【書籍出版 2月27日発売決定】変形性股関節症は自分で治せる!

 

私が、理学療法士になろうと決意したのは、

当時、日本における理学療法士という職種への認知度が低く、その向上に貢献できると思ったからです。海外の理学療法士のように、身近なホームドクター的な存在で国民の健康に携われたなら、もっと日本は幸せになれるであろうと確信していたからです。

 

しかし今の国内の理学療法士業界は空前の開業ブーム。

年々1万人以上の会員数が増え、医療機関では終身雇用。限界を感じた理学療法士たちは、働き方に変化を求め、自らの独立の機会を探り始めています。“治療の対象”は理学療法士へ向けられ、今や理学療法士も「理学療法士を相手」に仕事をする時代です。私のところへも毎年のように専門家向けの講師依頼が舞い込みますが、技術だけを追い求める職能集団に将来はあるのでしょうか。本質的な重要な問題が置き去りにされているようでなりません。

 

理学療法士はやはり国民から頼られるようになり、求められなければなりません。そのためには何が必要か、常に考えています。日本の中心、銀座にオフィスを構えることでこれまで3000名以上もの股関節疾患を抱えた方たちにお越し頂けるまでになりました。新規の方ではおおよそ年間250〜350例。その中で実際に手術が必要となるのは、わずか10例ほどです。つまり、変形性股関節症における手術は決してマストではないのです。世界が謳っているように、保存療法には短長期的な効果があるのです。その事実を対外的に発信し、手術第1主義の治療界そして国民の意識の改革に乗り出そうと企んでいます。

 

ginzaplusでの皆さまとの貴重な経験や海外で学んできた知識も、利用されなければ何の意味もありません。冒頭での決意に、今回の本の出版は大いに貢献できるはずです。国内に600万人ともいわれる変形性股関節症の患者数、目指すはその10分の1、60万人の方にお手にとってお読み頂けたら幸いです。理学療法士ひとりの力には限りがあります。でも、この機会に賛同しご協力頂ける方々の力が加われば、きっと、何かを動かす大きな力に変わると信じています。理学療法士の認知度と国民の健康にも貢献できる、またとないチャンスと感じています。

 

 

大学病院を離れ10年目、節目の一冊です。

 

「変形性股関節症は自分で治せる!」

 

学研プラス(出版社)から全国の書店で、2月27日(火)に発売されます。

もちろんAmazonでもご予約、ご購入可能です。

ぜひ、新たな考えに触れてみて下さい。どうぞよろしくお願い致します。

 

「公開講座」

■6月の福岡を除いて、朝日カルチャー主催の勉強会はしばらくの間お休みさせて頂きます。

 

「出張施術」

■大阪 2月14日(水)〜16日(金)  ホームページ上でご予約を受け付けております。

 

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)

お問い合わせご予約

☎03-6228-6058

ホームページ http://ginzaplus.com/jp/

 

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL