【変形性股関節症】先天性股関節脱臼 短期治療の成果

 

おはようございます。

東京も急に寒さが増し、痛みを訴えご相談頂いております。

出張施術は来週は大阪の予定です。来月には福岡へ伺います。

勉強会は来月、神奈川県・湘南で開催されます。

私は、これから朝スイムに出かけます。皆さんも元気にまいりましょう!

 

さて、今朝も症例紹介です。

30代の女性、会社員の方です。

 

【医療機関で診断された病名】

先天性股関節脱臼

 

【解説】

元々股関節の治療経験はなく、幼少期から不自由に感じることはありませんでした。

社会人になってからはスキューバーダイビングやヨガを始め、股関節に異変を感じるようになったのは30代に入ってからです。ある日突然激痛が走り、専門医師を訪ねたところ先天性股関節脱臼という診断名を初めて聞かされました。医師からは一年毎の定期検診と痛みが出たらすぐ来るようにとだけ告げられ、最近ではヨガでもできないポーズが増え、バキバキ音も気になり始めたため、将来の生活が不安になりginzaplusへご相談にみえました。痛みは落ち着いていたため、股関節への負担になるような動作を一通り確認し、歩き方のチェックを行い、今後は半年に一回のペースでお越し頂くようお願いしました。

 

【理学療法士コメント】

幼少期には何の問題もなく突如襲いかかる股関節痛。医師からは先天的な骨の問題と聞かされ寝耳に水、驚かれた方も多いことでしょう。運動を続けていた方はそのまま続けて頂いても結構ですし、リハビリだからといって無理に慣れない筋力トレーニングに励む必要もありません。同年代の方と同じように動いて頂いて大丈夫です。ただ唯一、確認しておきたいのは体重を支えた際の「股関節の使い方」です。

先天性股関節脱臼や臼蓋形成不全がある場合、一般的に受け皿の臼蓋とボール状の骨頭との間にアンバランスが生じます。痛みが生じかばって使い始めると、受け皿とボールとの関係が徐々に悪化し、体重を乗せた時には臼蓋の縁、軟骨が薄い箇所で荷重し始めます。一番分かりやすいのは「歩き方」です。後ろからみた時には、痛みがある側(あるいは健側)へ大きく肩を揺すってはいないか。横からみた時には、前傾姿勢、トボトボ歩きになってはいないか。自覚症状がある、もしくは、家族友人に指摘された経験があれば、早めに取り掛かっておきましょう。歩く際に正しく股関節を使えれば、それだけで筋肉の柔軟性は解消され、動くのに十分な筋力が付いてきます。

変形性股関節症の痛みも、初期においては出たり引っ込んだり、波もあり、自然消滅することも多々あります。そのため皆さんも放置し見過ごしがちですが、短期に改善を目指す上ではこのタイミングこそ進行予防、再発予防に最適です。

先天性股関節脱臼があったとしても、早期に適切な保存療法の指導を受けられれば、将来的に手術を考える必要は全くありません。左右の可動域、脚長差にも問題がなければ、健常者並みのかなり高いレベルのQOLの実現も可能になります。どのように動いて良いのか、運動量やその方法など、曖昧になっていれば早めに専門家に相談しましょう。

 

【痛み】

「たくさん歩いた日、翌日。」

 

【ginzaplusへの期待】

「今は痛みはないものの、どう生活したら良いか教えて欲しい。」

 

【施術期間】

1回。

 

【施術前・施術後 (クリックで動画に切り替わります)】

 

ginzaplus 佐藤正裕

 

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ

 

 

【変形性股関節症】臼蓋形成不全 短期治療の成果

 

明けましておめでとうございます。

東京は青空に恵まれた清々しいお正月となりました。

ginzaplusは昨日5日から新たな1年を迎えています。

 

今年も、世界標準の変形性股関節症治療の現状を発信しながら、自らも、良質な施術が提供できますよう努力を重ねていきます。手術療法と保存療法、各種勉強会も各地で開催予定です。少しでも興味がございましたら、ご活用下さい。今年もどうぞよろしくお願い致します。

 

さて、本日も症例紹介からまいりましょう。

50代女性、歯科助手の方です。

 

【医療機関で診断された病名】

臼蓋形成不全

 

