【変形性股関節症】テニスボール

 

昨日お越しいただいたのは、80代の女性です。

初めてginzaplusへみえたのは、ちょうど4ヶ月前。テレビ出演がきっかけでした。その後、毎月通って下さっていましたが、ようやく、セルフケアのポイントが掴めたようです。粘った結果ですね、良かったです!

 

いつも感じるのは、皆さんの「治すんだ!」という強い想い。そこには年齢など関係なく、前向きに取り組めれば自ずと結果はついてきます。まさに努力の成果ですね。

 

さて、大阪の皆さんも頑張って下さっています。大阪出張へはまだ先のように感じていますが、こうしてセルフケアを重ねて、自信を付けて下さっている姿は、私にとっても励みになります。ありがとうございます!

 

 

コロナ期間のみの特別セールも、今月末で一旦終了とさせていただきます。

北は北海道・帯広から南は沖縄・石垣島まで、多くの方にご利用いただきました。ぜひ自主トレのおともに活用していただければと思います。

 

tripodは、先の尖った箇所で、股関節周囲のインナーマッスル、奥の筋肉に働きかけることができるため有効ですが、初心者の方は、テニスボールなどでも結構です。表面から少しずつ緩めることで、痛みは軽減されていきます。ちなみに、昨日お越し下さったは、「手拭い」がちょうど良い硬さとのことでした。患部の筋肉の場所によって、好みの硬さもわかれるでしょうから、自分に合った心地良いものを探しましょう!

※ちなみに私の場合は、前のそけいのラインは黄色、横の中殿筋は青、後ろのお尻ホッペは赤といった感じで、筋肉の「厚さ」により使い分けています、参考までに。

 

それと、もう一つ大切なことは、筋肉はほぐしたら、必ず、正しい使い方を筋肉にも教え込んで下さいね。ほぐしっぱなしはもってのほか。こちらの方のように、立って歩くなど、日常動作レベルで十分ですので、正しく使う機会を設けましょう。そうすることで、筋肉は常に良い緊張状態を保ち、コリの再発を防げますからね。持続効果に差をつけたい方には、お勧めです♪

 

 

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)

お問い合わせご予約

☎03-6228-6058

ホームページ https://ginzaplus.com/jp

コメント