差が生じてしまった場合、気を付けるべきは以下の2点です。

「歩き方の調整」、それと「インソールの着用」です。通常2センチ以内の脚長差であれば、歩き方を整えるだけで改善は望めます。しかし、それ以上ともなるとインソールの併用も考える必要があります。但し、基本的な順序としては、歩きを整える事が優先です。間違った荷重の仕方で補高だけを行えば、かえってバランスを崩し、拘縮を招いたり、極端な筋力低下を生じさせ、症状を悪化させる恐れがあります。正しい荷重感覚を学習しながら、最終的に足りない要素をインソールに頼るようにしましょう。

近年、入院期間の短縮から十分なケアが行き届かず、退院後も不具合を抱えながら生活せざるを得ない方が増えています。本来ならば、順調に回復するはずも、こうした問題を先送りにすると、杖が外せない、跛行が一向に改善されないどころか、反対側の股関節にまで痛みが現れます。手術後に不調を訴えたならば、できるだけ早く、専門家の指導を受ける事をお勧めします。

 

【痛み】

「歩き過ぎると左スネ、膝あたりが痛む。」

 

【ginzaplusへの期待】

「痛みを取りたい。歩き方を治したい。」

 

【施術期間】

 計7回、約10ヶ月

 

【施術前・施術後 (クリックで動画に切り替わります)】

 

 

今後の「公開講座」の予定です。

 

■神奈川・横浜

 9月9日(土)午前10時30分〜12時 

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター横浜教室

■東京・湘南

 11月18日(土)午前10時〜12時15分

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター湘南教室

■東京・新宿

 12月9日(土)午後12時30分〜14時45分

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター新宿教室

■福岡・博多

 12月16日(土)時間未定

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター福岡教室

 

ginzaplus 佐藤正裕

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ

【変形性股関節症】「手術前」リハビリの効果

 

日本ではまだまだ認識は薄いですが、

「手術前リハビリ」を積極的に導入する医療機関も増えてきました。

 

先日ご相談頂いた方の冊子には、

 

 

「ウォーキングなどのエクササイズにおいて痛みが出現した場合でも、医師や理学療法士に相談しながら継続して下さい。」

 

と書かれています。

多少の痛みがあっても、動かす事が手術前であっても大切なんですね。

 

さて、本日も症例紹介です。

 

今日は90代の女性からのご相談です。

手術前リハビリをご希望されご相談にお越し頂きました。

 

【医療機関で診断された病名】

変形性股関節症

 

【解説】

「約2年前に症状がでてきて整形外科を受診、昨年後半に痛みがさらに悪化。家の中でどうにか歩ける状況ですが、今は主に歩行器を使用中です。11月末に◯◯病院を受診し、△月□日に手術予定です。入院は心房細動の飲み薬との関係で2月はじめになるかもしれませんがまだ確定はしていません。都内のリハビリ病院を探しリハビリを受けていますが、どうやら専門ではないようです。緊急で申し訳ありませんが、手術に向けたリハビリ指導をよろしくお願いいたします。」

 

【理学療法士コメント】

手術前リハビリの効果は、身体、精神的な側面、両面への効果が期待できます。

現在では入院期間が短縮され、手術後もリハビリ期間も益々短くなっています。そうした医療環境においても、できるだけ手術前から術後に想定されるリスクを考慮し、股関節を動かして行く事は術後のリスク(脚長差や反対側への痛みなど)を最小限に抑える事ができます。同時に、手術前リハビリを通じて、人工関節への理解を深めて行く事は、その後も不安なく安心して過ごせるようになるためにも極めて重要です。

今回こちらの患者様は、手術後に約2センチの脚長差が生じてしまいました。

脚長差が生じてしまう理由には、術者の技術や手術時の肢位など様々考えられますが、手術前にしっかり歩きの指導や股関節の使い方を習っておく事で、現在では、インソールなどを入れる必要もなく、スムーズな歩行が実現できています。術後1年が経った今では、小走りやスキップができるまでに回復されています。大好きなゴルフも再開され、月に1回のペースで銀座へもメンテナンスにお越し頂いております。

手術後に想定されるリスクとは、脚長差などの影響による跛行の発生と、それに伴う反対側の股関節への痛みです。

片側の人工関節を入れると多くの方が反対側まで手術を迫られるように、痛みがなくなったとはいえ左右対称に股関節を操れるようになる方は少なく、杖を使ったり極端に運動量を制限しない限り、運動量だけが増せば、やがて数年以内に反対側への手術を迫られる事が多くあります。手術日が決まったその日から、手術後の心身の回復に備え、手術前リハビリを実施する事も望ましいといえるでしょう。

 

【痛み】

「歩行。」

 

【ginzaplusへの期待】

「手術後の回復をスムーズに。」

 

【施術期間】

 手術前 3回

   手術後 10回

 

【施術前・施術後 (クリックで動画に切り替わります)】

 

「公開講座」のご案内です

 

■福岡・博多

 6月10日(土)午後1時〜3時

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター福岡教室

■東京・新宿

 7月8日(土)午後1時30分〜3時

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター新宿教室

■神奈川・横浜

 9月9日(土)午前10時30分〜12時 

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター横浜教室

 

ginzaplus 佐藤正裕

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ

【臼蓋形成不全】骨切り手術を宣告されて

 

今週土曜日7月1日(深夜12時)より8月の予約受付を開始します。

保存療法に興味がございましたら、ぜひこの機会にご参加下さい。

 

今日は仙台に滞在しております。

本日より3日間、仙台で施術を行います。

日曜日には、仙台でのトライアスロンにも初めて出場してきます。

4月の宮古島以来ですが、ショートですので2時間30分が目標です。

 

 

宮古島の写真が届いておりました。かなりキツそうですね、苦笑

ラン折り返し、30キロ付近と思われます。

何とか11時間台でゴールできましたが、プロの選手は8時間で駆け抜けるんです!?

本当に凄いです、同じ人間ですよ。私も、何とかそのレベルに近づけないかと日々もがいています、笑

まだまだトレーニングが足りませんね。

 

さて、本日も症例紹介です。

 

保存療法で最も重要な事は、問題点の抽出です。

画像を眺め、動きを診て、症状を伺って、様々な情報の中から本質的な痛みの原因にアプローチをしていきます。

何に悩んでいるのか。どこに比重が置かれているのか。

施術を重ねる毎に明らかになる部分と、初回一回で解決できる場合があります。

的さえ外さなければ、時間がかかっても確実な効果を実感頂けるでしょう。

 

股関節痛を抱えた30代女性からのご相談です。

 

【医療機関で診断された病名】

変形性股関節症(初期)、臼蓋形成不全

 

【解説】

「小さい頃からペチャンコ座りの習慣があり、学生時代はバレーボール部に所属。ストレッチの最中には、股関節が外れるような感じが度々あり、5、6年前からマラソンや水泳をはじめたのをきっかけに股関節痛を発症。半年前からは、股関節(特に右足)に違和感を感じ、最近は歩き出す時や立ち上がる時に痛みを感じるようになりました。大学病院で診察を受けたところ、初期の段階であると診断され、できれば一年以内の骨切り手術を、と勧められました。大きな手術だということで、できればほかの方法がないかと思い、こちらにたどり着きました。」

 

【理学療法士コメント】

変形性股関節症との診断が下されても、画像上に大きな変化もなく、杖も必要なく歩けるレベルであれば、まず手術の必要は否定できます。変形性股関節症の初期の方が、どのような過程を経て進行し悪化していくのか、ご存知でしょうか。こちらで様々な症状を拝見する限り、幼少期における身体の使い方の癖や、その後の一連のかばう姿勢や動作が、症状の進行に関与しているように思われます。

例えば、出っ尻姿勢。

痛みを抱える以前からある場合と、痛みを抱えてから生じる場合があります。

こうした運動パターンも、できるだけ早期に改善ができていれば、股関節痛を発症させる事もなかったでしょうし、たとえ発症後に陥ったとしても、早く抜け出せるよう指導を受けられば、その後の進行は食い止められます。

横からの動画が象徴するように、股関節症の方では決まって、お尻を引き、股関節前面が伸びなくなります。その結果、股関節周囲の筋肉は硬く縮こまり、可動域にも制限をもたらし、お尻の筋肉は働く機会を失う事で、薄く痩せてしまいます。変形性股関節症を進行させないためには、正しい股関節での体重の乗せ方を、一から改めて学習する事が必要なのです。

