【変形性股関節症】亜脱臼

 

本日から都道府県をまたぐ移動が緩和されますね。

さっそく昨日は金沢からお電話をいただきました。本に出会って約1年、コツコツ体操を継続してきましたが、一度実際に施術を受けてみたい、とのご希望です。銀座も予約がいっぱいでしたが、再来週に予備枠を一つ空けられそうでしたので、この時に、お会いすることを約束しました。変形性股関節症という病気は、命には関わらなくとも、移動能力が損なわれます。人生を豊かにするためにも、ちょっとでも気になれば早めにご相談下さい。スケジュールも調整させていただきます。

 

 

さて、今日は「歩き方」について。

股関節症の皆さんにとっては、おそらく最大のテーマでしょう。

 

ginzaplusでも施術の一環として、歩き方は、必ず前後で確認するようにしています。

といいますのも、痛みがとれて動けるようになっても、歩きに不具合を抱えていると、見た目や容姿、精神面にも影響をもたらすことがあるからです。

 

今回の大阪でも、特別リクエストで歩き方の指導をご希望されている方が多くいらっしゃいますね。

 

 

脚長差がある場合には、これは、手術によって生じた脚の長さの差なのか、または、自己流の保存療法によって生じたものなのか、確認してみる必要があるでしょう。つまりは、医療者のミス、か、ご自身の不注意かのどちらかに当てはまります。

 

例えば、保存療法で生じる場合には、多くは「亜脱臼」が原因です。

大腿骨の骨頭といわれるボール状の骨が、骨盤の臼蓋といわれる受け皿から滑り落ちてしまって、関節自体が噛み合わない状態が生まれます。位置関係が悪くなった状態で、体重をかけると、骨頭が骨盤側にのめり込んできて、脚が短くなります。

 

普段から、骨頭の中心を臼蓋の中におさめる意識が必要ですが、痛みを抱えるようになると、怖くなって変にかばうので、徐々に関節が関節として働かず、単なる“突っ張り棒”のような存在に移り変わってしまいます。

 

そうならないために早めの対応が必要ですが、そうなってしまってからでも、身体の使い方やインソールを組み合わせることで、本来の関節の働きを取り戻すことも可能です。

 

保存療法を選択したのなら、絶対に、亜脱臼はさせないこと。これは、保存療法を成功に終わらせるための、重要なポイントです。

 

 

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)

お問い合わせご予約

☎03-6228-6058

ホームページ https://ginzaplus.com/jp

 

 

コメント