【予約】12月

 

おはようございます、急に気温が下がりましたね。

 

先日お越しくださっていた方から、「いつもブログ読むの楽しみにしていたのに...」と、残念そうにいわれてしまいました..。コロナの頃と違って(今もコロナですが...)、忙しさを理由についついサボりがちでしたね、スミマセン。反省です...。そうですね、皆さんにとりましては、何気ない表現もきっと痛みの解決や励みにもなるでしょうから、これからも続けてまいります。

 

さて、気温が下がり寒くなると、書籍の売れ行きは良くなり、ご相談いただくケースが例年増えます。

まさに「季節性の股関節痛」ですね。

 

 

コロナでの自粛生活も相まって、動かさなくなったことで、股関節に直撃するのでしょう。

 

まずはホカロン、入浴、寝具などで適度に「外から」保温を心がけましょう。

そして、最終的には、身体の芯「内から」もポカポカに温められるようになる身体作りが大切ですね。つまりは、筋肉たちの発動、活躍してもらわなければなりません。

 

何もバーベル上げたり、ジムへも行かなくて結構。※お好きな方は利用して下さいね。

ただ、自分の体重だけは持ち上げられる筋肉を常に、維持しておきましょう。

立ち姿勢、歩き、しゃがみ動作、階段などなど。

日常動作は最低限、問題なくできるように。

 

歩かなくなると、人間歩けなくなりますから。歩きのテンポ、リズムを忘れて変な格好で歩かないように、です。

 

ginzaplusへ以前に通われていた方、または、初めての方でも、股関節まわりに痛みや違和感を感じれば、できるだけお早めにご相談下さい。何となくかばって、知識も曖昧なまま動きはじめると、思わぬ方向へと“身体が完成”してしまいます。脚の長さが違う、あぐらがかけなくなった...これらは股関節症が進行した象徴です。そうならないための早めの対応がとにかく大切なんです。

 

毎日施術が立て込んでおり、電話対応が難しいこともありますが、こちらメールからお問い合わいただけましたら、確実にご返答可能です。お待たせし申し訳ございません、できるだけ最短で拝見できますよう調整させていただきます。

 

 

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)

お問い合わせご予約

☎03-6228-6058

ホームページ https://ginzaplus.com/jp

コメント