【臼蓋形成不全】4回の股関節手術を乗り越えて

 

ちょっと間が空いてしまいましたが、

前回の症例紹介で、同じ臼蓋形成不全でも幼少期の治療経験がある方が、将来的に変形性股関節症へと移行し易いリスクがあることを述べました。そのため、後天的な臼蓋形成不全例よりも、より慎重に経過を見守っていく必要があります。今回ご紹介させていただきます40代の女性、こちらの方は、先天的な臼蓋形成不全を理由に20歳までに4回の手術を経験されています。手術後、痛みを経験するようになったのは、出産を経験してからです。その経過についてご紹介させていただきます。

 

【医療機関で診断された病名】

臼蓋形成不全、変形性股関節症

 

【解説】

ご相談内容です。「20歳までに4回ほど手術をしましたが、左側が重症です。右も1度手術をしていますが 数年前から立ち上がる際に痛みがあり、歩行時にも痛みが生じます。」幼少期に先天性の股関節脱臼が生じ、RAOなどの骨切り手術を過去4回経験されています。本格的に痛みが生じるようになったのは、出産を経験されてからです。これまで歩かないように指導を受けてきましたが、さすがに子育て中はそうはいかず、術後の後遺症による脚長差の影響も受け、次第に日常生活動作へも支障をきたすようになりました。立ち上がりや歩き始めには痛みが存在し、可動域の減少傾向を実感しています。整形外科へもこの10年かかっていません。それでも、ginzaplusの運動療法を経験してからは、次第に痛みは軽減され、筋力も回復し、半年後には小走りも可能になっています。現在は症状も安定し、更なる運動機能の回復を目指し、定期的にお越しいただいております。

 

【理学療法士コメント】

同じ臼蓋形成不全でも特別に注意を払わなければならないのは、幼少期の脱臼や手術経験がある方たちです。出産や育児、仕事量の変化に敏感であり、股関節痛を発症し易くなります。医療機関では小児から成人へのフォローが希薄であったり、医療保険上の問題から定期チェックが受けられない場合も多いようですが、幼少期のトラブルがあった方たちこそ、将来悪化させないためにも継続的なケアは不可欠です。

今回のケースでは骨切り手術による後遺症、脚長差が4cm存在していました。かばって立つ、歩くを繰り替えしていたことで、歩行時には極端に左の骨盤が前に押し出され、立位時には、常に短い方へ体重を乗せバランスを保っていました。こうした一連の動きの癖により、骨盤が大きく傾き、可動域はみるみる狭くなり、筋力にも左右差が認められました。しかしながら、どんなに辛くても杖や補高靴を使用してこなかったことが幸いし、ginzaplusの保存療法を取り入れることで、早期にご本人の想像を遥かに上回る機能を回復できました。

杖や補高靴は確かに保存療法の実践の上で、欠かせないアイテムの一つですが、用途やタイミングを誤ると、たちまちかばう動きを学習させ、健常者並みの運動機能の獲得を難しくさせます。保存療法開始後3ヶ月、荷重が安定してきたタイミングで、脚長差に対し初めてインソールを試用することで、安定感が一層増し、小走りも可能になっています。

 

【痛み】

「歩く時がきつい。歩き始めの痛み、立ち上がりの痛みを何とかしたい。」

 

【ginzaplusへの期待】

「娘と一緒に出かけられるようになりたい。」

 

【施術期間】

 約8ヶ月、計6回

 

【施術前・施術後 (クリックで動画に切り替わります)】

 

 

「公開講座」

■神奈川・横浜

 来年1月20日(土)午前10時30分〜12時00分

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター横浜教室

■東京・新宿

 来年2月3日(土)午後16時00分〜18時15分

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター新宿教室

 

 

「出張施術」

■大阪 来年1月16日(火)〜19日(金)  12/1日よりホームページ上で予約受付開始します

 

 

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)

お問い合わせご予約

☎03-6228-6058

ホームページ http://ginzaplus.com/jp/

 

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL