【変形性股関節症】疲れにくい歩き方

 

場所が変わればやり方も異なるように、保存療法にも、様々に取り組みがあるように思えます。

 

私が、皆さんの「歩き方」を重要視するようになったのは、大学病院時代順天堂医院での経験がきっかけです。

 

初めて受け持った変形性股関節症、人工関節手術後の患者さんを、先輩の同じ理学療法士の前で、退院前の最後のプレゼンを行なった際に「お前、これで帰す気か?」、厳しい指摘を受けたのが、きっかけでした。その方は、まだ杖を使っていて、多少ですが、跛行が残っていました。これが、気に入らなかったようでした。私にとっては、この経験がなければ、歩きはもちろん、トータルで人の身体を診ることなどなかったと思います。

 

学生時代の解剖自習を思い出すのですが、人間の身体というのは、複雑ではあるけれど、やはり、合理的に作られていて、歩きの原点でもある股関節には、大小それぞれの役割を担った、筋肉が幾重にも重なりあって、骨を正しく動かすように創られています。そして、末端にいくほど、筋肉も細かく、小さくなっていくのです。

 

 

先日のテレカウンセリング。言葉で説明するのは、とても難しいのですが、オンライントレーニングと活用しながら、少しでもイメージを膨らませ、更なる進化へと繋がれば、とても嬉しいですね。

 

正しい歩きの獲得も、試行錯誤の連続です。ただ、一言いえることは、興味を持ち続け、同じ動作でも繰り返し練習できる意欲さえあれば、必ず、何かしらの効果を実感いただけるということでしょう。股関節周りの筋肉を活性化することで、関節が安定し、身体が一体となった運動を可能にしてくれます。

 

歩きやすく、疲れにくい歩き方には、それなりに特徴があるはずです。股関節からめいいっぱい体重を吸収し、振り出し、次への運動へと切り替えてゆく。足先だけの運動で前に進もうとすると、足裏のタコや外反母趾になどに悩まされるようになります。ポイントは、末端ではなく身体の中心。つまりは、股関節こそが効率的に動くための原点ということです。

 

 

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)

お問い合わせご予約

☎03-6228-6058

ホームページ https://ginzaplus.com/jp

 

コメント