【女子SPA!】ご紹介いただきました

 

厚生労働省の調べによると、健康寿命を縮める第1位が「関節疾患」。

 

日本人はとにかく股関節を上手く使えていません。

 

 

その証拠に、おしりエクボが作れない人たちがほとんど。

 

からだの中心でもある股関節が十分に機能していないので、

上下の関節でもある腰や膝へ負担をかけるのです。

(=腰椎関連疾患、ひざ関節症の大元の原因)

 

便利になりゆく世の中。

日本人特有の生活習慣や加齢に伴う影響から、

股関節はますます衰えるばかり。

 

開脚なんてできなくても大丈夫!

 

但ししゃがんで立つ力。

まっすぐにからだを保てる筋力だけは、確保しておきましょう。

 

「女子SPA!」で再度取り上げていただきました。

 

ご高齢のかたはもちろんですが、

今の若い世代のかたにも取り組んでいただきたいですね。

 

家族や身内に頼らない、

一生歩ける足腰を作るためにも日々の鍛錬が大切です。

 

参考にしていただければと思います。

 

 

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)

お問い合わせご予約

☎03-6228-6058

ホームページ https://ginzaplus.com/jp/

【女性自身】ご紹介いただきました

 

先週発売の「女性自身」

冷え対策として股関節の体操(おしりエクボ体操)をご紹介いただきました。

 

 

変形性股関節症の保存療法を実践することで、

痛みの改善や運動機能の回復以外にも、

日常身の回りの不調の解消にも役立つことが分かってきました。

 

特に現代人は、生活習慣や加齢から股関節を十分に使えなくなっています。

 

股関節は人間の土台となる要の関節です。

股関節がしっかり働いてくれなくなれば、血液やリンパの流れが滞るのは当然といえば当然です。

 

これから寒くなる季節に備えて、からだの内部から整えておきましょう!

 

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)

お問い合わせご予約

☎03-6228-6058

ホームページ https://ginzaplus.com/jp/

【プリンセス駅伝】股関節唇損傷から復活

 

昨日開催された実業団全日本女子駅伝予選会「プリンセス駅伝」で見事復活。

 

一度は医療機関で股関節唇損傷を診断され、競技人生をも脅かされましたが、

保存療法で痛みは改善、一年後には大舞台での素晴らしい活躍をみせてくれました。

 

 

股関節唇損傷は、特にアスリートに対する股関節痛の原因として(日本では)診断されることが多いようですが、

診断・治療技術の未熟さから、手術をしても競技復帰できない、

複数回の手術を迫られる、

場合によっては、人工関節を余儀なくされる例まであるほどです。

 

外傷ではないスポーツ系の股関節の痛みは、保存療法が著効します。

マラソンシーズンへ向けて、股関節に何らかの不具合があればぜひ一度ご相談下さい。

 

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)

お問い合わせご予約

☎03-6228-6058

ホームページ https://ginzaplus.com/jp/

 

【TBS「ビビット」】出演させていただきました

 

TBSテレビ「ビビット」に出演させていただきます。

 

今回のテーマは「ぽっこりお腹」でした。

股関節と姿勢への影響、股関節を衰えさせる日常動作についてご説明させていただきました

 

 

股関節がしっかり働けるようになると、

これまで使っていなかった筋肉が働けるようになることで、

姿勢が良くなり、ぽっこりお腹の改善に役立ちます。

 

今回はお迎えの銀座医院の齋藤先生にもご協力をいただきました。

ありがとうございました!

 

姿勢の改善に、股関節の働きが重要であることが、

ひとりでも多くの方に伝われば、幸いです。

 

増田さんはバッチリ!太一さんはちょっと辛そうでしたね、苦笑

 

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)

お問い合わせご予約

☎03-6228-6058

ホームページ http://ginzaplus.com/jp/

 

【NHK「ごごナマ」】出演させていただきました

 

先ほどNHK「ごごナマ」に生出演させていただきました。

 

100歳まで歩こう!をテーマに、股関節の視点から問題点をご指摘させていただきました。

 

 

ご高齢になられると、決まって足を開き、膝や腰を曲げて歩くようになります。

床にしゃがめず、階段動作も避けるように。

こうした事態に陥らないためには、早い段階からの股関節へのケアが必要です。

 

レミさん、大石さん、美保純さんもしっかりおしりエクボ体操を行えていましたね。

特に船越さんと円楽さんのおしりエクボ、見事でした!

 

おしりエクボが作れないのは、老化の表れでもあります。

いつまでも若々しい姿勢、身のこなしを維持するためには、股関節への意識は欠かせません。

日々の積み重ねが、何より大切です。

 

参考にしていただけましたら、幸いです。

 

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)

お問い合わせご予約

☎03-6228-6058

ホームページ http://ginzaplus.com/jp/