【股関節唇損傷】関節唇損傷は股関節痛の原因にはならない?

 

忙しいは理由にならない。時間は自分で作るもの。

が、モットーでしたが、何だかバタバタしておりました。。。汗 進行中の仕事を仕上げたり、新たな役割を任されたり、脳みその隅々まで使い賑わっています。先日、時間ができたので久々に論文サイトを開いてました。ちょうど1ページ目からワクワクするような内容がズラリ!やはり、私にとっては、海外の論文は活動の原点です。変形性股関節症の保存療法を本気で取り組もうと思ったのもそうですし、大元の学術集会に参加しようと思えたのも、海外の研究論文のおかげです。出会えていなかったら出発も進展もなかったでしょうね。

 

論文を読み感銘し、著者に会い、その中心となる学会に出席し、生の声を聴く。

リアルを追求するが、私のやり方です。だからバーチャルではダメなんです。誰かがどうこう言っても、読んだ聞いただけでは不十分。実際に自分の目で確認できないと気が済まないタイプなんですね。

 

本筋から外れそうなので、早めに今回のテーマに話を戻しましょう。

今日のテーマは「股関節唇損傷は痛みの原因にならない?」

 

今年の股関節学会でも、専門医から非常に厳しい且つアグレッシブなコメントが上がっておりましたが、いよいよ日本でも、公に、股関節唇損傷と痛みとの関連性に疑問符が投げかけられるようになりました。私は、多くの股関節唇損傷患者さんからご相談いただく随分前から、論文サイトで股関節唇損傷の本質に関わる情報を常にフォローしておりましたので、この変化に驚きはありませんが、大きな進歩として受け止めています。結論から申し上げれば、股関節唇損傷を日本人に発症する股関節痛の原因と位置付けるには、無理があるのでは...と思っています。

 

もちろん一切無い、という訳ではありません。

これはまた別の論文を引用すれば答えは出そうですが、解剖学的にも日本人の股関節の安定性に大きな役割を演じているのが、股関節唇。加齢に伴う損傷は十分に考えられますし、損傷し易い箇所と断定できるでしょう。

 

さて、最近海外では、こうした内容の論文を多く拝見するようになりました。

 

「股関節痛を訴えない若年者を対象とした股関節唇損傷の割合」

 

 

つまり、股関節唇損傷は本当に痛みの原因と捉え治療対象としてみなして良いのか、という趣旨の論文です。

下記に要約を記しておきます。

 

研究対象は、股関節痛を訴えのない男女70名。

平均年齢は26歳(19歳〜41歳)、男女比は、女性47名(67.1%)男性23 (32.9%)。

 

MRI検査を2回行い、股関節唇損傷が発覚したのは27名(38.6%)。

内訳は、関節唇単独損傷は16人 (22.9%)。他11人 (15.7%)は、関節唇損傷以外にも他の関節内の損傷、骨の変形なども合併。

 

つまり、今回の研究結果からは、股関節痛を訴えない一般の人でも、かなりの高い確率で、股関節唇損傷が確認されるとの報告です。

 

この事実を聞いても、皆さんは何を想像しますか?

 

今、日本の股関節医療界を賑わす「股関節唇損傷」、実は、痛みの原因ではないかも知れない説です。手術をされた方はびっくりですよね。でも、あながち間違いでもないかも知れません。こうした内容の論文が結構この世に出回ってるのです!

 

私自身の経験から申し上げれば、日本で股関節唇損傷と診断された方のほぼ100%、完治へと導いてきました。よく扱われるような体幹トレーニングなどは一切行いませんし、純粋に、股関節唇損傷を引き起こすメカニズムに従って、損傷箇所への負担を取り除くだけで、痛みは解消されています。但し、そうした方の中にも、股関節唇損傷を診断され、将来的な手術までいきなり言い渡され、不安な表情で藁にもすがる思いでご相談にみえるのです。ちょっとさっきまで健常人だったはずが、痛みとの関連性が未だ定かではない股関節唇損傷を言い渡され、いつしか病人へ生まれ変わるのです。動かせば関節唇が挟まる?ちぎれる??真のような嘘のような情報に錯綜しながら生活を送っている姿は見るも無残です。直接現場に携わった医療者の罪は大きいと言えるでしょう。

 

それでも、手術前ならまだ良いほうです。手術後となると、一筋縄ではいかなくなりますから。ひとつには、以前のブログでも取り上げましたように「術後遷延痛」の影響があります。手術前から強い恐怖心を抱いている方は要注意ですね。不安が確信に変わってから臨むことが懸命です。もうひとつ、担当医からも適切な状況説明がなされておらず、焦りからか間違った方向へリハを進めてしまっている方もいらっしゃいます。いずれにしても、こうした状況を改善する上では、この手の論文でも多く扱われるように、「術前スクリーニング」は欠かせないように感じています。

 

具体的に私個人が捉えているのは、手術前の精神状態、強い不安や恐怖心がある方へはやはり避けておきたいですね。また、既婚/未婚含め生活環境が孤立している場合にも、術後に無理をしがちです。それと最後に、精神疾患を抱えていた経験のある方。メンタル系の

薬を服用されている方も要注意です。

 

現状を知れば知るとほど、恐ろしい状況であることが分かると思います。要するに、まだ病態そのものが明らかになっていないまま、治療だけがドンドン先に進められ、しかも苦しんでいる方も年々増えている。どこかで、ブレーキをかけなければならないのですが、その鍵を握るのは、おそらく現場で直接関わる医療者ではないでしょうか。実際に悪化例を多く担当しているのですから。

 

実はもうひとつ、2017年に発表された股関節唇損傷とメンタルに関する論文、これだまた興味深い内容です。この点に注目している研究者がいると思うと嬉しいですね〜時代の変化でしょうか。また近々ご紹介させていただきます。

 

「公開講座」

■東京・新宿

 12月9日(土)午後12時30分〜14時45分

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター新宿教室

■福岡・博多

 12月16日(土)午後13時〜15時

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター福岡教室

■神奈川・横浜

 来年1月20日(土)午前10時30分〜12時00分

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター横浜教室

 

「出張施術」

■博多 12月13日(水)〜16日(土)    ホームページ上で予約受付を開始しています。

■大阪 来年1月16日(火)〜18日(木)  12/1日よりホームページ上で予約受付開始します

 

 

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)

お問い合わせご予約

☎03-6228-6058

ホームページ http://ginzaplus.com/jp/

 

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL