【変形性股関節症】書籍の出版について

 

本を出版させて頂きます。

 

一般的な変形性股関節症の病気を説明する内容ではなく、一歩踏み込んで、より実用的な仕上がりを予定しております。あくまでも、これまで学んできた世界の標準的な診療ガイドラインに則り、そこでの考え方を中心にginzaplusが実践する独自のメソッドもご紹介させて頂きます。

 

・変形性股関節症とは、どういう病なのか

・どういった過程を経て進行して行くのか

・その代表的な症状とご自身の置かれている状況の確認

・手術を避けるために必要な運動の要素とは

・手術を検討するべきタイミングはどこか、など

 

日本では保存療法 vs 手術療法との印象で捉えられがちですが、実際には全くそうではなく、質の高い保存療法さえ実践できれば、早期のうちにほとんどの痛みは解消されるのです。手術療法が検討されるのは、保存療法では改善が認められなかった場合のみです。ところが日本では、制約的な問題から積極的な十分な保存療法がまだ実現できていないよう状況です。薬と簡単な運動療法のみで、保存療法の存在すら知らされないまま、手術に向かわれる方も多い事でしょう。保存療法とはその方の「生活全体」を指します。こんかい出版させて頂く書籍が、変形性股関節症という病態全体を捉える上で一冊の教科書、「患者教育」の一環としてお役立て頂けましたら幸いです。

 

冒頭ではginzaplusが提唱するオリジナルの運動療法もご紹介しております。これまで病院でリハビリを実践してきたけど、どうも効果を実感できない、逆に痛みが強くなったなど、そうした悩みへも、具体的な方法やその効果とメカニズムを分かりやすくご説明し、対応できるようまとめております。

 

変形性股関節症との診断を受けた際、それを乗り越えるためには「軸」となる考え方が必要です。

ここさえブレなければ、様々な症状にも対応できます。また、考えを裏付けるだけの「動き」の基礎も育んでおきたいですね。本のタイトル通り、まさにご自身で痛みの原因を知り、克服できる術や考え方を学習して頂けます。

 

来年書店へ並びます。ぜひ参考になさって下さい!

 

 

「公開講座」

■東京・湘南

 11月18日(土)午前10時〜12時15分

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター湘南教室

■東京・新宿

 12月9日(土)午後12時30分〜14時45分

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター新宿教室

■福岡・博多

 12月16日(土)午後13時〜15時

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター福岡教室

 

「出張施術」

■大阪 11月14日(火)〜16日(木)  10/1日よりホームページ上で予約受付開始します

■博多 12月13日(水)〜16日(土)    11/1日よりホームページ上で予約受付開始します

 

 

ginzaplus 佐藤正裕

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ

 

【大腿骨頭壊死】保存療法による効果

 

変形性股関節症の痛みには、患者教育が97%。そして、運動療法は96%。

 

この数字は何を示しているかというと、世界に共通して発信される変形性股関節症の標準的な治療指針、ガイドラインによる推奨度です。臼蓋形成不全による股関節症でも、今回取り上げる大腿骨頭壊死であっても、患者教育と運動療法が一番効果が高い取り組みである事が証明されています。では手術の時期はといえば、これらの手法では痛みが改善されなかった場合のみです。

 

日本で扱う保存療法とは、一般的に単発で鍛えるような殿部周囲の筋力トレーニングや貧乏ゆすり、簡単なストレッチが主流でしょう。しかし、保存療法に積極的な諸外国とは明らかに内容が異なります。

 

ご自身にとっての痛みとは何か?

痛みのケアの方法とは?

痛みを引き起こさない、悪化させないための日常生活とは?

 

患者教育を徹底し、運動療法も充実しています。

海外の手法を見習えば、おそらくほとんどの痛みは取り除け、また動けるようになるでしょう!

