【股関節痛】リズムを忘れる怖さ

 

日の出前の「日比谷」交差点。

三越、松屋銀座前には長蛇の列。

トレーニング始動です。

 

 

2日も空けると走れなくなります。バイクの漕ぎ方さえも忘れてしまうのです。だから、量や時間は少なくても常に刺激を入れ続けることが大切かと。

 

変形性股関節症を診断されたかたも、歩くことを諦めてしまうと、やがて歩けなくなります。移動はできていても、正常の健康だった頃のリズムを忘れるのです。だから、痛みがあっても歩き続ける工夫が必要です。

 

1. かかとから降ろせない

 

2. (支える側)片脚立ちができない

 

3. (降り出す側)リラックスできない

 

「あれ、足痛いの」との、指摘を受けないためにも。

 

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)

お問い合わせご予約

☎03-6228-6058

ホームページ https://ginzaplus.com/jp

コメント