【Ironman】股関節を追求する

 

股関節とは、人間のからだの中で、もっとも大きな関節です。

2足歩行の人間にとっては、要。ここが、正しく働かなくなることで、様々な不調を訴えるのです。

 

「股関節」を語る上では、

 

1. 変形性股関節症患者さん

 

2. 一般の人たち

 

そして、

 

3. アスリート

 

対象によって、注目すべきポイントは異なり、また共通して大切なポイントも存在します。

 

先日フィリピンで開催されたIronman。

泳ぐ、漕ぐ、走る、やはり各パートに欠かせないのが「股関節」の働き。

いかに上手に操れるようになるかで、疲労感、快適さ、スピードまでもが変わります。

 

 

今月は北海道・洞爺湖で開催されます。

また自分のからだで実験です。

 

 

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)

お問い合わせご予約

☎03-6228-6058

ホームページ http://ginzaplus.com/jp/

【アンケート】保存療法がもたらすその他の効果

 

保存療法では、痛みと歩き方の改善にはおおよそ3〜6ヶ月、

経過が長い方では年単位で経過をみていく必要があります。

 

それら以外に、ginzaplusが提唱する運動療法を継続することで、

身近な症状にも変化が訪れます。

 

 

上記は今回のアンケート調査の一部です。

ご協力頂いた皆さま、誠にありがとうございました。

 

股関節がいかに健康の要であるかが理解できます。

 

「股関節から健康に」

 

研究を重ねながら、

引き続き、股関節の重要性を発信していきたいと思っております。

 

 

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)

お問い合わせご予約

☎03-6228-6058

ホームページ http://ginzaplus.com/jp/

【3刷決定】変形性股関節症は自分で治せる!

 

発売から4ヶ月が経ちました。

3刷決まりました、ありがとうございます。

 

 

引き続き、よろしくお願いいたします!

 

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)

お問い合わせご予約

☎03-6228-6058

ホームページ http://ginzaplus.com/jp/

 

【残席わずか】保存療法の勉強会を開催します

 

日本、やりましたね!

今週日曜日のセネガル戦も楽しみになりますね♩

 

年内の出張予定のご案内です。

今月は福岡、来月7月は大阪(9月予定が前倒しになりました)、8月は札幌、10月には年内最後の仙台を予定しております。

 

さて、来週6/27(水)福岡での勉強会が残席わずかとなりました。

 

前半は講義、主に変形性股関節症学会で発表された保存療法の最新情報、

「変形性股関節症は自分で治せる!」書籍の内容についてより詳しくご紹介させて頂きます。

後半の実技では、

日常生活動作で最も気をつけるべきポイントと股関節の運動療法について解説します。

 

お申し込みはこちらから。

どうぞよろしくお願い致します。

 

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)

お問い合わせご予約

☎03-6228-6058

ホームページ http://ginzaplus.com/jp/

JUGEMテーマ:健康

 

【最新情報】変形性関節症国際会議(OARSI)に参加して

 

先月は年に一度の変形性関節症の国際学会、

イギリス・リバプールで開催されたOARSIに参加してきました。

 

 

変形性股関節症の痛みとは何か?

最適な治療方法とは?

様々な角度から関節症の痛みについて勉強してきました。

 

最終日の最後に、2017年に発表された研究報告に関するレビューが行われました。

その中で最も効果が高いとされたのは運動療法◎

その他、PRPやstem cellなどの最新の研究データが供覧されました。

運動療法の中では特に、歩行改善に向けた取り組みが多く聞かれたのが印象的でした。

 

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)

お問い合わせご予約

☎03-6228-6058

ホームページ http://ginzaplus.com/jp/

 

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