 

本日も症例紹介です。

ご相談頂いたのは、20代の男性です。

 

【医療機関で診断された病名】

大腿骨頭壊死症

 

【解説】

ご相談内容です。

「H29.1月頃から左足の付け根が急激に痛み、3件目の病院でMRIの結果から大腿骨頭壊死と診断され、左足を着かないようにと松葉杖を処方されました。春休みだったため実家に帰り安静にし、1月後に受診したところ、更に潰れているといわれました。大学3年、一人暮らし2年目で、これからどのように生活していったらよいのか不安でいます。左足の痛みの他に、負担がかかる右足も心配になっています。」

突如発症した股関節痛に大腿骨頭壊死症との診断を受けました。確かにレントゲン上には確認されない炎症所見が、MRI上では確認されます。大腿骨頭壊死のステロイド、大量のアルコール摂取は確認されません。医師からは、安定するまで松葉杖の使用が指示されますが、運動機能は低下する一方です。ginzaplusでの保存療法を開始後約4ヶ月、当初の痛みは消失し、学校へはタクシーから徒歩へ、アルバイトの立ち仕事も再開され、これまで通りの日常を取り戻しています。

 

【理学療法士コメント】

いかなる診断名であっても、痛みを生じるに至った経過をしっかり確認する必要があります。

今回のケースのように、明らかな誘因もなく発症した(医学的な)大腿骨頭壊死症も、経過や症状によっては、大掛かりな検査や治療を行わなくても、短期に症状が改善される事が多くあります。

簡単に処方されてしまう杖も、使い方や用途を誤ると、将来的に取り返しのつかない事態を招きます。今回のケースでも、僅かな期間ではありましたが松葉杖を使用する事で、痛みがある側の内転筋は硬く硬直し、股関節に重要な外旋運動が阻害されていました。これは、筋力低下の原因にもなります。直ぐのご相談であった事が不幸中の幸いであり、これ以上長引かせてしまったら股関節のみならず、身体全体へも影響を与えてしまっていた事でしょう。

ginzaplusで実践する保存療法とは、単に股関節のみならず、将来的なリスクに備え、全身の動きの中で股関節が機能できるよう働きかける、根拠に基いたオリジナルのメソッドです。それは再発の予防であり、各関節への影響を最小限にくい止めるためでもあります。大腿骨頭壊死との絶望的なイメージとは裏腹に、実は、痛みが発症した経過に基づけば、短期に痛みや運動機能の回復が期待できる例は多く存在します。診断名に惑わされない、真の痛みの原因を追求す事で保存療法による効果が約束されます。

 

【痛み】

「立ち上がり、開脚。」

 

【ginzaplusへの期待】

「足が出来るだけ開くように。立ち仕事に復帰したい。」

 

【施術期間】

 計3回、約4ヶ月

 

【施術前・施術後 (クリックで動画に切り替わります)】

 

 

「公開講座」

■東京・湘南

 11月18日(土)午前10時〜12時15分

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター湘南教室

■東京・新宿

 12月9日(土)午後12時30分〜14時45分

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター新宿教室

■福岡・博多

 12月16日(土)時間未定

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター福岡教室

 

「出張施術」

■大阪 11月14日(火)〜16日(木)  10/1日よりホームページ上で予約受付開始します

■博多 12月13日(水)〜16日(土)    11/1日よりホームページ上で予約受付開始します

 

 

ginzaplus 佐藤正裕

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ

【変形性股関節症】手術後の痛み「術後遷延痛」

 

今回の股関節学会の話題をもうひとつお届けします。

 

手術を受けると、すっきり痛みが解消される場合とそうではない場合が存在します。

前回のブログでご紹介したように明らかな病変が確認されるワケではないのに、痛みを訴えるケースです。時に、保存療法も無力であり悩まされるケースです。しかし、こうした痛みにも原因がある事が分かってきました。国際疼痛学会で分類される、術後遷延痛と扱われる症状です。

 

 

股関節の手術後の発症率は、10%。

確率こそ高くはありませんが、手術後に関わる専門家は知っておかなければならない後遺症です。

 

