【変形性股関節症】美容

 

昨日は銀座での仕事を終えた後、70を過ぎた母の元へ顔を出してきました。

いまだに現役で教壇に立っています。マスクをしてしゃべると5分もすると息苦しくて大変だと。それでも学生への資料作りに追われている様子はすごいなぁと関心。どこから、そのエネルギーは生まれてくるの?仕事への情熱、学ばせてもらっています。

 

さて、今日は美容について。

 

股関節を鍛えると、痩せる?綺麗になる?

もちろん、股関節は人間の土台となる関節ですから、股関節をケアして過ごせば、何が起こってもおかしくありません。

 

ただ、私が、一番大切と思っているのは、股関節を正しく使えるようににすると「脚が真っ直ぐになる」ことです。

 

最近、若い女性でも、膝下がたわんでいたり、膝と膝がくっつかない、要は、脚が真っ直ぐではない方が多いように思います。職業柄、お洒落な服をまとうのも良いですが、やはり、骨格がしっかりしてないと、きれいな洋服も台無しだなぁと思ってしまいます。

 

脚が真っ直ぐでない、ということは、それだけ、筋肉の分布もマチマチになっており、関節が関節として機能しなくなります。無理に動かしたり、体重をかければ、関節は壊れ関節症へと進行するのです。

 

 

変形性股関節症と診断された皆さんも、O脚になったりX脚になったり、膝同士がくっつかない方が多いですね。

 

皆さん、脚の付け根は股関節ですよ!

そんなに難しいことではなく、眠っているおしりの奥の股関節の筋肉を活性化させれば、脚は真っ直ぐになり、見た目も綺麗。それだけ、筋肉も関節も正しく働けるようになるので、将来、歩けない、なんてことは起こらなくなります。

 

日本人は、どうしても、和式の生活スタイルが根底にあり、脚を広げるのははしたない、なんて文化が根付くので仕方がないのですが、変形性股関節症と診断されたからには、痛みの克服はもちろん、さらに「美」の追及まで目指したいですね。

 

 

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)

お問い合わせご予約

☎03-6228-6058

ホームページ https://ginzaplus.com/jp

コメント