【朝日放送「たけしの家庭の医学」】出演させていただきました

 

昨日放送の「たけしの家庭の医学」、ご覧になっていただけましたでしょうか。

 

 

ご一緒させていただきました、

順天堂時代からお世話になっている股関節専門医の特任教授 野沢雅彦先生、

ケーススタディとして登場して下さった山田さま、改めて心から御礼申し上げます。

 

大事なポイント、整理しておきましょう。

 

before/after、歩き方が全て

 

手術をするにしても、保存療法(マッサージ、電気、安静、杖、ストレッチなど)で凌ぐにしても、

結局は、歩き方をできるだけ正常に近づけてあげないと、遅かれ早かれ同じような症状に悩まされる事になります。

「歩きの改善のためには、今、何が必要か」、

再発予防に向けた方向性さえ間違っていなければ、望むような改善が期待できます。

しかしVTRにもあったように、湿布やマッサージなどの対症療法に追われたり、

経過観察に終始してしまうと、やがて思いもよらぬ事態へと発展する事があります。

いかなる状況においても、歩きの改善を見据えた運動療法の実践が望ましいでしょう。

 

臼蓋形成不全にも幅がある

 

同じ臼蓋形成不全との診断でも症状には個人差があり、

骨の変形がまだ起こっていない初期の段階であれば、運動療法が著効します。

その際ターゲットとなるのは、「殿部」の筋肉です。

変形性関節症国際学会でも、進行に伴いお尻の筋肉が顕著に萎縮する事を報告しているように、

この反応を可及的に食い止める努力さえできれば、進行を抑える事ができますし、

関節症の発症の予防にも繋がります。

では、手術を検討するのはどのタイミングか。これは、運動療法では全く反応を示さない、

あるいは、骨や軟骨の損傷が著しく日常生活にも支障を抱えている時期、と判断します。

 

おしりエクボ体操のポイント

 

歩きが大切とはいっても、歩きだけ練習してもなかなか上達しません。

正しい歩きに必要な股関節の可動域を確保し、その範囲の中で筋肉が働く感覚を養う必要があります。

おしりエクボ体操は、日常場面で遭遇する上下・左右への刺激に対して「適切な姿勢を維持する」ための体操です。

立ったり、しゃがんだり、片脚立ちになったり。

日々訪れる重心の変化に、毎回、グラグラ、ヨタヨタでは将来が心配されます(転倒、ロコモ)。

ダイナミックな運動、脚上げやスクワットではなかなか鍛えられない、

「奥」の筋肉を目覚めさせるおしりエクボ体操、ぜひ生活に取り入れていただきたいと思っています。

 

 

【急募】

昨晩、早朝よりたくさんのお問い合わせをありがとうございます。

急遽11月分のキャンセル枠を本日午後5時30分よりネット上でのみオープンいたします。

予約表:https://ginzaplus.com/jp/reservation/

上記予約表よりご希望の日時を選択の上、お申し込み下さい。

なお、12月の予約受付は11月1日深夜0時開始となります。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)

お問い合わせご予約

☎03-6228-6058

ホームページ https://ginzaplus.com/jp

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL