【動画】「冬の間はお休みします」

 

ginzaplusでの関わり方は様々です。

冬のこの時期は、お休みをされるかたもいらっしゃいます。

 

・雪のためお越しいただくのが困難

・ご高齢、あるいは人工関節手術後のため感染症を恐れ外出機会が減少

 

今日ご紹介するこちらのかたもまた、冬の時期には銀座までお越しいただけません。

そのため、何としてでも年内のうちに、ある程度の成果を残しておきたかったのです。

 

年齢は50代、病院では変形性股関節症末期、手術を宣告されてしまいました。

しかし、どうしても手術はしてくありません。今すぐには行えない家庭の事情があります。

 

・親御さんの介護のために自宅を空けられない

・経済的な理由からお仕事を辞められない

 

そしてもうひとつとにかく、

 

・からだにメスを入れたくない

 

これ一番の理由です。

 

今年の夏に初めてお会いし、障害者手帳の手続きを済ませ約4ヶ月。

 

 

骨頭はすでに球形ではなくなり、形を変えていますが、今ある能力を存分に発揮しある程度の目処がつきました。「これなら手術をしなくてもいけそう」、本人も前向きです。日々の「体操」と「生活動作」を気をつけた成果です。

 

しかしながら、医師がおっしゃるように骨はすでに変形しはじめています。急激に運動量が増せば、進行のリスクも伴います(痛みの増幅とは無関係)。また靴下や爪切りなどの動作の改善には今後も限界が生じるでしょう。

 

それでも、当初の絶望感はなくなり、今は元気にジムへも通っています。何より、表情が明るく現状に満足していらっしゃる様子がうかがえます。

 

ginzaplusでの保存療法の関わり方も実に様々です。皆さんの要望、家庭環境、骨の状況に合わせて適切な目標設定、リハビリプランを提案させていただいております。ときには、ご本人の意欲や希望により、保存療法よりも手術が適しているというケースもありますが、毎回のセッション中では、常に、ご自身の股関節の状態を正確に把握できるよう、細かいところまでご指導しております。

 

ところで、ginzaplusは年内は29日(日)まで、年始は5日(日)から始動いたします!

 

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)

お問い合わせご予約

☎03-6228-6058

ホームページ https://ginzaplus.com/jp

 

 

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL