【変形性股関節症】運動療法の可能性

 

変形性股関節症の治療の第一優先は、運動療法です。

関節を動かしてみて、楽になる、痛みが軽減されるなど、改善の兆候があれば、今すぐに手術を考える必要もないでしょう。

 

 

脚長差があるようなBタイプの方では、歩き方にはちょっとした工夫が必要です。そのためには、普段の立ち姿勢がとても大切。脚長差があっても、将来杖要らずの歩きの実現を目指す上では、どんな配慮が必要なのか。基本的な事柄は、書籍でもご紹介させていただいております。ぜひご参考になさって下さい。

 

 

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)

お問い合わせご予約

☎03-6228-6058

ホームページ https://ginzaplus.com/jp

 

コメント