【ginzapus】未病

 

私は、様々な角度から「股関節」を眺めています。

 

専門とする変形性股関節症と【病気】という側面からの股関節。

また趣味で行うトライアスロン、【スポーツ・アスリート】に対しての股関節。

それと、最後に【未病】、一生歩けるために必要な股関節。

 

特に、最後の未病、一般健常者に向けへの股関節の重要性は、日本では、あまり知られていないように思われます。2015年の厚労省の発表では、寝たきり要因の第一位が関節疾患、主に変形性の関節症や転倒など整形外科領域がその対象に当てはまります。股関節は、移動機能においても、最も活躍してもらいたい関節であるのに、日本人の立ち方・歩き方をみていても、十分にその役割が果たせていないのが実情です。今、健康だと感じている方たちも、要注意です。将来、何かの拍子に歩けない、なんてことに至らないためにも、しっかり今のうちから股関節の存在を知り、鍛え方を知っておく必要があるでしょう。

 

今回、新たにいただいたお仕事も、まさに「未病」における股関節について。

 

 

・股関節をしっかり使えているかどうかは、まずは、パッと見た目で脚のラインが真っ直ぐであるか、どうか。

・あぐらをかくような柔軟性が保てているのか、どうか。

・ボテっとしたお尻ではなく、奥行きのあるお尻の筋肉が備わっているのか、どうか。

・上下・左右の重心移動にも耐えられるバランス感覚があるか、どうか。

 

などなど、色々とチェックするポイントが出てきますね。

 

各種メディアを通じても、股関節となると、日本では、変形性股関節症もアスリートも、また健常者向けも、全て同じように情報発信がなされているように思われます。解釈の仕方次第ではありますが、やはり、最も重要課題を先に上げ、それに積み重ねるように、ご自身のニーズに合った難易度の高いメニューを取り入れていけると、パフォーマンスの向上はもちろん怪我の予防になったり、身体への理解度が一層深まりそうですね。

 

さて今日もこれから皇居で朝練です。

バイクの際の、股関節。ランでの、股関節。同じ股関節でも、やっぱり、意識のポイントが違うんですね。

今日も暑いです、皆さんも体調管理にだけはくれぐれもお気をつけ下さい!

 

 

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)

お問い合わせご予約

☎03-6228-6058

ホームページ https://ginzaplus.com/jp

 

 

コメント