【変形性股関節症】あまり手術は受けたくないものです

 

本日の政府からの発表に注目したいですが、緊急事態宣言は今月末までの延長で決定しそうですね。先が見えたようで明るい気持ちになりますが、引き続き、感染予防対策を実施しながら、運営管理を行なってまいります。もう少しの辛抱です!

 

さて連休中は、大学病院時代の仲間と情報交換しながら、現在の病院の状況も伺っておりました。新型コロナウイルスの影響が各分野に広がり、外来の患者数や手術件数にまで現れているようです。久しぶりに整形診療部のサイトも覗いてみましたが、10年経った今でも当時の診療指針が記されていました。私はここで、整形ドクターたちの働きぶりに触れなければ、保存療法の道を志そうとは思わなかったでしょう。

 

https://www.juntendo.ac.jp/hospital/clinic/seikei/about/disease/kanja02_02.html

 

整形外科の善し悪しの判断は、一般的に、手術件数で競われる傾向がありますが、「変形性関節症」に限ってはそうではありません。手術実績数よりも、むしろ、手術以外の方法で経過を追えたかどうかが重要です。

 

日本では「痛み」と「病気」が混在して扱われてしまっています。これは、大きな間違いです。本来は、ご本人や家族の希望など“ソフト面”にも配慮した診療が行われるべきです。その中で、適切な手術のタイミングを示唆できるのが、この分野の真のエキスパートでしょう。

 

 

※ginzaplusへお越しいただけない方たちを対象に「テレカウンセリング(ビデオ通話)」をはじめました。症状に関する不安や心配なこと、家族の体調管理などお気軽にご相談下さい。Zoom、Whereby, LINE, Skype、電話通話、お使いの携帯電話やパソコンからご利用いただけます。

 

 

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)

お問い合わせご予約

☎03-6228-6058

ホームページ https://ginzaplus.com/jp

 

コメント