【テレカウンセリング】ビデオ通話

 

移動は常に車です。公共交通機関を利用することは、この3ヶ月、全くなくなりました。

一昨日は都内の感染者数も大幅に減少しました。ホッと気が緩みそうですが、引き続き、感染拡大の予防に向け努力をしていきたいですね。実は、私の妹は大学病院に勤めています。最前線で直接対応にあたる医療従事者の皆さんには本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

私のような医療従事者は、直接お役に立てるわけではありませんが、少しでも医療機関の負担の軽減に貢献できればと思っています。そのためには、医療機関にかかる患者さんの数を減らすことです。股関節に違和感や痛みがあると、容易に整形外科へ行きがちです。しかし、多くの症状は、病院まで行かなくても解決できます。初期時の対応さえ遅れなければ手術は回避できるのです。

 

先週より開始させていただきました、テレカウンセリング。

皆さんからのご要望も多く、改めてニーズの高さを感じております。

 

 

恥ずかしながら、私も、今回のこの状況を経験するまでは、ビデオ通話など利用することすらありませんでした。皮肉にもこの新型コロナウイルスのこの影響のおかげで、Zoom、Whereby, LINE, Skypeなども使い分けられるようになり、快適さと便利さを痛感しております。何事も経験ですね、笑

 

今までとは、明らかに状況は変わりました。ginzaplusも世の中の流れに柔軟に対応していくことが求められています。ただ、これは表現を変えれば、本来の股関節痛治療の在り方を広げるチャンスとも捉えられるでしょう。世界の変形性関節症学会、OARSIが提唱してるように「無駄な医療を行わない」「医師へ患者さんを集中させない」「余計な投薬や検査、手術を減らす」など、手術に至らずに済む方法を、広く、多くの方に知っていただきたいと思っています。

 

 

 

※外出が困難な方向けに「テレカウンセリング(ビデオ通話)」をはじめました。症状に関する不安や心配なこと、家族の体調管理などお気軽にご相談下さい。Zoom、Whereby, LINE, Skype、電話通話、お使いの携帯電話やパソコンからご利用いただけます。

 

 

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)

お問い合わせご予約

☎03-6228-6058

ホームページ https://ginzaplus.com/jp

 

 

 

コメント