【保存療法】幹細胞による軟骨再生

 

保存療法の中核を成すのが、患者教育と運動療法、それと近年注目を集めるのが「再生医療」の分野です。

 

京都大学の山中先生の功績で非常に注目を集めますが、

現在、変形性関節症の治療においても、急速に関心が寄せられつつあります。

 

そうもそう、これまで損傷した軟骨は元に戻らないとされていたのですが、この治療の台頭により修復される可能性を秘めているのですから。

 

ご自身の組織から血小板を幹細胞を採取し、組織を増殖させた後に、再び身体へ戻すという非常にシンプルな治療方法です。

しかし多くはまだ保険適応外、ある特定の医療機関でのみ実施されています。

 

こちらはginzaplusへお越し下さっている方がお持ち下さった、自己組織。

傷の治癒のみならずお肌のケア、美容としても利用できるため、余った組織はご自宅へお持ち帰りになられます。

 

 

銀座周辺でも再生治療を行える医療機関が一気に増えたようです。

本当に軟骨が増え痛みが消えるのか!?

 

海外の研究報告においては賛否両論、それぞれ適応不適応例が示唆されはじめていますが、

日本人においてはどういった効果をもたらすのでしょうか?

今後の治療成果が楽しみになります。

 

 

保存療法をはじめるにあたってぜひご参考になさって下さい。

著書「変形性股関節症は自分で治せる!」

また、筋肉ほぐしにginzaplusが開発した「tripod(トライポッド)」もご活用下さい。

 

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)

お問い合わせご予約

☎03-6228-6058

ホームページ http://ginzaplus.com/jp/

 

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL