【変形性股関節症】股関節セラピー ginzaplus 2014

 



新年明けましておめでとうございます。


さて2014年を迎えました。
いかがお過ごしでしょうか。
今年は昨年以上に期待膨らむ1年となりそうです。


変形性股関節症治療の明るい未来。
保存療法の魅力を存分に発信していきたいと思っています。
昨年と同じ気持ちで、丁寧な施術も心掛けてまいります。






突っ走りますよ!


まずは2月の講演会を皮切りに、
4月には基礎編、5月には応用編と分け、


手術を望まない方たち向けの運動教室を開催致します。
運動療法の基本中の基本を、皆さんと一緒に
身体を動かしながら確認していきたいと思っています。
ginzaplusでのこれまでの成果をもとに、
安全で効果的なトレーニング方法をご指導致します。






人間にとって欠かすことのできない立つ・歩く、
そして走れることの喜びを、再び味わいましょう!


充実した内容で皆さんのご参加をお待ちしております。
詳細につきましては、
追ってブログ等でご案内差し上げます。
※2月1日(土)の講演会は若干の空き枠があるようです。


また今後も月に1度の割合で大阪へ。
3ヶ月に一度のペースで名古屋。
それと半年に1回は必ず仙台を訪問致します。


少ない機会ではありますが、
医師に手術を勧められていなければ、ぜひお試し下さい。
また手術を言い渡されても、
“それなりの”改善は期待できるでしょう。


結局どちらの道を選ぶかは生き方次第。
整形医師を頼るか。理学療法士に任せてみるのか。
ご自身の決断に委ねられるのでしょう。
未手術 or 手術、常に客観的な判断をもとに、
ベストな治療方法をご提案させていただきます。


保存療法の強みは、
何より“その場で痛みを軽減できる”ことです。
整形外科では痛みをとってもらえない、
痛み止めの服用を避けたい、
とお望みならいつでもご相談下さい。



「股関節セラピー ginzaplus」を
今年もどうぞよろしくお願い致します。



 

Website (ホームページ)
Twitter
☎03-6252-9070(ご予約・お問い合わせ)

◆各地 出張セラピー
 予約フォームからお申し込み下さい。  
 大 阪:2014年 1月9日(木)〜13日(日)
 名古屋:2014年 2月6日(木)〜7日(金)
 仙 台:2014年5月頃を予定

◆早朝枠
 朝9時〜の早朝枠をご用意致しました。
 初めて、継続の方でも承れます。
 お電話、メールにてご相談下さい。

◆オーダーメイド・インソール(¥11500)
 正しいな姿勢、歩きの実践のために、
 インソールを作成しております。
 所要時間約30分程。セラピーとも併用可能です。
 事前にご相談下さい。

◆ポケットフィジオ
 持ち運びに便利な筋肉をほぐす道具のご紹介です。
 人肌に近い素材のため床でも滑りにくく、
 股関節周囲のマッサージに最適です。
 テニスボールでは使い勝手に苦労されていた方お勧めです。

  

◆予約状況
 毎月1日に翌月のご予約状況が確認いただけます。
 12月1日に来年1月の予約表をアップ致します。

◆【一般の方向け】勉強会のお知らせ
 朝日カルチャーセンター主催
 「股関節痛の予防と対策〜姿勢、歩き方にも着目して」
 日時:平成26年 2月 1日(土)午後1時〜 
 場所:神奈川県藤沢「藤沢ルミネプラザ9階」 
 お問い合わせ、お申し込みは、
 tel 0466-24-2255、またはこちらまでお願い致します。
 
  


にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ

【股関節セラピーginzaplus】夏季休暇のお知らせ


よつばのクローバー
おはようございます!


2013年8月4日(日)〜9日(金)まで
夏季休暇をいただいております。


◆ご予約申し込み

インターネットから行えます。

お申し込み後、
確認の自動返信メールが送付されなかった場合、
お手数ではございますが、再度お電話にてご確認ください。


◆お問い合わせ

数日以内に随時返信を行っております。


ご不便おかけ致しますが、
どうぞよろしくお願いたします。


股関節セラピー ginzaplus
佐藤正裕



ホームページ
☎03-6252-9070(ご予約・お問い合わせ)


◆各地 出張セラピー 

 現在ご予約受付中です。
予約フォームからお申し込み下さい。

  大 阪  :9月4日(水)〜9月6日(金)
  名古屋 : 未定
 仙 台 : 未定


◆【新規】 早朝枠

 朝9時30分〜  早朝枠をご用意致しました。
 初めての方、継続の方ご予約可能です。
 お電話、メールにてご相談下さい。
 

◆インソール作成のお知らせ

 正しい姿勢、歩きを意識するための新アイテム、
 股関節痛の方向けの【インソール】を作成しております。
 セラピーと併せて承れます。事前にご相談下さい。


◆セルフ・マッサージツール入荷のお知らせ

 ご自宅、職場、持ち運びに便利な小型のマッサージ道具、
 「ポケットフィジオ」に新色が登場しました。
  この機会にお試しください。                          
                          

◆銀座 御予約状況

 こちらの予約フォームからお申し込み下さい。
 10月の予約状況は、9月1日にアップ致します。

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ

【2013 股関節セラピー ginzaplus】

 
よつばのクローバー
おはようございます!


新年明けましておめでとうございます。
今年も一年どうぞよろしくお願い致します。


皆様は、どのようなお正月をお過ごしでしょうか。


私は昨年同様、
一般参賀に出かけ、
今年は昨年以上の人出に家族共々驚き、
その後両家の両親、親戚に挨拶、
今年の抱負を語り、
新たな決意を胸に2013年をスタートさせていただきました。


昨日4日から銀座でもセラピーが始まり、
ゆったりとした時間の中、
新規の方々、継続の方、
じっくりとお話しを伺いながら、
「股関節の動かし方」を確認してまいりました。


今年は、

「いかに楽にして、痛み、筋力を改善させるか」

これが、私のテーマです。


声を大にして申し上げると、
一部の専門家から反感をかってしまいそうですが、
皆さん、あれこれやり過ぎています。
※特に私のところへお越し下さる方は。。。


痛みの原因、問題の本質をしっかり捉えることができれば、
必然と取り組むべき運動内容も限定されてきます。


日頃やらなければならないエクササイズも、
1つや2つで十分です。
それも分かりやすいものがベストです。


もしそれを、
皆さんの担当の理学療法士や治療家の先生が
何種類もの運動を用意し、皆さんに運動指導するようであれば、
私はその眼をちょっと疑ってしまいます。


昨日も新しい方がおみえになり、
自宅でどのようなリハビリを行っているかお聞きしていましたが、
やはり、
書店で変形性股関節症の参考書を購入され、
一生懸命に、筋力トレーニングに励んでおられました。


保存療法=筋トレの時代はまだまだ続きます。


私がこれまでの皆さんとの関わりの中で、
特に大切だと感じているのは、


日頃、股関節に負担にかかるような運動、


床や椅子からの立ち上がり、
立った時の姿勢、
歩いているときの片脚への体重のかけ方など


体重の数倍の力が股関節へとかかる
これらの動作を“丁寧に”実践することです。


意外とできていない方が多いようです。
特に運動経験のある方や筋トレを励んで来られた方、
(言葉は悪いですが、)動きが“雑”になりがちです。


まずは、身近な日常生活動作、
御自身が分かりやすい運動課題からで十分です。
直ぐに効果を実感できるでしょう。


昨年同様、今年もまたこのブログを通じて、
毎日の発見を発信していきます。
やがて、股関節症への治療の主流が、
保存療法へと変わるその日まで。


既に保存療法の継続が長い方やベテランの方にも
こういう考え方もあるんだという納得のいただける深い内容で、
また何となく保存療法をはじめられた方にも
その内側を「日常動作」という側面から覗いていただき、
今後の生活の参考にしていただけるような内容に仕上げて行きます。


今年も引き続き変わらず、
ご支援ごのほど何卒よろしくお願い申し上げます。






◆出張セラピー 予定

大 阪 :平成25年2月13日(水)〜16日(土)を予定しております。
名古屋 :平成25年1月28日(月)もうひと枠空きがございます。


◆御予約状況

 こちらの予約フォームからお申し込み下さい。
 2月の予約状況は、来年1月1日にアップ致します。


にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ

【2012 股関節セラピー ginzaplus】


よつばのクローバー
おはようございます!


先日29日(土)に、本年全日程を無事に終了することができました。
今年も一年、大変お世話になりました。
多くの皆様にお会いできたことに感謝致します。


このブログは、
保存療法の可能性を知らせする唯一のツールです。
この一年間、閲覧数は3倍近くにも膨れ上がりました。
未だ手術一辺倒のこの領域にも、
着実に保存療法の認知度が広がりつつあるのを感じております。


本来ならば、
医療機関にて、解決されるべき症状です。
医師が傾聴し、理学療法士が真剣になれば、
変形性股関節症への進行、
余計な不安や心配は、確実に避けられます。



今年の目標は達成できたでしょうか」


毎回のセラピー時には、
インタビューを重ね、その後の経過をお聞きしておりますが、


◆趣味や好きなことに没頭できていますか??

◆歩行距離、時間は、延びましたでしょうか??

◆ご家族や御友人から歩き方を褒められるようになりましたか??

◆これまでできなかった動作が改善されていますか??


痛みの改善はもちろん、
その先の将来への備え、生活の質、その人らしさの追求こそ、
最も厳しく評価させていただいてるところです。


病院での保険診療とは異なります。
こうした効果を実感していただけなければ、
ここでの存在意義は無くなります。




「股関節痛の改善に必要なのは、テクニックの習得」


このブログでも何度も触れていますように、
股関節痛の改善への近道は、
テクニックを身に付けることです。


そのためにはまず、
股関節にとって
痛みを引き起こしそうな「危険な運動」と
筋力回復が期待できるような「安全な運動」への
理解が必要です。


それを遠回しに、
“筋力を付けましょう”と片付けられてしまうので、
出口の見えない終わりなき保存療法に
迷い込むことになるのです。


テクニックがあるかどうかは、
日常動作、
立つ座る、立った時、歩いたときの姿勢を診れば一目瞭然です。


テクニックなくして保存療法なし。
痛みの大本の原因を考えると、
本来、保存療法には、
特別な道具や時間など必要としないのです。



「保存療法には、卒業がある」


テクニックを身につけ、
股関節痛と上手に付き合えるようになった方は、
次第にセラピー期間を空けながら、やがて「卒業」を迎えます。


かつて私が取り組んでいた
ベッドに寝たままの依存的な治療介入では、
限界を与えていました。


「静」→「動」へ
現在のセラピースタイルに内容を変え、
皆さんの自分の力で治そうとする意識を
日常動作に転換することで、
股関節症を克服することだって夢ではありません。


今年も10名程の卒業生を送り出すことができました。
痛みを上手にコントロールされ、
好きな趣味活動、スポーツに打ち込んでおられます。


そして私もまた、
新規の方を迎い入れる準備が整います。


股関節セラピーをはじめたからには、
誰にだって「卒業」という選択が待ち受けているのです。



「努力は裏切らない」


私は病院勤務を辞め、
開業した翌年から、トライアスロンをはじめました。


これまでも沢山のスポーツに揉まれてきましたが、
その多くがチームスポーツ。
トライアスロンは、それとは違って、
個人の努力が結果となって現われるスポーツです。


40代、50代といった、
他のスポーツでは旬を越えた世代の選手が、
メキメキと力をつけ、記録を残しています。
それだけに魅力を感じるのです。


仕事の時間は好きですし、家族ももちろん大切です。
日頃、なかなかトレーニングに時間を費やすことはできませんが、
通勤中や普段の仕事中の動作には、とても気を使っています。


保存療法もやはり同じところがあるように思えます。
忙しい現代社会では、仕事や家事、育児、
トレーニングの時間を見つけるのも大変でしょう。
それでも、
日々のちょっとした努力や意識の積み重ねこそが実を結ぶのです。


運動が苦手な方でも、
新しいものを受け入れる受容力、
そして素直な気持ちさえあれば、
保存療法でも、予想を超える以上の効果を期待できます。


2012 トライアスロン横浜大会


今年は色々なチャンスが巡ってきた一年でもありました。
私にとってはある意味
“本当にやりたいこと”を試される一年でもありました。
多少の山や谷があっても、独り黙々と皆様の症状に向き合うことで、
昨年よりも今年、多くの皆様からの「出会えて良かった」に支えられ、
充実した日々が送れています。


沢山のお誘いもあり、
残念ながら御断りした案件もいくつかありましたが、
また時期が来れば前向きに検討させていただきます。
多方面からもお声かけいただきまして誠にありがとうございます。


今年最後のブログです。


私も皆様も、常に前進しなければなりません。
情報は溢れていますが、
結局、決断するのは自分だけです。
良くも悪くも本人次第で環境も全て変わるのです。


来年もまたお越し下さる方の人生に、
新たな発見をもたらすことができますよう、
人一倍努力を惜しまず、精進していきたいと思っております。
そして、私も含め皆様が
保存療法を楽しめる一年にしたいと思います。


では、年始は4日(金)から銀座でお待ちしております。
それでは、良いお年をお迎えください。
来年は今年よりも充実した一年にしましょう!






◆出張セラピー 予定

大 阪 :平成25年2月13日(水)〜16日(土)を予定しております。
名古屋 :平成25年1月28日(月)もうひと枠空きがございます。


◆御予約状況

 こちらの予約フォームからお申し込み下さい。
 2月の予約状況は、来年1月1日にアップ致します。


にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ

その人らしさを追求する!!

    
よつばのクローバー
おはようございます!


“まだ動ける!もっと動ける!”
変形性股関節症の保存療法の基盤として
私が考えていることです。
従来の“かばう。大事に使おう”ではありません。


筋力が付けば動ける?? 
杖を使えば確かに動ける範囲は広がりますが、
それを何年も続け、
マイナスの要因(骨盤の歪み、脚の太さの左右差、可動域の問題など)
に悩まされている方たちを拝見しています。


変形性股関節症との診断を受けた方、
股関節痛を抱えた方は、活動量を制限しがちです。


無理もありません。
病院での診察時にレントゲン写真を目の前にして、
「骨が崩れる」、「いずれ歩けなくなる」などの言葉を耳にすれば、
当然活動量は落ちるでしょう。
またネット上でもこうした不安をあおるような情報が溢れています。


これでは、動くことへの怖さが優先されてしまい、
ますます活動の幅は狭まり、
普段の生活の中では、
かばうような動作がいつの間にか身に付いてしまい、
二次的な痛み可動域制限筋力低下を引き起こしやすくなるのです。
負の連鎖のはじまりです。


保存療法では、
こうした症状を早い段階で食い止め、
「こうして動けば痛くないんだ」
「これだと楽に動ける」
といった意識改革、
その方に合った正しい感覚の積み重ねが重要になってきます。


かつての私も股関節痛の改善に、
筋肉をほぐすことだけに執着していた時代もありましたが、
しかし、これだけでは、
なかなか“その先の山”は越えられないようです。

「動き、活動」を考えた場合、
やはり、股関節症特有の「動き方」そのものに直接介入し、
修正していくことが必要になってきます。


「その人らしさの追求」
保存療法という分野から股関節痛を専門に携わり始めて、
私が掲げる大きなテーマです。


スポーツを続けたい方には、継続できるような関わり方を…。
ヒールの靴を履きたい方には、
できるだけその希望に近づけるように…。
旅行が好きな方には、
長距離が歩けるようになるためのご指導をしながら…。


治療に携わる側が介入手段を限定してしまっては、
その方の改善の伸び代を阻む結果に繋がります。


確かに時間がかかり、根治が難しいケースもあるのですが、
特殊な症状をもち合わせていない限り、
少しずつ緩やかに変化を示していくものです。


これまでできなかった動作が楽に出来るようになってきた方。
日常生活の中で、
股関節への負担を軽減し、
筋肉を上手に働かせている証拠ですよ!
その調子で自分らしい人生を新たに歩み始めましょう!







ホームページは
こちらから…


■「股関節セミナー 2011秋」
 追加募集のお知らせです。
 ご希望の方は、こちらをご覧になられましてお申し込み下さい。
 どうぞ宜しくお願い致します。
 

■「11月大阪出張セラピー」
 平成23年11月10日(木)午後12時〜 空きがございます。
 ご希望の方は、
こちらからメールもしくは、
 ☎03-6252-9070にてお申し込み下さい。

 11月の大阪出張セラピーは、
 定員に達しましたので、募集を締め切らせていただきました。
 次回は12月を予定しております。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 骨・関節・筋肉の病気へ 

お役立ち情報が見つかりましたら、
応援クリックをお願い致します!