【解説】

幼少期から開脚動作が苦手であり、転び易く、ご両親からも歩き方の指摘を受けてきました。影響が現れるようになったのは10代に入ってから。徐々に股関節周囲に痛みを覚え、跛行も目立つようになり、休日には出歩くことを控えていました。近医の診断では臼蓋形成不全、手術を勧められましたが、どうしても手術を回避したく、医師から処方された湿布と民間療法で様子をみてきましたが、いよいよ限界を感じginzaplusへご相談にみえました。保存療法を開始してからはすぐさま効果を実感され、現在は仕事を継続しながらランニングも再開、1日5000歩を目指し順調に回復されています。

 

【理学療法士コメント】

日本では臼蓋形成不全を発覚すると先天的な問題、将来的に手術が必要と説明され、たとえ早期に発見できたとしても適切な指導を受けられずに手術に至ってしまうケースが多くあります。骨の形状異常だけが痛みの原因ではありません。臼蓋形成不全が単独で症状を進行させることは稀であり、幼い時からの生活習慣(床での生活や内股)や家庭環境(子育て、介護、引っ越し)、仕事内容(長時間のデスクワーク、重労働)など複数の要素が重なり合って股関節痛を発症させます。特にこちらの患者様のようにレントゲン画像上、確かに屋根の浅さは確認されても、多少の骨盤の歪み以外は目立った左右差もなく、骨太でしっかりとした股関節です。このような状態でメスを入れるのはもったいない。医学的に骨の問題と診断されても、過去の経過にこそ股関節症の要因が多分に含まれています。初発年齢が10代後半ということで病状への理解も心配されましたが、動くことへも非常に意欲的であったため、すぐにでも効果を実感頂けました。

保存療法では骨を治すことはできません。但し、これまでの身体の使い方の癖や疲労を解消させることで、痛みを短期に取り除くことは可能です。後は、本人の意識次第で再発予防も十分に期待できます。

 

【痛み】

「何かが引っ掛かった様に動かなくなる。 太ももが痛くて上げられなくなる。 体育座りをすると詰まった感じがする。」

 

【ginzaplusへの期待】

「有酸素運動や軽いランニングをしたいです。月1回の整骨院、毎週のインディバ加温からの卒業。」

 

【施術期間】

約2ヶ月、計2回。

 

【施術前・施術後 (クリックで動画に切り替わります)】

 

ginzaplus 佐藤正裕

 

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ

 

【股関節唇損傷】プロゴルファーに発症した股関節痛

 

今週は幾分過ごしやすいですが、段々と寒くなってまいりましたね。いかがお過ごしでしょうか。朝の4時くらいが最も身体が冷える時間帯といわれています。朝に痛みやこわばり、動きにくさを感じるのもこのためです。この時期に備えて暖かい時期から身体を動かしていた方は楽でしょう。まだ準備ができていない方、朝のお風呂、ホカロン、体操などで調整しましょう。できるだけ冷やさぬ心掛けが一番です。

 

今日は股関節唇損傷に関する話題です。

 

今年の大阪での股関節学会、学会長からのご報告では、股関節唇損傷も7割が自然治癒します。股関節唇損傷関連の痛みでお悩みの方、ご参考になさって下さい。

 

「股関節唇損傷自己体験記」

 

今日は、プロゴルファー選手の施術記録です。

 

【医療機関で診断された病名】

股関節唇損傷

 

【解説】

ゴルフ歴15年、20代のプロゴルファーです。

連戦が続き身体へのケアが行き届かない中で発症した股関節痛。半年も経たない内に反対側にまで痛みは及び、専属コーチの指導をや整体へ通っても痛みが取りきれず、医療機関では股関節唇損傷との診断。体幹トレーニングや筋肉ほぐし、通院リハビリを継続してきましたが改善が認められず、医師からは手術が必要との宣告を受け、ご相談にみえました。

ginzaplusへ通うようになってからは回を重ねる毎に痛みは軽減され、1年経った今では走れるまでに回復。試合へも出場できるようになり、自己メンテナンスの方法も習得済みです。

「もう復帰はできないと思っていた。」

絶望の淵から這い上がり、見事再びプロゴルファーとしての人生を歩みはじめています。

 

