【股関節痛】股関節鏡

 

昨日も大阪の方からありがたいメッセージを頂きました、ちゃんと目を通していますからね、笑 この仕事を続けていて良かったと思える瞬間です。

 

さて、股関節痛を抱えると、

症状の軽い場合に「股関節唇損傷」と診断を受けることがあります。

 

レントゲン上、あまり大きな変化が認められない、でも痛みを訴えていると、さらに精密検査が必要とのことで、MRIやタイトルにもあるような「股関節鏡」を使って調べましょう、なんて展開になることもあります。

 

 

ただ、できれば余計な検査や手術もなく改善させたいところです。

といいますのも、やはり、関節鏡の検査をしてから痛くなった、また、手術後にそれぞれの社会活動に参加できなくなった、こんなことが実際には起こるからです。

 

コロナ対策もあり現在銀座での予約枠も一杯ではありますが、来週早々予備枠をいくつかオープンにしております。先着順ではございますが、早急に施術が必要なようでしたら、ぜひご相談下さい。また遠隔からのリモートによるテレカウンセリング 、セカンドオピニオンも受け付けております。

 

痛みも、不安や心配、情緒不安定な状態から徐々に悪化していきます。現状を正確に把握して、速やかに解消しておきたいところですね。

 

 

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)

お問い合わせご予約

☎03-6228-6058

ホームページ https://ginzaplus.com/jp

 

 

 

コメント