【変形性股関節症】ステロイドで予後悪化

 

来月、オーストリア・ウィーンで開催されるOARSI、変形性関節症の国際学会が開催されるかどうか心配です。

 

さて、今日は「ステロイド」について。

股関節の痛みに対し、関節の中にステロイドを注入する治療法があります。変形性関節症のガイドラインでも、一部、関節内注射は有効と報告されますが、副作用も多く報告されています。

 

昨年の医学雑誌「Radiology」の中でも米・Boston University放射線医学教授のDr. Andrewは、

「関節内注射を行うと、急速性破壊型股関節症を招いて関節圧潰を来したり、人工関節置換術のリスクを早める可能性がある」と警告しています。

 

 

発生頻度の多い順に、

 

1. 急速性破壊型関節症

2. 軟骨下脆弱性骨折

3. 大腿骨頭壊死

 

それともう一つ気になっているのは、特に「リウマチ」との診断を受けた方たちに対する関節内注射です。私の経験では、皆さん一様に軟骨が消失し、変形を来しています。ご自身での判断は難しいでしょうが、一応、注意はしておきたいですね。

 

 

家族で訪れた閖上地区。

 

 

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)

お問い合わせご予約

☎03-6228-6058

ホームページ https://ginzaplus.com/jp

 

 

 

コメント