【股関節唇損傷】トリミング

 

コロナの期間だから、手術に踏み切った方。

コロナの期間だから、逆に、手術の決断を思いとどまった方、様々いらっしゃいますね。

 

股関節の手術にも色々な手法がありますが、あまり前例がないものには、注意を払った方が良さそうです。

 

例えば海外の研究報告では、膝で盛んに行われる半月板や前十字靭帯損傷の手術後では、変形性関節症に移行する例が多くあります。また日本でも、股関節唇損傷の手術後に悪化し、人工関節を余儀なくされる例も依然として増えています。

 

 

 

こちらの方の場合は、結局、一度の施術で可動域は広がり、痛みも軽減されています。「股関節」とは「骨」の問題だと思っていたようでしたが、施術を受けながら、骨ではなくそこには「筋肉」があることを感じ、ピンと閃いたようでした。

 

いかなる外科的な処置にも、まずは、保存的に施術を加えてみて、身体がどう変化するか、あるいは、自分の痛みへの捉え方がどう変わったか、ご自身で確認してみる必要があるでしょう。

 

 

※大阪出張施術へ参加される皆さまへは、本日から最終確認メールを順次お送りしております。今一度ご確認下さいますようお願いいたします。

 

 

 

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)

お問い合わせご予約

☎03-6228-6058

ホームページ https://ginzaplus.com/jp

 

コメント