【人工股関節】手術前に知っておきたいこと

 

コロナの勢いが増していますね。

ginzaplusもキャンセルのお申し出や空き枠が増えています、どうか皆さんも無理jはなさらずに。ご家庭の事情、不安や心配があればいつでもご相談下さい。こうした時期ですので柔軟に対応させていただきます。私も久しぶりに時間ができましたので、ゆっくり過ごしております。1日も早く、平和な日常が取り戻せますように。

 

さて、今日は手術の話題です。

一昨日一通の手紙がポストへ届いておりました。

 

 

人工関節の手術をされたようなのですが、順調に回復されていないようです。

人工股関節の手術後の合併症/後遺症といえば、入れ替え(再置換)や感染症、脱臼などが思いつきますが、実際にはこれらの確率は非常に低いです。それよりも身近な症状があります、以下に記します。

 

【反対側の痛み】

片側を手術すると、決まって反対側も手術をする方が多いように、痛みがなくなり運動量が増すことで、健康だった股関節への影響が出始めることがあります。両側同時であればリスクも少ないですが、これは、片側例の宿命でもあります。問題は、身体の使い方。左右アンバランスを整えることで、最小限にリスクを抑えることも可能です。

 

【他関節の痛み】

股関節の状態が整うと、今度は、それまで負担になっていた関節が存在感を現します。特に膝や腰、症状を訴える方が多いですね。人工股関節後では、こうした部位に痛みを訴える方が非常に多くいらっしゃいます。

 

リハビリ的にみると、人工関節とは究極の対症療法でもあります。新しい関節に入れ替えたとしても、全体として機能しない限り、症状を訴え続けることもあるのです。

 

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)

お問い合わせご予約

☎03-6228-6058

ホームページ https://ginzaplus.com/jp

コメント