【理学療法士コメント】

ボールを打つ瞬間よりも圧倒的に歩く時間が長いのが、ゴルフの特徴です。

施術前の動画のように股関節痛を抱えた初期の方は、決まって、左右に大きく骨盤を揺らす特徴があります。前へ進まなければならないのに重心を左右へ逃がす、これでは非効率ですしその影響は、必ず、股関節周囲筋肉のこわばりや筋力低下となって現れます。医療機関ではこうした歩容に対し、一律に、マッサージや脚の横上げ運動を励行するので上手くいかないのです。いくら股関節周囲の筋肉を緩めても、いくら体幹を鍛えても、まずは、根本的な原因でもある荷重時の身体の使い方に着手しない限り、同様の症状を繰り返すことになります。足の接地のタイミングに合わせ一斉に股関節周囲の筋肉が働き、お尻を左右に振らずに荷重できるようになれば、痛みの原因となり得る関節内・外への余計なストレスは軽減され、自然とバランスの良い筋肉が獲得されます。仕上げに活用するのは、インソールです。ある程度荷重姿勢が安定し、痛みが消失された時期を見計らい、インソールを併用することで更なる強化に努めます。

来年以降の活躍が楽しみですね!

 

【痛み】

「歩行時、座っている時。」

 

【ginzaplusへの期待】

「ゴルフをやっているので、競技に復帰できるようになりたいです。」

 

【施術期間】

約11ヶ月、計7回。

 

【施術前】

 

【施術後】

 

 

ginzaplus 佐藤正裕

 

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ

【股関節唇損傷】股関節鏡治療の影を光に

 

股関節鏡の手術により関節症が進み、人工関節を余儀なくされ、ご相談頂くケースが増えています。

 

本来ならば、医療現場の専門家から説明されるべき事ですが、関節鏡による合併症として軟骨損傷が高頻度で発症する事が報告されます。特に、50歳以上を対象に行う場合には、その後の人工関節の導入も視野に入れ術前説明が必要である、と述べられています。

 

最もリスクがあるとされるのは、臼蓋形成不全に対する股関節鏡です。全国から術後のご相談を受けますが、成功例と失敗例、その落差は凄まじいものがあります。今年参加したいくつかの国際学会でも日本での現状を話すと、専門家からは否定的な声が返ってきます。アメリカやオーストラリアなど先進の国々では既に反対派の意見が圧倒的です。

変形性股関節症と混同してはならない、彼らの考えです。

 

但し日本においては、2016年から内視鏡を用いる手術の保険適応が拡大され、股関節においても例外ではありません。そのため今後は益々、人工関節に満たない年齢層または骨切り手術には子育てや仕事など社会的な面から難しいと判断された股関節痛患者さんを対象に、これまで以上に股関節鏡による検査や治療が勧められる機会が増えることが予測されます。

 

過去の失敗(=影)からどう発展(=光)へと繋げられるのか、まさに正念場を迎えているのでしょう。

 

本日は症例紹介です。

30代の女性です。

 

【医療機関で診断された病名】

股関節唇損傷、臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全) 

 

【解説】

数年前にヨガにより股関節に違和感を生じ、その後は症状は繰り返していたものの自制内であったため、運動やジム通いは継続していました。しかしながら数年経ってから、突然、座っていても歩いていても痛みが持続するようになり、近所の専門病院の医師からは、股関節唇損傷との診断が下されました。その後、病院でのリハビリやブロック注射を試みてきましたが、一向に改善の兆しがみれず、ご友人の付き添いのもとginzaplusへご相談頂きました。

当初は松葉杖を使用なしければ歩けない程でしたが、数回の施術で徐々に痛みは解消され、通常の生活が送れるようになっています。現在はジム通いも再開されています。

 

【理学療法士コメント】

近年、股関節鏡視下手術による合併症が急増する中で、理学療法士に求められる役割とは、その適応を見極めることです。あるプロスポーツチームの調査結果では、股関節唇損傷が確認された選手の約半数が痛みを訴え、残りの半数は画像上の異常が確認されても痛みを訴えなかったとの報告があります。つまり、股関節を酷使するようなアスリートでは股関節唇損傷も避けられない場合があり、治療対象となるかは手順を踏んで精査していく必要があります。度重なる画像診断や高額な検査よりもまずは保存療法、問診こそが鍵を握ります。受傷に至った経緯やその後の受診歴を辿れば、おおよそ痛みの原因は推察できます。今回のケースのように身体的な要素よりも受診時の精神的なショック、メンタルが主要因となれば、治療前にしっかりとした状況説明をし、理解が得られた時点で直ちに動いていくことが大切です。アスリートにとっては安静こそが大敵であり、極端な安静は関節の硬さや筋力低下を招くばかりか余計な不安を植え付けることで治癒を遅らせ、結果、現場復帰を諦めざるを得ない場合すら存在します。

