最近の佐藤家♪


好評につき?!
最近の我が家の速報です。


まずは、主役鳥のちゃん。2歳8か月になりました。
とにかく、元気いっぱいです。
先日は吉祥寺のお祭りに登場し、こども神輿担いでましたよ。


2日間にわたって頑張りました〜。


パパも頑張りました〜。


どこにいるかわかりますか?
皆さんに歩き方を教えてくれる人…。


今のブームは、動物。
部屋によばれると、バーチャル動物園の始まりです。


ゾウさんが好きなんですね〜。


そして、愛しの“lovely wife”は、
世田谷区と吉祥寺でEnglish Baby Signを教えながら、


料理教室に行ったりしているようですが…、
習ってきているはずの料理が、なかなか食卓に並ばない。
どういうこと?? そういうものなのでしょうか…


ところで、話は変わりますが、
「この辺でおススメのレストラン店知りませんか?」
銀座にいると良く聞かれるのですが、今まで答えられずにいました


が…、


一軒、ありました。
当ビル地下のイタリアン・レストラン「ジャッジョーロ銀座」。



現在担当している料理教室の先生の御墨付き。


もちろん、行ってきましたよ。
味、雰囲気、スタッフの方の行き届いたサービス。
まさに“銀座を感じれる”おススメのレストランです。
銀座で困ったら、ぜひどうぞ。


銀座を感じさせるお値段ではありますが…。


さて、今日はこれから
家族と代々木公園へ行ってきます!
皆さんも良い休日を!



ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ…



よつばのクローバーもっと知りたい股関節痛!!

未経験だからこそ必ず!


歩き方の指導を受けたことがありますでしょうか。


歩き方を直すことで、少しずつ痛みが軽減していきます。


今まで病院や治療院などで、
姿勢や歩きの指導を受けてこれなかったのが、
その大きな要因でしょう。


変形性股関節症に対する保存的治療の中にも、
「歩行練習」が入る日もそう遠くないと思います。


多くの方にも身体の変化、痛みの変化を実感していただきたいので、
これまでの考えをまとめながら、
同時に発信していく作業も進めていきますね。


歩行教室に参加されたYさんからのメールです。
(※掲載の許可をいただいております)


長野県のYです。
今日はありがとうございました。m(_ _)m
生まれつきの股関節の痛み(?)のため、動くことが億劫になり、
生活の質が下がってしまい、とてもストレスを感じておりました。
正しく歩いて、筋力をつける。
今までの悪循環を断ち切って、良循環に持っていける。
なんてうれしい。

年齢的に手術等が難しいため、
なんとか保存的療法でやっていきたいと思っていました。
骨盤を動かすことは、非常に難しく、私の骨盤は、一枚板の感じですが、
先生に指導して頂いたことを思い出しながら、
自主練習をしていきたいと思っております。

出来るだけ近いうちに、銀座の治療室に伺いたいと思います。
その時には、よろしくお願いいたします。



Yさん、また近いうちに銀座でお会いしましょう。


私は筋肉の緊張を緩める治療も行いますが、
最も重要視しているのは、その後の使い方です。


普段の姿勢や歩き方の中でどのように使っていくかが
重要だと考えています。


痛みや股関節症との経過が長くなると、
筋肉も本来の働き方を忘れてしまっているのです。


働きを忘れてしまった筋肉に本来の使い方を教え込むのが、
我々理学療法士の仕事です。


Yさん、教室後の様子を伺うと、まだまだ良くなる印象を受けました。
動けるうちに、姿勢や歩行の癖を修正して、
痛みを作りにくい身体の作り方を身体に覚えてもらいましょう。


理想的には、
銀座でのマンツーマンによるセラピーでしっかり痛みを軽減させ、
状態が安定してくれば、少しずつセラピーの頻度を減らしながら、
定期的な歩行教室などで股関節、
筋肉の状態をケアできるようになれることです。


この理想の流れに乗れる方も多いはずです。
変形性股関節症は、介入方法さえ間違わなければ
痛みのコントロールは十分に可能だと思っています。


私は、皆さんの5倍努力します。
頑張りましょう!



ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ…



よつばのクローバーもっと知りたい股関節痛!!

股関節のトレーニングはどこでもできる!


