靴の裏のはなし




皆さんの靴の裏はいかがでしょうか。


すり減る方。すり減らない方。


すり減る方は、
すり減るのはどちら側ですか?


外側でしょうか。内側でしょうか。


そして、
皆さんの痛みは、股関節の外側でしょうか。内側でしょうか。


靴の裏は皆さんの日常を映し出してくれます。


外側に痛みがある方の多くが、
靴底の「外側」のすり減りを感じているのではないでしょうか。


歩いているときに、
外側に重心が乗るようになると靴の外側がすり減り始めます。


そして、外側で常に支えるようになると、
外側の筋肉に痛みが出やすくなるようです。


基本的には痛みの出る筋肉、
外側の筋肉をほぐすことで痛みは緩和できます。


しかし、それだけでは不十分な場合もあります。


セラピー後、再び外側で体重を支えるようになれば、
再び同じ痛みを繰り返します。


目指すのは対症的な療法ではなく、根本治療です。


そのためには、
普段の重心の位置から修正する必要があるのです。


外側→内側へ。


内側で支える機構を股関節、
骨盤周りからつくって行く必要があるのです。


今まで使っていない、休んでいた筋肉を使っていくことになるので、
回復には多少時間がかかることもありますが、
これがもっとも負担の少ない根本治療であると考えています。


昨日お越し下さいました、Mさん。


今はまだ少し痛みが継続しているかもしれません。
歩行の基礎から改めて見直して、
少しずつ造り上げていきましょう。
充分に実現可能な要素をお持ちです。
頑張りましょう!





よつばのクローバーもっと知りたい股関節痛!!

セラピーに対する思い


皆さんがセラピー後に経験する、


「立つって、こういうことなんですか」

「こうすれば、痛くない」

「体重をのせるときはこうすれば良いのですね」


などなどの背景には、
脳と筋肉とのコミュニケーションが存在していることを意味します。


ここで、
股関節に楽な姿勢や、正しくそして美しい歩き方を身に付ける過程で、
皆さんの脳の神経と筋肉がフル活動、総動員された結果です。


脳からの指令が筋肉を動かします。


このつながりが密なほど、
複雑な運動や器用な動作が行えるようになります。
運動に多様性を与えることができます。





脳は皆さんの総監督。


筋肉はその選手たち。


この2者間でのコミュニケーションが、
新たに姿勢や歩行を獲得する上で重要であり、運動学習には不可欠です。


そのため皆さんには触ってもらい、見てもらい、動かしてもらい、
感じてもらい、全ての感覚を総動員して、


“あたらしい自分”を発見していただきたいと思っています。


このような過程を踏めば、必ず動作や運動は身に付きます。


昨日、NHKで森ノ宮病院の宮井先生が出演していらっしゃいました。


大学病院時代、
宮井先生の研究報告は臨床の中でも度々応用させていただきましたが、
※宮井先生は、脳卒中患者さんの歩行と脳との関係を研究している
 世界的にも有名な先生です。


毎回皆さんの動作を見ながら、
どのような介入手段がもっとも適切なのかを考えています。


番組の中で「小さな目標を掲げる」ことの重要性を述べておられましたが、


たとえば、
「歩行」という大きな枠組みの中で、


どの要素、どの場面を目標に設定するかが
その後の効果に影響を与えます。


この目標設定を誤ると、到達までに遠回りすることになります。


ただ体重を乗せるという動作1つにしても、
からだのなかでも様々な運動が存在するのです。


そのどこを目標とするかは個々それぞれ異なりますが、
この積み重ねこそが「歩行」という一連の動作を遂行するには、
重要だと考えています。


素晴らしい能力をお持ちの方が多いようです。
少しでも早く、そしてスムーズに開花させたいですね。





今朝の皇居前の様子です。
まだまだ桜がきれいですね。




よつばのクローバーもっと知りたい股関節痛!!

体重のかけ方


「間違えなければできる」


その方はおっしゃって下さいました。


痛みがあると、当然脚を地面に着けたがらないでしょう。
怖さもあるかも知れません。


しかし、歩かなければなりませんから、
次第に“自分流”の脚の着け方となり、


それが本来必要としない筋肉の働きを要求することで、
筋肉の疲れを招き、更なる痛みを作るようになります。


「痛みの悪循環」です。


この流れを断ち切るには、


股関節に最も安全で、からだに負担のない方法を
あらたに学習することだと考えています。


そのため、
できるだけ運動学的な基準に従って皆さんの歩行を分析し、
問題となるところだけをトレーニング課題に掲げ、
ご指導する必要があると考えています。


皆さんもお感じになられるように、
確かに筋力は必要ではありますが、
まずは歩行に必要な筋力だけがあれば十分です。


これだけで、痛みをコントロールできるようになる方は多いです。



http://me.queensu.ca/people/deluzio/GaitAnalysis.php

皆さんの歩行をみるときには、
上の図のような運動の変化に合わせて、


歩きのどの部分、どの段階でうまくいっていないのかを、
観察し、そして実際に筋肉のはたらきを確認して、
必要なところだけをトレーニングの課題に上げています。


脚を地面につけるにしても、
御覧のようにいくつかのステージに分かれるのです。


いま行っているトレーニングが歩行のどの部分に役に立つのか、
良いイメージを持って、トレーニングすることが重要です。


「間違えなければできる」。


適切な体重のかけ方を獲得したこの方は、
まわりの方から歩き方を指摘される程にまで改善し、
そろそろ「痛みの悪循環」からも抜け出せるでしょう。





よつばのクローバーもっと知りたい股関節痛!!

セラピー後の生活


今日はplusへ通ってくださる方からメールを頂戴いたしましので、
ご紹介させていただきます。
※ご承諾をいただいて、公開させていただいております


『水曜日に夫とゴルフに行って来ました。
 (この頃は足の事を考えてカート でフェアウェイ乗り入れ可のコースに なるべく行くようにしています。)

 前泊して、前週は1ラウンドで足が痛くなり上がりました。
 今週も朝は足が少し重かったので「今日も1ラウンドで限界かしら?」
 と、思いながらスタートしました。

 そうしましたら、2ホール目のグリーン周りのアプローチショットの際
 ちょっとした左足下がりの斜面でした。
 なので患足の左足に重心をかけ右足は少し引いて小さくテイクバックしま した。

 そんなに大きな動きではありません。
 
 そしたら、変な音がするのです。
 はじめは何処から聞こえるのか分からずスイングをとめました。

 「あれっ?この音はもしかして私の足、私の股関節から?」

 と、不思議に思い何度かゆっくりと素振りをしてみました。

 間違いなく私の足の付根、前部の所が鳴っていたんです。

 先日、先生から「伸ばすと良いですよ」と御指導頂いた箇所です。

 不思議なのは、その後なんです。
 足の付根の痛みがまったく無くなったんです。

 こんな事ってあるんでしょうか?

 その日は元気に1ラウンドハーフ回ってきました。
 ラウンド中は先生がおっしゃった「伸ばすと良いですよ」の所を
 意識的に伸ばす事をしていました。

 この“まったく痛くない状態”がずっと続くはずは無いとは思っています が・・・。
 こんな事ってあるのですか、先生!?』


このメールを下さった方は、
現在も月に1回のペースでお越しくださっておりますが、

わたしが非常に重要だと思っているのは、セラピー後の生活です。

皆さんが銀座を離れて、お家へ帰ってからも、
皆さんの日常生活をみて、アドバイスをしたいところではあるのですが、

そこまで出来ない代わりに、
皆さんの普段の姿勢や歩き方には特に注意して診ております。

セラピーで緩めた筋肉にあらたな感覚を身に付けていただき、
その後の生活の中で、どれだけ意識できるかが重要だからです。

銀座にお越しいただいて、
1時間程のセラピーでその後の数十日間を良い状態で維持するためには、

その後の皆さんのからだに対する意識が必要なこともあるのです。

このメールを下さった方は、
常に良いイメージをお持ちになられ、
普段の生活の中でもよく意識していらっしゃいました。

股関節がよく伸びて、
きれいに歩いている人の写真を一緒に眺めたときもありましたね。


その良い効果が現れたのではないでしょうか。



解剖学的見地からもう少し補足させて下さい。


:後方  :前方)

股関節はご存知の通り、骨盤と大腿骨からなっています。


骨盤には大腿骨の受け皿、くぼみが存在します。
よく観察してみると、前方は浅く、後ろ側が深くなっています。


このような構造上の理由から、


この両者の安定感を作り上げるには、骨盤を前に倒し、
股関節を軽く曲げた状態になる方が多いようです。


股関節症の方に特徴的な姿勢です。


そうなると、
本来負担がかかる必要のない筋肉にストレスがかかり始めます。


筋肉だけでなく、関節を構成する靭帯、関節包、軟骨、
骨にまで影響を与えることがあります。


そのためこの方へは、
過剰な筋肉のストレスを緩め、
本来働くべき筋肉に働きを促すために、
「伸ばすように!」とのご指導をしておりました。


ゴルフの時には、
これまで股関節にかかっていたストレスから
一時的に解放されたのではないでしょうか。


人間のからだは柔軟に変化をみせます。


このストレスのない状態で、
本来働くべき筋肉の働きをさらに促し、
その活動の中での姿勢や歩行が獲得出来れば、
まだまだ改善されるでしょう。

一緒に良いイメージをもって頑張りましょう。





※日曜日の夜、銀座の沖縄料理屋さんで「第1回 plusオフ会」
 が開かれました。
 メンバーの皆さん??夜遅くまでたいへんお疲れ様でした。
 人通りの少ない中央通りをユラユラ千鳥足で…、楽しかったですね。
 ところで、皆さん終電に乗れたのでしょうか。
 
 また次回もどうぞよろしくお願いいたします。
 
 


よつばのクローバーもっと知りたい股関節痛!!

人生2回目の…


皆様、大変お待たせしておりますが、
今月中にはホームページが完成する予定ですので、
もうしばらくお待ちください。


ご予約もこちらのホームページよりお申込みができるようになります。


来週12日の歩行教室にはなんとか間に合うように、
佐藤さん(私のアドバイザーさんです)には頑張っていただいております。


完成次第、ご案内させていただきますね。


さて先日、
ホームページ撮影用に散髪に行ってきました。
人生2回目のお台場です。


“行きつけ”に行く時間が作れなかったのです、
運転免許の更新に鮫洲に行ったついでに寄ってきました。


たしか、1回目も今のwifeとだったなぁ…。


変わったことといえば、メンバーがひとり鳥増えたことでしょうか。




せっかくなので一緒に髪を切って…






一緒に語り合って…


わたし  :「人生って、何だかわかるか?」

鳥ちゃん: 「えぃっ!!」

わたし  :「おい、わかってるのか?」

鳥ちゃん: 「えぃっ!!」


砂浜の砂がなくなるまで投げ続けた鳥ちゃん、
この2月に2歳になりました。


たびたび登場しますが、
今後ともどうぞ温かい眼差しで御見守りください。


そうです、
ホームページの撮影はばっちりでした。
乞うご期待下さい。



よつばのクローバーもっと知りたい股関節痛!!