【人工股関節手術後】集中トレーニング

 

人工を入れても、歩きに不具合を抱えることがあります。

 

手術前の活動状態、筋力や可動域。

また手術前リハビリの有無。

人工関節そのものによる脚長差(脚の長さに差が生じてしまうこと)が影響を与えそうです。

 

人工股関節を入れましたが、なかなか上手に歩けません。

半年も経たないうちに反対側の健康な股関節まで痛みを訴えるようになりました。

 

銀座に2週間滞在し、その間、

毎日ginzaplusのリハビリ(施術、ストレッチ、筋トレ、歩行など)を受けていただきました。

前後での変化です。

 

※ご本人には掲載の承諾を頂いております。

 

最終日には、歩行時の傾きは少なくなり、健側の痛みもなくなりました。

多少、人工による脚長差を訴えますが、次第に落ち着いてくるでしょう。

 

あいにくのお天気でしたが、施術後は毎日近隣デパートを散歩。

歩行練習と筋トレを中心に、小走りもできるほどからだも軽やかに。

 

手術をしても不具合を訴えれば、関節以外のどこかに問題がありそうです。

不安なことがございましたら、いつでもご相談下さい。

 

今日はこれから札幌へ出発です!

 

 

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)

お問い合わせご予約

☎03-6228-6058

ホームページ https://ginzaplus.com/jp

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL