【股関節痛】厚底シューズ

 

遂に、向かいのApple Storeも月末までクローズ。私が通っているプールも休業が延長。そして年に1回のOARSI、変形性関節症国際学会も今朝中止の発表がありました。これだけ社会活動が制限されると、さすがにストレスにもなりますね。今年いっぱいはこうした状況が続くのでしょうか。

 

さて、今日は「靴」についてです。

 

靴は大切です。自分に合った靴を見つけられると世界が変わります。一生歩き続ける上では、靴への配慮も欠かせないでしょう。但し、最近の婦人物のウォーキングシューズで、変わった形を良くみるようになりました。

 

こちらは、先日お越し下さった方の靴。

 

 

こちらは、昨日お越し下さった方の靴。

 

 

そして、こちらは私のランニングシューズ。

 

 

どこか、似ていませんか?

 

踵のソールの部分だけを計ると、約2センチも差がありました。確か、本来、人間は踵から歩くように仕向けられていたはずです。ところが、最近のウォーキングシューズの傾向をみると、踵からではなくつま先にシフトしているようにも思われます。膝を曲げて歩いている、前屈みで歩いてる、脱ぐとペタペタすり足になっている。どれも、結果的におしりの筋肉を衰えさせてしまっている原因になっている可能性もあります。見直さないと、ですね。

 

皆さんの靴は、どんな形状をしていますか。

 

 

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)

お問い合わせご予約

☎03-6228-6058

ホームページ https://ginzaplus.com/jp

 

コメント