変形性股関節症の保存療法とは、単にその場限りの症状を緩和させるような対症療法ではなく、将来的に一生自分の脚で歩けるようになるための取り組みです。そのためにはまず、ご自身の身体の使い方の癖を理解して頂き、その改善に向けたプログラムを正確に実践する事です。医学的な情報ももちろん必要ですが、初期の場合では、身体の使い方を調整する事で痛みは解決されます。進行を予兆させる運動パターンがあれば速やかに改善し、健常者の歩容パターンに近づけていく。こうした努力と意識こそが、将来手術に至らせないためにも、大切なのです。

 

【痛み】

「長く歩けない。股関節を開くと痛む。」

 

【ginzaplusへの期待】

「将来手術をしないで生活できるようになりたい。」

 

【施術期間】

 計1回

 

【施術前・施術後 (クリックで動画に切り替わります)】

 

 

「公開講座」のご案内です

 

■福岡・博多

 6月10日(土)午後1時〜3時

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター福岡教室

■東京・新宿

 7月8日(土)午後1時30分〜3時

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター新宿教室

■神奈川・横浜

 9月9日(土)午前10時30分〜12時 

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター横浜教室

 

ginzaplus 佐藤正裕

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ

 

【変形性股関節症】臼蓋形成不全は本当に進行するのか?

 

先日は福岡で朝日カルチャーセンター主催の勉強会が開催されました。

今回もほぼ満席でしたね。毎回多くの方にご参加頂き本当に嬉しく思います。

 

 

マンツーマンの個別指導はもちろん大切ですが、私は、こうした機会をもっと増やさなければと考えています。

皆さんの真剣な眼差しと前のめりに聞き入る姿勢、独特な緊張感の中で、毎回楽しく講師を務めさせて頂いております。次回福岡では12月に勉強会を予定しておりますが、その前の9月27日〜3日間、福岡へ滞在致します。

個別の施術をご希望でしたら、ぜひこの機会にご利用下さい。8月1日〜受付を開始致します。

 

さて今日は、「臼蓋形成不全は本当に進行するのか」、

我々専門家にとってもそして皆さんにとっても最大のテーマではないでしょうか。

 

日本では臼蓋形成不全=変形性股関節症と決めつけられている感がありますが、世界では決してそんな事はありません。

昨年参加した変形性関節症の国際会議の中でも、臼蓋形成不全などの骨の形態異常は進行を助長する一要因ではあるけれども、それ以外に、骨密度、ホルモン、筋力、アライメントなど複数が関与し、変形性股関節症へ至る可能性がある事が報告されています。また最近の研究論文でも、臼蓋形成不全にはいくつかのタイプがある事が分かり、通常のレントゲン写真では平面でしか確認できないため、本当の意味でのリスクを確認する事が難しい事も述べられています。おそらく日本では、本来変形性股関節症とは無縁の方まで、臼蓋形成不全が存在するだけで、変形性股関節症患者とレッテルを貼られ、手術を避けようと必死になっている方も多いのではないでしょうか。

 

さて、臼蓋形成不全であっても進行するかしないのか、一番分かりやすいのは「歩き方」です。

極端に内股であったり、外股であったり、また痛みの経過から跛行を続けていると、遅かれ早かれ変形性股関節症へと移行する事が多くあります。

 

下の動画をご覧頂きましょう。

まだ軟骨も十分にあり骨の変形がない臼蓋形成不全保有者ですが、明らかな跛行が確認されます。

 

 

後ろから診れば、左右に大きく身体を揺すり、

横から診れば、お尻が引けた中で荷重を繰り返しているのが分かります。

 

世界が訴える症状が進行する可能性のある臼蓋形成不全とは、まさにこうした症状です。

臼蓋形成不全に併せ、上手に体重を乗せられていない状況が続けば、症状は進行の恐れがあります。

狭い、浅い屋根の下でも、大腿骨の骨頭を安定して支えられるだけの筋力、バランス、可動域さえ確保できれば、症状の進行も免れるのです。

 

変形性股関節症を促すのは、誤解や怖さです。

 

誤解や恐怖 → 股関節から外した荷重 → 筋力低下や可動域制限 → 軟骨の損傷と骨の変形 → 脚長差  

 