そのリスクとして上げられるのは、

 

術前:1. 1ヶ月以上持続する中等度以上の疼痛 

   2. 複数回の手術

   3. 精神的に弱い(破局的思考)、不安が強い

   4.   女性、若年成人

   5.  遺伝的要因

 

こうした条件にあてはまる場合には、

手術後の痛みに悩まされるケースも存在するため、手術の決断にあたっては慎重にあるべきでしょう。

 

また、手術後の影響として起こりうる可能性があるのは、

 

術後:1. 急性の中等度以上の疼痛

   2. 鬱

   3.  精神的な問題

 

臨床的に、私自身感じているのは、手術への理解が十分に得られていなかったり、医師との関係性が保たれていなかったり、手術への不安が非常に強い方に、上記のような症状が認められます。もちろん手術後全例にあてはまるワケではありませんが、想像した術後の現実との落差、また、手術後に知った新たな情報から受容できずにいるケースも度々拝見します。中には、手術後のレントゲン画像や運動機能レベルには問題がないにも関わらず、いつまで経っても杖が外せなかったり、不定愁訴が続く場合も存在します。こうした痛みは「術後遷延痛」に分類され、どちらかといえばペインクリニックで主に扱われます。そのため、整形外科的には単にリハビリ不足と解釈されがちですが、実は、明確な概念と治療法が確立された術後の後遺症です。一般に、通常の運動療法では即時効果は難しく、客観的な指標を元にいかに現状を理解し受け入れられる状況を作り出すか、つまり、精神的なサポートが優先課題と感じます。診療ガイドラインでは、心療内科への紹介、そして認知行動療法的アプローチが有効と推奨されています。

 

「公開講座」

■東京・湘南

 11月18日(土)午前10時〜12時15分

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター湘南教室

■東京・新宿

 12月9日(土)午後12時30分〜14時45分

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター新宿教室

■福岡・博多

 12月16日(土)午後13時〜15時

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター福岡教室

 

「出張施術」

■大阪 11月14日(火)〜16日(木)  10/1日よりホームページ上で予約受付開始します

■博多 12月13日(水)〜16日(土)    11/1日よりホームページ上で予約受付開始します

 

ginzaplus 佐藤正裕

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ

【股関節唇損傷】股関節鏡視下手術後の悪化

 

今月はインドでの国際学会へ出席し、そして、月末は日本の股関節学会へ参加してきました。

インドの内容は現在まとめてますので、また勉強会などでご紹介させて頂きます。昨日までの股関節学会では、興味があった演題「臼蓋形成不全と進行との関連」と「股関節唇損傷の手術への要否」に関する報告を聴講できましたので、少しだけご紹介させて頂きます。

 

前半の臼蓋形成不全と進行との関係については、日本でも海外でも、未だ明らかにされていないのが実情です。

医療機関によっては、脅しめいた表現も頻繁に耳にするようですが、実際にはそう単純なものではなく、もっと複雑に要素が絡み合い、患者様への説明も慎重であるべき事が述べられていました。一つの目安として、屋根側の被りの深さを角度やパーセンテージが表現されますが、これらも目安に過ぎず、改めて進行を助長させないための患者教育、運動療法が重要である事が報告されていました。

 

またある大学病院では、臼蓋形成不全例を35年追跡調査した結果、進行例は確認されなかったと報告されます。同様に、海外の研究結果でも、臼蓋形成不全が変形性股関節症を示唆するものではない事が示されています。しかしながら日本では、患者間でもまた医療者間においても、臼蓋形成不全=変形性股関節症との印象が強く刷り込まれてしまっています。臼蓋形成不全を避難する風潮に、医師からも疑問の声が上がっていましたが、これは大きな問題ですね。

 

そして後半の股関節唇損傷のセッションでは、手術の必要性の有無が問われていました。

みていると、両極端に分かれますね。手術派と保存派。これも上記同様に、また分かっていない事が多いのですから、身体に害の少ない方法で痛みさえ取れれば良いと思います。でも、手術をしたい先生方はどうしても、自身のやり方に固執しまっているように映ります。