痛みがおさまり精神的にも安定を取り戻せたならば、再発予防へ向け、今後はご自身が主治医となり症状を診れるよう、ケアの仕方や基本的な知識を習得して頂きます。また、同じ股関節痛でもメンタルが主要因となった場合、継続的な関わりが必要となることもあるため、いつでも連絡が取り合えるようなサポート体制が極めて重要といえるでしょう。

 

【痛み】

「今は股関節よりも腰が痛い。」

 

【ginzaplusへの期待】

「痛みをとりたい。普通に歩けるようになりたい。」

 

【施術期間】

約1年、計3回。

 

【施術前】

 

 

【施術後】

 

 

ginzaplus 佐藤正裕

 

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ

【大腿骨頭壊死症】フルマラソン復帰に向けて

 

毎年10月には

ハワイ島のコナでトライアスロンの世界選手権が行われます。

トライアスロンの中でも最も過酷といわれるアイアンマンレースで、

今年は最高齢80代の日本人男性が見事年代別優勝を果たしています。

 

 

実はトライアスロの世界ではプロを含め、

理学療法士として活躍するアスリートが多いのです。

身体のメカニズムを熟知しているからこそアドバンテージが得られる?

相当な努力も承知ですが、

今からコツコツ仕上げ、いつかは夢の舞台に立ちたいですね〜

 

さて、皆さんにとっての夢とは何でしょう。

 

常に私の頭の中にあるのは、

手術であっても未手術であっても、

好きなことを続けていられるかどうか、

その目標に確実に近づけているかどうか、です。

症状にもよりますが、

保存療法で時間をかけるよりも

手術のほうがより短期に痛みも回復し、

好きな事が出来るようになる事があります。

また同じように、

手術に時間とエネルギーを注ぐよりも、

日々の生活への意識、取り組み方を変えるだけで、

これまでの生活が一変する事もあるでしょう。

 

いよいよ今日からスペインへ飛びます。

変形性関節症に対する保存療法だけの会議に出席してきます。

遠いですが日本ではまずお目にかかれない貴重な機会です。

しっかり勉強してきます。

 

さて、本日も症例紹介です。

50代女性の方です。

 

【医療機関で診断された病名】

変形性股関節症、大腿骨頭壊死症、脆弱性骨折

 

【解説】

幼少期から軽い側弯がありましたがクラッシックバレエやマラソンなど

活動的な生活を送ってきました。

特にフルマラソンでは3時間前半で走れるほどの成績を残し、

ウルトラマラソン(100km)も完走。

しかしある日を境に徐々に股関節が抜けそうな違和感を感じはじめ、

整形外科を受診したところ、MRIの結果から

脆弱性骨折、大腿骨頭壊死症を疑われ手術を勧められました.

しかし、ginzaplusへご相談いただいてからは、

徐々に痛みも減り、再び走れるようになもなり、

現在は3〜4ヶ月に1回のペースでチェックに通われています。

最近ではバレエも再開し、

先日開催された14kmランでは1時間前半のタイムで無事完走。

次は年明けのハームマラソン完走に向けトレーニング中です。

 

【理学療法士コメント】

ご覧のような画像所見を拝見すると、

まずどこの専門家も手術を勧めるでしょう。

確かに関節内の痛みが疑われ、

症状の改善に時間を要す事が予測されます。

ただそれでも、この痛みの強い時期をどう過ごすかによって

また違った結果が待っています。

痛みの状況に合わせ運動の強度と方法を慎重に設定し、

目標が「走行」となれば保存療法で陥りやすいリスク、

可動域や筋力低下、

また脚長差の発生に対して細心の注意を払う必要があります。

施術前の変形性股関節症特有の歩容パターンも根本から見直し、

現在ではほぼ左右均等に体重が乗せられるようになり、

自然と身体が動き出しています。

今後もチャレンジを重ね、

最終的には同じレースでフルマラソン完走ができたら嬉しいですね。

 

【痛み】

「歩く。」

 

【ginzaplusへの期待】

「走れるようになること。」

 

【施術期間】

約5年、計44回。

 

【施術前】

 

【施術後】

 

ginzaplus 佐藤正裕

 

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