【大腿骨頭壊死症】フジテレビ「めざましテレビ」と「とくダネ!」の取材を受けて

2018年4月2日(月)「めざましテレビ」と「とくダネ!」の取材を受けました突発性大腿骨頭壊死症について、改めてコメントをさせて頂きます。

 

テレビでも報道されております通り、

大腿骨頭壊死症とは、その発症原因と確実な治療方法が未だ確立されておらず、各フィールドの専門家が様々な手法を用い治療に臨んでいます。

 

人工関節の手術、骨切り術、また最近では再生医療の分野が注目を集めますが、あくまでもご本人の症状と希望に沿ったかたちで治療方針が決定されるのが望ましいと考えています。

 

ginzaplusでは以前から、こうした大腿骨頭壊死症関連の症状に対して、運動療法を基本とした保存療法を実践する事で効果を上げて参りました。

 

確かに急速に進行し、保存療法では太刀打ちができない事例がある事も事実ですが、注意深く経過を追っていくと、画像上の壊死は残存しても、痛みから解放され、再び動けるようになる方たちはいらっしゃいます。

 

手術の既往があったり、歩行補助具の使用がなむを得なかったり、痛みとの経過が長くなれば、それだけ筋力低下は避けられません。特に、股関節痛を抱えた方に共通するのは、殿部周囲の筋萎縮です。身体の後方に位置するだけに意識するのが難いのですが、これらの筋肉をいかに活性化できるかが、症状の改善と再発予防の決め手となります。

 

ginzaplusが実践する保存療法の中身は著書「変形性股関節症は自分で治せる!」でもご紹介しております。

ぜひご参考になさって下さい。

 

 

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)

お問い合わせご予約

☎03-6228-6058

ホームページ http://ginzaplus.com/jp/

 

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ

【告知情報】TBSテレビ 『名医のTHE太鼓判!』「下半身の関節をケアして一生元気に動こうSP」

 

2018年4月2日(月)19時〜 TBSテレビ「名医のTHE太鼓判!」に出演させて頂く事になりました。

 

 

手術以外の方法を、ひとりでも多くの方に知って頂きたいと思っております。

股関節疾患特有の症状の改善と予防に、「お尻エクボ体操」もご披露しております。

お時間がございましたら、ぜひご覧下さい。

 

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)

お問い合わせご予約

☎03-6228-6058

ホームページ http://ginzaplus.com/jp/

 

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ

【変形性股関節症】オンライントレーニングの実施状況

 

本格導入は年初めとなりましたが、非常に好評を頂いております。

オンライントレーニング、かなり多くの方にもご利用頂けているようで嬉しく思っております。

 

さて、保存療法で成功へ導く上で鍵となるのは、「何」「どのように」実践していくかです。

 

行き当たりばったりで運動療法に取り組むのではなく、ある程度的を絞って、最大の弱点を克服するのに適したメニューを順序良くこなす事が、改善への近道です。

 

例えば、(健常者並みの)歩きの実現を目指す場合、

ある程度の基礎的な筋力が必要でしょう。可動域も同じように必要です。痛みももちろん減らす必要がありますね。と、いって一つずつ解決していこうとすると、何年経っても先には進めません。結局は、代償的なパターンを利用して終着するのが容易に予測されます。

 

施術の時間は1時間です。皆さんの生活は残りの20時間以上。そう考えると、この残りの時間をいかに有効活用するかが、正しい改善を導く上でのキーとなります。

 

オンライントレーニングでは現在7つの運動メニューを用意しております。

 

皆さまの骨格、身体機能のレベル、使い方の癖などに合わせ、段階的に負荷の量を調整しながら7つ全てのメニューを終了して頂くのが目標です。これらさえできれば終了した頃には、階段はスイスイ、小走りもパッパッとしゃがんで立つのも何のその、歩き方だって正常歩行に近いレベルも獲得できている事でしょう。

何より運動機能面だけでなく、ご自身の症状に対する理解が今まで以上に深まっているはずです。

 

「安心」と「継続」、そして施術者側との「コミュニケーション」の手段として、オンライントレーニングを大いに活用して頂きたいと思っております。

 

 

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)

お問い合わせご予約

☎03-6228-6058

ホームページ http://ginzaplus.com/jp/

 

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ

 

 

【臼蓋形成不全】セカンドオピニオン→保存療法で手術(RAO)を回避

 

股関節の手術は、必ずしも必要とは限りません。

今回は、臼蓋形成不全を診断され、骨切りによる手術日も決まり、最終判断にginzaplusを利用された方の記録です。

 

【医療機関で診断された病名】

臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)、変形性股関節症

 

【解説】

幼少期に股関節の可動域に問題を抱え、30代になってからは本格的に股関節痛を発症。医療機関では、臼蓋形成不全を診断され、様々な保存療法を続けてきましたが効果を実感できず、骨切りによる手術日が決定したところでginzaplusへセカンドオピニオンを求め、ご相談にみえました。セカンドオピニオンでは、必ずしも手術が必要ではない状況を確認されると保存療法を望まれ約半年。回を重ねる毎に痛みは軽減され、予定されていた手術はキャンセル。現在では、小走りができるまでに回復され、精神的にも明るくなられ、自信も獲得された様子です。現在は、数ヶ月に1回の割合でメンテナンスを継続し、その後も順調です。

 

【理学療法士コメント】

手術が必要な否かの判断にセカンドオピニオンを利用され、その後の保存療法で痛みが改善、手術を回避される方も多くいらっしゃいます。その後の感想のお手紙を頂戴しましたのでご紹介します。「ginzaplusへ通うようになり、おかげさまでとても調子がよく、この1年の変化にとても驚いています。これからも良い状態を保てるように教えて頂いたことを続けていきたいと思います。最近は、どのような動作で痛みに繋がるのかや痛みが出た時の対処方法が自分なりに掴めてきて、気分的にも随分と楽になりました。日々、前向きに過ごせるのも先生のおかげです。本当にありがとうございました。」

 

【痛み】

「動くと痛む。」

 

【ginzaplusへの期待】

「手術が必要がどうか判断して欲しい。」

 

【施術期間】

 約5ヶ月、計6回。

 

【施術前・施術後 (クリックで動画に切り替わります)】

 

 

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)

お問い合わせご予約

☎03-6228-6058

ホームページ http://ginzaplus.com/jp/

 

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ

【ginzaplus】今後の出張施術の予定

 

遂に待望の一版が販売になりました。

日本人に発症する股関節症の原因と対策についてご紹介しております。

 

 

ginzaplusが提唱する保存療法のエッセンスがぎっしり詰まった一冊です。

ぜひお手にとってご覧下さい。

 

さて、今後の予定です。

 

4月・・・最終週〜イギリスで開催される国際学会出席のためお休みとなります。

 

5月・・・16日(水)〜週末まで大阪での出張施術です。

 

6月・・・26日(火)〜週末まで福岡での出張施術です。

 

7月・・・日程未定ですが仙台での出張施術を予定しております。

 

8月・・・20日(月)〜週末まで札幌での出張施術です。

 

 

どうぞよろしくお願い致します。

 

追伸:トライアスロンは7月の仙台、8月の北海道に挑戦しようかと計画中です。

 

 

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)

お問い合わせご予約

☎03-6228-6058

ホームページ http://ginzaplus.com/jp/

 

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