 

ある股関節専門医の治療経験のお話が、非常に目を引きました。

こちらの先生は、股関節唇損傷が確認されても、関節内に着手せず、保存療法で約8割完治すると明言されていました。その背景には、数多くの股関節唇損傷の手術を行った結果、成功例でも痛みを訴える例があったり、人工に至るケースなどがあったからだそうです。別のセッションで聞かれたのは、アスリートではほぼ全例に股関節唇損傷を認めるとの報告です。痛みを訴えない無症状のうち女性では13%、男性で36%にMRI上の股関節唇損傷が確認される、との報告も聞かれました。

つまり、股関節唇損傷と痛みとの関連は、最近の傾向ではどうも否定できそうなのです。凄いですね、この数年で股関節唇損傷への考え方が大幅に変わりましたね。

 

私自身が経験しているのは、たとえ、股関節唇損傷の手術をし治ったとはいっても、腰や膝、場合によっては肩など他の隣接関節に影響を受けている方たちを多く拝見しています。また、再手術を勧められている例も非常に多いですね。これって、本当に手術が成功したといえるのでしょうか。そして何より、現実的に起こっている問題では、手術後に関節症が進行する例がこれまた多い事です。上の報告にもあったように、臼蓋形成不全例やアスリート、また高齢者でも関節唇損傷は付き物です。それら全てを痛みの原因と扱い、十分な患者教育や運動療法なしに手術を行うのには、問題を感じざるを得ません。

 

60代の女性です。

股関節痛を抱え、整形外科を受診しましたが、一向に改善されず、

紹介された医療機関では、股関節鏡による手術を勧められ、関節唇の縫合手術を行いました。

 

そして、9ヶ月後。

 

 

当初の痛みは改善されたものの、別の種類の痛みに悩まされています。関節症へと瞬く間に進行。あったはずの軟骨はなくなり、まともに仕事をできていません。一番の問題は、こうしたリスクがある事を患者様自身が知らされていなかった事です。寝耳に水、現況を説明しても全く理解が得られない状況です。但し、ここで踏ん張らないと、待っているのは人工関節です。

 

最近のアメリカの研究では、50代以上の股関節鏡による手術後、約3割に人工関節に至るとの報告があります。年齢が上がるに従って、非常に厳しい手術である事が分かります。

 

今回の学会では、「臼蓋形成不全は決して進行を助長するものではない」「股関節唇損傷は痛みの原因ではない」、臨床成績、経験、研究データからこれまでにはなかった新たな展開が確認されました。患者様あるいは専門家の中にも、臼蓋形成不全だと一生リハビリが欠かせない、あるいは、不治の病と勘違いされた方も多いかも知れません。しかし、実際には、そのあたりの因果関係はまだ分かっていない事が沢山あるのですね。あまりこの話題は聞かれませんでしたが、日本人における股関節痛の改善には、「生活習慣」への介入が不可欠と、私個人は感じております。

 

「公開講座」

■東京・湘南

 11月18日(土)午前10時〜12時15分

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター湘南教室

■東京・新宿

 12月9日(土)午後12時30分〜14時45分

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター新宿教室

■福岡・博多

 12月16日(土)午後13時〜15時

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター福岡教室

 

「出張施術」

■大阪 11月14日(火)〜16日(木)  10/1日よりホームページ上で予約受付開始します

■博多 12月13日(水)〜16日(土)    11/1日よりホームページ上で予約受付開始します

 

ginzaplus 佐藤正裕

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ

 

 

【股関節唇損傷】70代への保存療法の実践

 

今週は、都内新宿で股関節学会が開催されます。

私も半日だけ聴講してくる予定です。昨年は、「臼蓋形成不全は本当に進行するのか?」専門の先生方からの様々な意見が聞かれました。日本では、臼蓋形成不全の約8割が変形性股関節症へと移行する、との論文が発表されたのが2010年。それ以降、各国の研究報告を元に異論も唱えられはじめてきています。さて、今年はどんな流れになるのか、楽しみですね。

