【変形性股関節症】自分で治そう  

 

先週くらいから寒暖差が大きい日々が続いておりますが、皆さんは、体調は崩されてませんでしょうか。今日からは天気も安定しそうですので、食事と睡眠、そして適度な運動で免疫力をつけ、この時期を乗り越えていきましょう!

 

さて、今日も股関節の話題についてです。

「変形性股関節症の痛みは、ほぼ9割、自分の力で治せます」

 

海外の専門家が訴えているのは、「受け身」 →  「自発」 への切り替えの素早さ、です。痛みが強い時期には、しっかり時間をかけ痛みの軽減に努めます。一方で、痛みの軽減に併せて、徐々に運動へと切り替えられるかどうか、ここが、保存療法での勝敗の分かれ目と考えています。

 

仕事環境、家庭の事情など皆さんそれぞれに状況は異なりますが、それでも上手に時間を使え、自発的に身体を動かす機会が増えてくると、たとえ、手術との宣告であっても、安定した経過を迎えられるようになります。

 

もうかれこれ10年以上のお付き合いでしょうか。この方もまさに鍼治療にどっぷり100%「受け身」の治療で克服を目指してきましたが、10年前からはginzaplusでの治療概念をブレンドさせ、新たなオプションを加えることで、今は順調に回復されています。

 

 

 

成功の秘訣は、やはり、ご近所の環境を最大限に活用できたことでしょう。

痛み治療と併用し、海辺をノルディックポールを使用し散歩したり、温浴施設でのエクササイズ、さらに体操教室の利用など、痛みの軽減に合わせ、症状に合った動くチャンスを作れたことが、最大の勝因です。

 

ウォーキング、体操教室、ヨガ、ピラティスなど、何でも結構です。ご興味のある「運動課題」からはじめ、生活の中に溶け込ませていきましょう。ひとつ達成できたなのなら、また別の運動課題にも挑戦しながら、動きのバリエーションも与えましょう。

 

これも大丈夫!あ、あれも大丈夫!と、運動課題を次々に克服できるようになると、自然と怖さはなくなり自信がつき、脳から痛みが忘れさられます。

 

皆さんの身体には、それぞれに良くなる可能性を秘めています。ほぼ9割、ご自身の力で完治できるはずです。しかし、過保護になり、あまりにも大事にし過ぎてしまうと、かえって回復のチャンスを逃してしまいます。ご自身の可能性にバリアーを作っているのは、自分自身かも知れません。タイミングを見計らい「受け身」から「自発」へと切り替えられるかどうか。

 

「自分で治す」とは、こうした方向性を指すものと思われます。

 

 

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)

お問い合わせご予約

☎03-6228-6058

ホームページ https://ginzaplus.com/jp

 

コメント