【変形性股関節症】4年間

 

痛みとの生活も長くなれば、それだけ改善に要する時間も長くなるのが、一般的です。

 

但し、どういった経緯で痛みを抱えるようになったかで、一発逆転の可能性も現れるのです。

 

こちらの方の場合は、4年間という年月ではありましたが、痛みの原因は、日常の草むしりや家庭菜園。さらには、親御さんの介護など、まさに股関節に負担になるような動作の数々ですね。

 

医療機関では、股関節唇損傷との診断を受け、ショックを受けていたようでした。様々な治療も経験され、いつの間にか、軸足も反対側に変わり「変なところに筋肉が付いてきた」、と心配されて、今回の出張施術に参加されました。

 

 

4年間というと、身体の問題だけではなく、精神的、メンタルの影響も心配されましたが、元々明るい性格でいらっしゃるのか、運動への受け入れや理解も早く、この状態でしたら数回の施術ですっかり痛みは解消できるであろうと予測されました。もちろん、出張施術に参加される前に、書籍もお読みいただいて、ある程度イメージトレーニングができていたのも、効果を引き出せたものと思われます。

 

痛みも、長い期間に渡り共存してくると、いつの間にか精神的な要素がメインを占め、やる気が起こらなかったり、色々なことを理由に運動に取り組めなかったり、マイナス因子を引きつけることで、改善を阻む原因が次々に湧き出てきます。

 

しかしそれでも、ご本人が「再び良くなりたい」、「自分の力でもっと改善させたい」との気持ちさえあれば、間違いなく保存療法はその望みを叶えてくれるはずです。

 

 

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)

お問い合わせご予約

☎03-6228-6058

ホームページ https://ginzaplus.com/jp

 

コメント