医療機関で植え付けられた、もしくは偏った情報から恐怖心が芽生え、股関節でまともに荷重ができない状態が繰り返され、一連の負の連鎖を引き起こします。私が、各地で開催させて頂いている勉強会が非常に大切だと感じるのは、この点です。股関節の痛みの管理において最も根幹ともいえる最重要課題について、直接アプローチができるからです。

 

誤解を晴らし、正確な情報の元、これまで通りの生活を営む。

 

臼蓋形成不全があっても、変形性股関節症へと進行する人とそうでない人。

この違いは、一体、何なのでしょうか。

臼蓋形成不全だけが変形性股関節症を進行させるワケではないはずです。

 

 

「公開講座」のご案内です

 

■福岡・博多(終了しました)

 6月10日(土)午後1時〜3時

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター福岡教室

■東京・新宿(残席わずか)

 7月8日(土)午後1時30分〜3時

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター新宿教室

■神奈川・横浜

 9月9日(土)午前10時30分〜12時 

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター横浜教室

 

ginzaplus 佐藤正裕

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ

【変形性股関節症】末期でも走れるまでに回復!

 

現状維持が保存療法ではありませんよ。

今以上の能力を発揮できるようになるのが、ginzaplusが目指す保存療法です。

 

本日も症例紹介です。

30代後半、大学病院で変形性股関節症、手術を宣告された女性からのご相談です。

 

【医療機関で診断された病名】

変形性股関節症

 

【解説】

「小さい頃から左の股関節の動きが悪く、あぐらをかくような動きは困難でした。12歳の時に右膝に腫瘍が出来たことにより2回の手術を受け、ずっと右足を常にかばって生活してきました。ダンスが趣味で続けていましたが、25歳頃からは痛みも激しくなり、今年39歳ですが、先日病院でレントゲンを撮り検査したところ、変形性関節症で将来的には手術が必要みたいです。 現在はまだ杖なしで歩けますが、日常生活の負担を軽減したく、こちらのHPを拝見し、予約次第です。よろしくお願いします。(ご主人からのメール)」

 

【理学療法士コメント】

股関節の骨に変形があり痛みを伴うと、ほとんどの医療機関でまず手術を宣告されます。

しかし本当に手術が必要かどうかは、適切な保存療法を受けてから判断する必要があります。たとえ医学的には進行期や末期、手術が

必要と宣告されても、保存療法を経て、痛みがなくなり、走れるまで回復される方もいらっしゃるのですから。

相当なショックを受けた様子でした。

まさか初診でいきなり手術を宣告されるとは思ってもいなかったのでしょう。その影響は歩き方にも現れ、体重をかける事への恐怖と不安からフラフラな状態です。当初、保存療法へも半信半疑、運動療法への理解も乏しかったのですが、回を重ねる毎に痛みが改善される事で保存療法へも理解が増し、運動機能の向上に併せ笑顔もみられるようになりました。半年後には、若干の突っ張りも確認されますが、健常者並みの歩き方を習得。保存療法も1年が経過すると、日常生活動作には不自由がなくなり、小走りができるまでに回復されています。

軟骨が消失し骨嚢包まで確認されると、どこの医療機関でも手術を勧められます。

しかし、保存療法を経て痛みが解消され、運動機能にも何の問題もなくなれば、手術の必要性は否定できるでしょう。保存療法を継続しこの1年ですっかり生まれ変わり、可動域と筋力は保存療法開始以前より格段に回復され、変形性股関節症の方たちで困難な動作である靴下の着脱や爪切り、しゃがみ動作など全て克服されています。今後はginzaplusと連携のある保存療法への理解のある専門医師をご紹介し1年毎の画像所見による定期検診と、身体状況に応じて数ヶ月に1回の割合で運動機能をチェックしていく予定です。

 

【痛み】

「体重を乗せると痛む。しゃがめない。」

 

【ginzaplusへの期待】

「家の掃除ができるようになりたい。」

 

【施術期間】

 計7回、約1年

 

【施術前・施術後 (クリックで動画に切り替わります)】

 

 

「公開講座」のご案内です

 

■福岡・博多(終了しました)

 6月10日(土)午後1時〜3時

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター福岡教室

■東京・新宿(残席わずか)

 7月8日(土)午後1時30分〜3時

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター新宿教室

■神奈川・横浜

 9月9日(土)午前10時30分〜12時 

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター横浜教室

 

ginzaplus 佐藤正裕

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