 

本日も症例紹介です。

ご相談頂いたのは、70代の男性です。

 

【医療機関で診断された病名】

股関節唇損傷、変形性股関節症

 

【解説】

ご相談内容です。

「歩行の際に右足を痛みと恐怖心でひきずってしまう。又、右足での階段のぼりが困難です。」

ちょうど半年くらい前からゴルフに行く回数が増え、同時に、お孫さんの面倒をみはじめたのをきっかけに股関節痛が発症しました。これまでもヘルニアやぎっくり腰などの経験はありましたが、歩けるなくなるまでの痛みは、これが初めてです。1つ目の整形外科では、股関節唇損傷を診断され、2つ目の大学病院では変形性股関節症を言い渡され、薬だけが渡され手術を宣告されました。ご本人も手術だけは避けたい、との思いで朝日カルチャー勉強会に参加され、直接銀座へもお越しになられました。施術直後から「怖さもなくなり、30分は歩ける!」、ご家族からも「見違える程歩き方が良くなった」と、現在も順調に回復され、現在はゴルフも楽しまれています。

 

【理学療法士コメント】

変形性股関節症の痛みとは、初期においては股関節周囲の筋肉の疲労感が主です。どんなに酷い痛みであっても、痛みを抱えて間もなければ筋肉への施術が著効します。しかし、適切な指導が行われずに放っておかれると、やがて、関節内部へも進行し、更なる影響をもたらします。未手術でしのぐ鍵は、痛みを抱えた直後の保存療法の実践です。

保存療法では、股関節そのものの「個」の状態を改善させるのと同時に、「全体」の動きの中で股関節を機能させていく視点が大切です。いくら股関節の動きが良くなり、筋力が戻り、痛みは軽減されたとはいえ、跛行が改善されなければ、再発も予期されます。健常者並みの動きを目指すのか。それとも、代償を上手にした生活の仕方を目指すのか。保存療法の導入した時点で、ご本人の要望と現在の症状を加味して、明確に提示して行く必要があります。

確かに週に3回のゴルフの影響もありそうですが、それよりもお孫さんとの散歩、片側に寄りかかった前傾姿勢での歩きに、今回の股関節痛を発症させた原因があったように思われます。中腰、前傾、左右へ偏った歩きは、まさに変形性股関節特有の動きパターンです。無意識のうちに身につけてしまったようです。育児中に股関節痛を発症させてしまうお母様方が多いのは、その理由です。

70代という年齢を考えると、画像を撮れば年齢相応の変化が読み取れるでしょう。但し、今回の股関節痛の原因として解釈して良いのか疑問が残ります。経過を伺えば、生活環境にこそ痛みの発生要因があったように思わるからです。動きたい方、動ける環境にある方であれば、手術は最後の手段でも間に合います。痛みがあっても、動かしながら、歩きながら、好きな事をしながら改善を目指しましょう。股関節のみならず全身に目を向けるのが、早期解決、再発を防ぐためのポイントです。

 

【痛み】

「歩行時、階段の上り。」

 

【ginzaplusへの期待】

「手術をしないでゴルフをする。」

 

【施術期間】

 計15回、約7ヶ月

 

【施術前・施術後 (クリックで動画に切り替わります)】

 

 

 

「公開講座」

■東京・湘南

 11月18日(土)午前10時〜12時15分

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター湘南教室

■東京・新宿

 12月9日(土)午後12時30分〜14時45分

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター新宿教室

■福岡・博多

 12月16日(土)時間未定

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター福岡教室

 

「出張施術」

■大阪 11月14日(火)〜16日(木)  10/1日よりホームページ上で予約受付開始します

■博多 12月13日(水)〜16日(土)    11/1日よりホームページ上で予約受付開始します

 

 

ginzaplus 佐藤正裕

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