骨盤の傾きと股関節痛の関係


tearoseさん、コメントを拝見させていただきました。


早速わかりやすそうなイラストが手に入りましたので、
これを眺めながらご説明させていただきます。


実はtearoseがおっしゃられるように、
骨盤の傾きと股関節の痛みは密接に関係があると思っています。


それでは、そのメカニズムについて一緒に考えて見ましょう。


tearoseさんの骨盤は前傾、前に倒れているとのことですので、
筋肉のはたらきは以下のようになるのではないかと、
想像ができます。



まず、股関節を曲げる筋肉が縮んで骨盤を前に傾けます。


そして、それを補うようにして腰の筋肉は過剰に働き、
前に傾くのを防ごうとします。


このため、太もも付けの筋肉は常に働いている状態となり、
立っている時や歩いているとき、もしくは立ち上がり時などには
違和感や痛みを感じることもあるかも知れません。


さらに、骨盤が前に傾いた状態では股関節が後ろに伸びにくくなります。


つまり、伸展の制限が起こるわけです。


この状態で寝ようとすると、下肢(足)がまっすぐに伸びません。
この伸びが悪い分、今度は腰でそれを補おうとします。


そのため、
寝ているにも関わらず腰の筋肉が過剰に働かなくてはならなくなります。


縮んでいる筋肉をさらに縮ませるわけですから、
痛みが出やすくなるのです。


つまり、人間のからだはある一箇所の動きの悪さを、
動きの良いところで補おうとすることで痛みを生じさせますし、


結果的には骨の変形にもつながります。


股関節の痛みをとるためには、
骨盤の動きにも目を向けることは重要です。


tearoseさんの筋肉の様子を実際に拝見したわけではないので、
一概に申し上げることは出来ませんが、


一般的には骨盤の前傾により上記のような筋肉の働きがあり、
太ももの付け根、腰部には筋肉の痛みを生じさせる可能性があると
考えられます。


また何かおちからになれることがありましたら、
ご連絡下さい。


どうぞ宜しくお願いいたします。



LE SALON GIZNA plus
理学療法士 佐藤正裕



よつばのクローバーもっと知りたい股関節痛!!

痛みの原因探し


違いがわかりますでしょうか。

 http://www.pcopco.com/posture1.html
「姿勢」を見た瞬間から、痛みの評価が始まります。
痛みの原因の筋肉を探すのです。


皆さんの「姿勢」は、多くの情報を提供してくれます。


「姿勢」を観察して、その後「歩行」を診れば、
ある程度セラピーの方向性が見出せます。


触診により、立位時、歩行時の筋肉の活動を確認します。
理想とする筋肉の働きがあるのか、ないのか。


上での写真でいくと、
「左側」は安定しるようにみえます。


しかし、
「右側」は介入の余地がありそうです。


あるドクターの言葉です。
“It is becoming clear to many that posture is related to chronic pain and general health.
(慢性痛と健康が姿勢に大いに関係があることが明らかかになってきている。)”


ご興味のある方はこちらもどうぞ。


わたしも同じように、
活動時(立っていたり、歩いていたり)の筋肉の活動が非常に重要であると思っています。


そのため、皆さんの評価の時には骨盤まわり、
股関節まわりの筋肉の働きとそのバランスを
触診することで確認しています。


最近、Ballet(バレエダンサー)の方が多くみえています。


www.preventdisease.com
バレエでも内転筋の働きが重要です。
しかしながら、上の「右側」の写真のような姿勢に陥ると、
理想とする内転筋の働きは望めません。


これでは、筋肉の働きにアンバランスが生じてしまいます。


セラピーでは、負担をかけている箇所をしっかりほぐし、
内転筋が働きやすい環境を整えていきます。


内転筋の働きが重要だからといって、
ただ単に内転筋のトレーニングをするのではなくて、


内転筋を働きやすい状態を、骨盤まわり、股関節まわりから
構築することが最も重要なのです。


立っている時や歩いているときにも、
皆さんの筋肉のはたらきを評価しています。


何気ない姿勢や歩行に、痛みの原因が潜んでいるからです!




Shall we???




よつばのクローバーもっと知りたい股関節痛!! 

駅前写真館


私たち家族もついにデビュー?!です。


随分前になりますが、
何かの記念に(はっきりおぼえていないのですが・・・)家族写真を撮りに
吉祥寺の駅前の写真館へ行って来ました。


テーマは「自然」。


鳥ちゃんは手にリンゴなんか持たされちゃって、
パパはいつになくママに寄り添っちゃって、


なかなか上手に撮っていただいたので、家の額に入れたり、
家族に配ったりしておりました。


先日「広告に掲載しても良いか?」とのお知らせが舞い込んで来ました。


その後待つこと数日。


出来上がった広告が送られてきました。


新聞の折込広告にも使われたのでしょうか。


右片隅にちっちゃいですが、写っております。




Nice family???


よつばのクローバーもっと知りたい股関節痛!!

日進月歩


昨日、銀座7丁目にある靴屋さんに行ってきました。


ここは整形外科医をはじめ、鍼灸師、マッサージ師、靴職人が揃う
足の専門店です。日本でも他にはないでしょう。


なかなか機会が作れずおりましたが、昨日ようやく伺うことができました。


実は、今日これからおみえになる方に是非とも相談をしたくて、
その下見ついでにお話を聞いてきました。


とても良い印象を受けました。
案内して下さった方も非常に丁寧な対応でした。


プラスからも近いので、
今後うまく繋がりを保てればよいなぁと、考えております。


さて、昨日のブログではやや難しい表現もありましたが、
理解ができましたでしょうか。
なんとなくイメージができればよればよいと思っております。
そのなんとなくで十分なのです。


いろいろな先生がいろいろなことを語られています。
皆さんも一体何を信じて良いのかわからなくなることもあると思います。


わたし自身は、患者さんとのセラピーを通じて得られた結果から、
再度自分が行ってきた治療の妥当性を検証するために、
先輩の先生方の文献に耳を傾けるようにしています。


そんな中、
昨日こんな文献が飛び込んできました。


小牧先生の報告では、
WHO(世界保健機構)の病理運動学的モデルとの対比の中で、


痛みの発生起序を次のように述べていらっしゃいます。


「外的ストレス、姿勢持続、反復動作などにより、
 
 どこかに制限が起こるとそのために代償が生じ、

 いつもそこに負荷がかかり最終的には病的変化を生じ、

 疼痛を引き起こす。」


まさに変形性股関節症の病態を表現しています。


経験も知識もある大先輩の先生方が、
このような研究論文を発表して下さることは、
患者さんのセラピーに従事しているわたし達にとっては、
とても参考になりますし、非常に心を強くします。


常に医療の分野も日進月歩です。
今日までの正しいと思ったことが、
明日にはもう時代遅れになっていることもあるのです。


特に医療の中でもわたし達が携わるこの分野はまだまだ未分化です。


これから徐々に大きな変化を迎えるでしょう。


皆さんのお役に立てるように日々努力、頑張ります!



よつばのクローバーもっと知りたい股関節痛!!

もっと知りたい股関節痛!!



股関節の痛みはどのようにして生まれるのでしょうか。


インターネットや雑誌などで検索をしてみると、


「骨が変形して徐々に痛みを発する」
「軟骨が磨り減ることで痛みを生じる」


などとの説明があり、
骨や軟骨が痛みの原因のように扱われています。


股関節や腰に痛みや違和感を感じ、病院でレントゲンやMRIなどでを撮ると、確かに骨が変形していたり、軟骨が減っているようにみえて、
これがまさに痛みを生み出しているような錯覚に陥らせます。


しかし、このような状態に至るまでには、それなりに原因があり、
それこそが痛みの真の犯人ではないかと考えています。


では、痛みの原因は何なのでしょうか。


痛みの原因の多くは筋肉です。


では、その筋肉の痛みはどのようにして生まれるのでしょうか。


その答えは、やや複雑です。


これは皆さんの生活背景にまで忍び込まないと、
答えが出てこないかも知れません。


持続的な姿勢や繰り返される歩き方であったり、
または習慣化された動作の影響なのかも知れません。


この様な姿勢や動作が筋肉の硬さを作ることで、
骨や軟骨の変形を生み、やがて痛みをなって現れるのです。


少し図を交えて説明させて下さい。


変形性股関節症とは、実はこんなことを言うのではないでしょうか…


http://www.floota.com/PsoasStretch1.html
私達の股関節の前に存在する腸腰筋(ちょうようきん)と
いわれる筋肉。


股関節を守るために働いている重要な筋肉のうちの1つです。
この筋肉が何らかの原因により、筋肉が硬くなると、筋肉は縮みます。


筋肉が縮むと、次に関節に影響を与えます。


下の図をご覧ください。

http://www.joint-pain-forum.com/osteoarthritis.html

多くの筋肉は関節を挟んで骨と骨とを結んでいます。
この腸腰筋はというと、股関節をまたいでいます。


先ほどのように筋肉が硬くなり、縮こまると、
筋肉の間に強い力が働くようになります。
ピーンと張った、緊張した状態です。


筋肉が縮んだ状態では、股関節は圧迫をうけるようになるのです。


持続的な圧迫により損傷を受けるのが、関節表面の軟骨です。
軟骨には徐々に傷ができはじめ、やがてすり減ってきます。


レントゲンでみる軟骨のすり減りの原因は、
筋肉の縮みを表現しています。


股関節症の保存療法で有名な整形外科の先生は、
骨の変形について以下のように述べられています。





筋肉の付け根を木の根本と想像して下さい。
木を思いっきり引き抜こうとすると根本部分が地面から盛り上がります。


同様に筋肉が縮み、緊張が高まることで強い力が働くと、
それらが切れる代わりに骨との付着部が盛り上がるのです。


これが、
レントゲンで見られる骨の変形だとおっしゃっていらっしゃいます。


もう一度復習です。


上の写真の腸腰筋が縮み、筋肉に強い力が生じると、
その間にある股関節の表面、軟骨は磨り減り、
さらに筋肉の緊張が高まると、
骨にまで影響を与える可能性があるということです。


また、
筋肉の治療で有名なある整形外科の先生は下の図のような
現象を示しておられます。


これを御覧になられて、筋肉の縮みが骨にまで影響を与えることを
ご理解をいただけますでしょうか。

http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/
(上段:正常な筋肉 下段:コリが生じ、縮んだ筋肉)

釘が骨です。ゴムが筋肉です。
筋肉が骨と骨とを結んでいます。
注目は下の段です。


筋肉のあいだにコリができ縮こまると、
両脇にある骨が極度の緊張から解放されるように内側に倒れ、
変形してくるのがわかるとおもいます。


ゴムが腸腰筋、釘が股関節だとすると、
レントゲンでみられる股関節の変形は、
筋肉が原因であることがわかるでしょう。


骨の変形もまた筋肉の縮みによるものだとご理解いただけたでしょうか。


私達の真の痛みの原因は筋肉であることが非常に多いです。
レントゲン画像でみる骨や軟骨の状態は、
筋肉の緊張が原因による結果なのです。


ならば、原因に対する早急な対応が必要ではないでしょうか。


筋肉に対するしっかりとしたセラピーを行い、
習慣化された姿勢や歩行に目を向けることで、
多くの問題が解決されてきています。




よつばのクローバーもっと知りたい股関節痛!!