トレーニングジムやヨガスタジオに通うことだけが
トレーニングではありません。


時間の無い方や忙しい方は、
立っている姿勢や歩いている時にでもトレーニングは十分可能です。


ジムに行く時間が無い私は、
通勤時間をトレーニングに充てています。


皆さんも少しずつ日常の生活の中に、
トレーニングの時間を増やしてみてください。


努力が実を結ぶ時が来るはずです。


痛みが軽減してきます。
筋肉の緊張やコリを作りにくくなります。


歩行教室に参加して下さったRさんかのメールです。
(※掲載の許可をいただいております)



佐藤正裕先生

こんばんは。
今日は、有意義な時間を過ごす事が出来てとても良かったです。
帰りの電車を待つ間も先生に教えていただいた
骨盤の動かし方を思い出しながら復習していました。

体が覚えているうちに毎日少しずつ意識しながら歩くこと、
と骨盤体操を続けていきたいと思います。
本当にありがとうございました。
                


Rさん、
身体が覚えているうちにしっかり骨盤の運動を刷り込んで下さい。


気が付いたときに少しずつ
普段使いにくいインナーマッスルを意識して、
刺激しましょう!


迷ったときはまたいつでもご連絡下さい。
お助けいたします。一緒に確認しましょう。


今後ともどうぞよろしくお願い致します!



ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ…



よつばのクローバーもっと知りたい股関節痛!!     

歩行の基礎と応用


昨日は連休最終日の中、
吉祥寺までお越し下さいまして、ありがとうございました。
歩行教室に参加された皆様、大変お疲れ様でした。


今朝起きて、はっと気が付いたのは、脚全体の筋肉痛です。
歩行教室のあとは毎度のことなのですが、
改めて驚かされます。かなり使うんですね。
皆さんはいかがでしょうか。


昨日鏡を見ながら行ったアノ歩き方で、
1日30秒、しっかり続けてみて下さい。


寝てるとき、座っている時、立っている時、体重をかけている時、
さらに歩いている時まで、アノ骨盤の動きも是非意識してみて下さい。


必ず変化が訪れます!


早速ですが、、メールをご紹介いたします。
(※ご本人様にご承諾をいただいております。)


佐藤先生

本日の歩行教室に参加させて頂きましたYです。
今日は丁寧なご指導ありがとうございました。

いつもブログで、身体の機能について勉強させて頂いておりましたが、
実際にご指導頂いたお陰で、とても良く理解出来ました。

私事ですが・・・
普段、仕事でウェイトトレーニングの指導をしております。

以前、1年半ほど前までは、ジムのトレーナーをしておりました関係で、
コテコテのトレーニング環境の中で仕事・勉強をしておりました。
しかし、徐々にそれまでのトレーニングの考え方に疑問を、
何となくですが思い始める様になりました。

例えば、会員さんの中に、
骨盤や肩甲骨がガチガチで動かない・
機能が上手く発揮されていない方があまりにも多いことに気づき、
(歩く機会が少なく、パソコンに向かうことが多く・・・
といった日常生活の影響?)、
その状態でトレーニングをどんどん勧めていっていいのかなぁ・・・
といったかんじです。

そんな流れで、自分自身の身体についてももう一度見直してみたくて、
今年に入って自身のトレーニングを一旦中断してみています。
そして、トレーニングを続けて行く前に
何かやることがあるのではないかな〜と、ずっと模索していたのですが、
実は漠然としたまま時間が過ぎていました。

おかげさまでやっておきたい大事なことが今日一つ見つかりました。
まずは、教えて頂いた骨盤の使い方をマスターしてみたいと思います。
そして、仕事の参考にさせて頂きたいなと、思っております。

これからもブログを楽しみにしております。
ありがとうございました。



Yさんにとって「やっておきたい大事なこと」が
見つかって良かったですね。


先日ある番組の中で、水泳・北島康介選手のコーチ、
平井コーチが
「選手の弱点を見つけ出し、潜在性を引き出すのが我々の仕事です」
と、おっしゃっていました。


弱点とまでは言わなくても、歩行指導もやはり同じように、
歩き方の中に問題点を見つけることです。


まずは、その人の歩き方をしっかり診て、触って、
うまくいっていないところ=痛みの原因を、
いち早く見つけ出し、


トレーニングの中でどこを意識するかを
頭と身体で理解していただくことです。


Yさん、
昨夜もメールに書きましたが、
私は学生時代、ベンチプレスを90繊▲好ワットは140キロ、
上げている時期がありました。


トレーニングをしている時に知りたかったのは、
昨日のような「人間の動きの基本」です。


上げやすいコツ、痛めないためのコツが、
昨日の歩行練習の中にも凝縮されていたとおもいます。


全てつながっているんですね。
お仕事にも十分応用が効くと思います。


また、いつでもご連絡下さい。
昨日はありがとうございました。




ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ…



よつばのクローバーもっと知りたい股関節痛!!

第3回 吉祥寺歩行教室開催


今年3回目の歩行教室が吉祥寺で開催されます。


今回のテーマは「予防のための歩行レッスン」です。


〇今後、何を、どう気をつけたら良いのか。


〇痛みがある人とない人の決定的な違いは何か。


一緒にからだを動かしながら、確認していきましょう。


今回は、股関節、骨盤の運動を基本にかなり細かくご指導する予定です。


お楽しみに!
それでは、行ってきます!


明日のブログでまた詳細をご報告しますね。



よつばのクローバーもっと知りたい股関節痛!!

歩いて股関節痛を改善しましょう!


連休はいかがお過ごしでしょうか。


昨日は歩行教室の会場の下見をしてきました。


皆さんの案内にも地図が添付されているように、
会場は比較的分かりやすいところにございます。
外からすぐ見つけられると思います。
どうぞご心配なさらずにゆっくりお越しください。


何とかお天気ももちそうなので安心しました。
明日は皆さんよりもわたしが楽しみにしています。
どうぞよろしくお願い致します!


「歩いて股関節痛を改善しましょう!」


股関節専門のドクターはまず、
このような考えは持ち合わせないでしょうね。


それはそれで良いと思うんです。


お互いの専門性を尊重しながら、
それぞれの強みを武器に困っている方の治療の選択肢が広がり、
皆さんの助けになれるのが理想です。


痛みの多くの原因が筋肉だからこそ、
その使い方にまで治療介入する必要であると考えています。


歩行教室はご自分の身体の特徴を知り、
今まで使っていなかった筋肉を刺激する良い機会です。


筋肉は使わないとダメなんです。
正しく使えないとバランスを崩し、衰え、
痛みも作りやすくなるんです。


正しく使えている人は、普段の日常生活の中でも適度に筋肉を刺激し、
筋力をつけやすい状況を自然と作り上げています。
痛みにも変化が現われるようになってきます。


正しく歩ければ、痛みが軽減するのです!


それでは、明日吉祥寺でお会いしましょう!  


ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ…


よつばのクローバーもっと知りたい股関節痛!!

ちょっと整理してみました

 
ブログの右側に「リンク」という見出しがあったのは、
ご存知でしたか。


ここには、これまでの経歴やセラピーに関すること、
そして趣味のサイトなどを随時アップしております。


今日はその一部改めてご紹介させていただきます。


ご予約はこちら
  
  股関節痛改善セラピー「LE SALON GINZA plus」のホームページです。
  歩いて股関節痛を改善しましょう!
  
  関節痛の原因の多くは、筋肉の過剰な緊張やコリです。
  これらは身体が正しく機能していないと伝える重要なサインです。
  表層筋とインナーマッスルのバランスを整え、
  しっかり働かせることで、
  痛みを生じにくい身体作りのセラピーを行っております。 
  正しく歩くためのコツ、ポイントを症状に合わせて確認しましょう。
  
  ご予約はもちろん、治療内容についてのご質問は、
  メールとお電話にて受け付け致しております。
  お気軽にお問い合わせ下さい。

姿勢・歩行セラピーの原点

  現在のセラピー・コンセプトの基礎を学んだ医療機関です。
  貴重な経験をさせて下さいました諸先輩先生方、
  担当させていただきました患者様には大変お世話になりました。
   
  変形性股関節症の方も多く診させていただきましたが、
  整形疾患以外の治療経験が現在のセラピーの幅を広げる上で、
  大きな力になっています。 
  手術をしない、我々のような徒手的な介入手段を用いる医療従事者
  にとって痛みへの取り組みは、
  総合的な視点に立った考え方が必要とされます。
  
  ちなみに、「リハビリテーション科」のサイトのスタッフ集合写真
  上段に並んでいるのが私です
  (良い顔していますでしょうか!?)。


我が学び舎

  30倍の難関を突破し入学した秋田大学。
  恩師理学療法学科教授の進藤先生には、「医療人としての心」を
  教わりました。現在は海を渡った英国でご活躍です。
  
  当時の卒業生18名は、
  現在日本全国の病院で困っている方達の力となっているはずです。
  

旧ブログもどうぞ

  「LE SALON GINZA」に在籍していた当時に書いていたブログです。
  筋肉については、図解入りでイメージもしやすと思いますので、
  お暇な時にでもどうぞご利用下さい。

 
筋肉ほぐし発祥の地
  
  大学病院退職後、1年間お世話になった「LE SALON GINZA」。
  筋肉の治療技術を学びに、
  ハワイへの留学を考えていたちょうどそのころ、
  松本先生に出会い、衝撃を受け、その扉を開くことになりました。
    
  松本先生とベッドを並べて股関節治療に取り組んできた経験は、
  私にとっては、かけがえのない大きな財産です。
  
  股関節に限らず、様々な症状に対応しています。
  どうぞよろしくお願い致します。


ここまでが経歴やセラピーに関することです。


ここからが趣味関係。

横浜・友人が営むお花屋

  高校時代の同級生夫婦が営むお花屋さんです。
  随時アップされるお花の写真をお楽しみ下さい。
  癒されます〜。



今後も少しずつ学術関係、教育関係、
そして理学療法士として開業されている親交がある先輩先生の
ホームページもアップしていく予定です。


皆さんの悩みに応えられる、症状を改善できる、
治せる先生が見つかりますように。


私も頑張りますよ!
どうぞよろしくお願い致します。




ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ…




よつばのクローバーもっと知りたい股関節痛!!

30秒トレーニング!!


「1日30秒で良いので、こういう風に歩くようにして下さい。」
セラピーの最後に念を押すフレーズですね。


「こういう風」って、
いったいどういう風な歩き方のことを言うのでしょうか。


皆さんの立ち振る舞い、歩き方こそが
股関節、筋肉の状態を如実に表現しているからこそ、
普段の姿勢や歩きの中にトレーニングの要素を組み入れるべきと
考えています。


だから最初は、
ここで習う歩き方には、非常に違和感を覚えることでしょう。


それでも、たかが歩き方、されど歩き方…です。


歩き方の方法、その様式によっては、
筋力強化もできるし、ストレッチ効果も十分に望めるのです。


最初ここで実践していただくと
多くの方は「先生これじゃ、外では歩けないですよ。」と、
おっしゃいます。


確かにその通りですね。
外出用の歩き方としては、難しいかもしれません。
特にはじめは。


それでも、ここで実践、習った一見奇妙に思える歩き方も
1日30秒、そして1分と継続できるようになると、
やがて大きな効果をもたらすようになるのです。


1か月、3か月、6か月と、
このくらいのスパンで変化をみていきましょう。


歩き方が変化し、痛みが軽減してくるのと同時に、
また新たな課題が浮かび上がってくるでしょう。
そこでまた歩き方を調整してゆけば良いのです。


歩き方を変えることで、トレーニングに変える。
これこそ、それぞれに合ったオーダーメイドのトレーニングです。


どこのサイトを覗いても、どの専門書を開いてみても、
出てくるのは例の“画一的なトレーニングメニュー”だけです。
そろそろ転換の時期ではないでしょうか。


30秒で十分!
大切なのは量ではなく、質!!



ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ…




よつばのクローバーもっと知りたい股関節痛!!

「何にも考えないで歩くと痛い」


今日はブログはお休みにしよう!と思ったのですが、
ちょっと次の方が来るまでの間時間ができたので…。


ここにいると毎日がドラマの連続です。
皆さんにそれぞれのストーリーがあり、
大きな発見があり…。


そこで、今日のトピックは、
「痛みのセルフ・コントロール」


痛みをできるだけ遷延化させないことが、
痛みと上手に付き合う上では重要です。


早い段階で痛みを止める。長引かせない。


そのためには、痛みが生じても
「こうすれば、痛みを軽減できる」という一種の“テクニック”を皆さんにも身体を動かすことで、理解していただきたいと考えています。


そして、最終的には定期的なチェックで姿勢や歩き方、
筋肉の状態を確認しながら、
それぞれが痛みのない生活に戻れるようになることが、
ここでの大きな役割です。


昨日、夜おみえになった方は昨日が2回目です。
「だいぶ楽になりました」の後に、
「痛みが出ても、教えていただいたように歩くと痛くないんです」
と言って、歩き方を見せていただきました。
初回と比べると、跛行は改善され、だいぶ安定していました。
歩きの“テクニック”を掴んだようですね。


ここまでご自身でコントロールできるようるになると、
痛みの治療もスムーズに進めそうです。


それぞれに合った痛みを誘発しない、身体の動かし方、
姿勢や歩き方が必ずあります。


それを早い段階で見つけることができれば、
痛みとも上手に付き合っていくことが可能になるでしょう。


昨日お昼に見えた方は、
「何にも考えないで歩くと痛くなるんです。
 いつの間にか前かがみ、くの字になっていて…」


常に歩き方のことを考えて、力を入れ、緊張しながら歩くのは、
確かに大変です。
それでも、こうして自分の姿勢の変化に気づけることが、
悪化を防止するための大きな進歩です。


早い段階からご自身の変化に気付けて、それを修正できる。
これは痛みをコントロールする上では最も大切な能力です。


この力を育むことを一緒に目指しましょう!



ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ…



よつばのクローバーもっと知りたい股関節痛!!

歩行に始まり歩行に終わる


インターネットを利用してお越し下さる方がほとんんどですが、
最近は「友達からの紹介で…」と来て下さる方も増えてきました。
嬉しいですね。
今後も大きな宣伝はあまり考えておりませんが、
確実にお一人ずつ実績を作りながら、地道に努力を重ねていくつもりです。


こちらに移って約半年、
その当時「今やらなければならない」と感じて取り組み始めたことが、
実を結び、結果も残せるようになってきました。


最近新しくおみえになる方の中には、
ご存じない方もいらっしゃると思いますので、これまでの経緯を簡単に…。


わたしは現在の銀座7丁目で開業する前は、
1丁目にある「LE SALON GINZA」というところにおりました。
まさに股関節治療の原点と呼ぶにふさわしい、
筋肉にほぐしの発祥の地です。


そこで大学病院に在職していた当時から足繁く通い、
深夜のトレーニングを受けてきました。
あの忙しいスケジュールの中、代表の松本先生には貴重な時間を割いて、
マンツーマンの時間を作っていただきました。
感謝しております。


そして、学んだ技術を病院でも筋肉性の痛みを抱えている患者さんに
活用していましたが、その即効性には本当に驚きました。
臥床が長い方の腰痛はほとんど改善していったのです。


そしてその後約1年間「LE SALON GINZA」で股関節症の方の治療に携わり、
現在の「LE SALON GINZA plus」を立ち上げるに至ったわけです。


よく皆さんにも、
「じゃぁ、どうして独立されたんですか」と聞かれることもありますが、
私自身、ものすごい独立志向があったわけではないのです。


ただ、「皆さんのその歩き方を何とかしなければ…」という、
強い思いはありました。
痛みの根源がその特徴的な歩き方に潜んでいるのがわかっていたからこそ、
今取り掛からなくてはならないと、思えてならなかったのです。


このように考えるようになったのも
大学病院時代の影響が大きかったのでしょう。


常日頃から現在目の前に起こっている症状の原因を、
姿勢や歩行から問題点を抽出し、論理的な思考に基づき治療プログラム
を考案する、一連の「評価・分析」をする癖がついてしまっていたので、


「歩行に始まり歩行に終わる」という、
今現在の治療のプロセスも自然の流れだったのかも知れません。


そこで、歩行をしっかり診れる場所を確保する必要がありました。
最低でも10メートルは歩けるスペースが欲しかったのですが、
銀座界隈でこの条件に見合う物件を探すのには、
本当に苦労しました。


ようやく見つけたこの恵まれた環境の中で
皆さんのセラピーに携われることは、私の生きがいです。


やらなければならないと感じてやり始めたことが、
ある程度形になった今、
もう一つ取り組みたい課題があります。


これから少しずつ準備を進めていきたいと思っています。



ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ…



よつばのクローバーもっと知りたい股関節痛!!