【変形性股関節症】爪切り

 

忘れられる存在。

 

手術にしても未手術にしても、過去の股関節とのトラブルな関係を、忘れ去られる程の存在になれば、股関節の治療選択も成功だったといえるでしょう。

 

そのためには、保存療法の場合には、極力「可動域制限」を残さないことが大切です。

 

 

この方の担当の先生は、安静派の先生、しかも、ご本人の趣味は「茶道」。かばうのが当たり前の生活となり、瞬く間に、股関節の可動範囲は狭くなり、あぐらをかくような動きは、全くできなくなってしまいました。

 

保存療法も、順番が大切です。10年、20年と良好な成績を収めるためには、ご自身の可動域を最適に保つ必要があります。それが、皆さんへ伝えられる第一印象で、将来設計もガラリと変わるので、自己流でしのいできた場合には、手術を避けられないケースもあるでしょう。

 

皆さんの可動域と筋力低下は一致します。これは、健常者も同様で、関節の動きが狭くなれば、それだけ動かさなくなるので、筋力低下は必至です。そうならないためには、何を、どうして取り組んでゆけば良いのか。

 

爪切りはどう行えば、良いのか...。

 

実は、こんな些細なことが、その後の将来に重くのしかかるのです。ただ、早めに確認できていれば、安心です。ぜひ、専門家の意見を参考に、将来に後遺症を残さない、正しい保存療法を実践していただきたいですね。

 

 

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)

お問い合わせご予約

☎03-6228-6058

ホームページ https://ginzaplus.com/jp

 

 

 

 

コメント