【臼蓋形成不全】変形性股関節症「進行期」の保存療法の考え方

 

病期シリーズ、最後は「進行期」です。

進行期を最終回に取り上げたのは、進行期はそれだけ慎重に関わる必要があると感じているからです。

画像上も非常に不安定な状態であり、保存療法の過程でも進行期→末期への移行は十分に考えられます。関節内外、様々な痛みも生じ易い時期ともいえます。また「進行」という表現からか過剰な不安を抱えている方も多いことでしょう。それでも、様々な不安や痛みに耐え、運動量を落とさず、適切な保存療法のメニューを実践してこれると、画像所見上も安定した新たな自分と巡り会えます。

 

さて、本日も症例紹介です。

ご相談頂いたのは50代の女性、変形性股関節症「進行期」と診断された方です。

 

【医療機関で診断された病名】

変形性股関節症、臼蓋形成不全

 

【解説】

こちらの方も、ginzaplusの開業当初(2009年)からフォローさせていただいております。今回は中間報告です。まずは経過です。10代で股関節痛を発症し、ママさんバレーから股関節痛が増悪。医師からは手術を勧められましたが、ご本人の意思でリハビリを開始。民間療法を訪ね歩き、何とか維持できるまで改善しました。しかし、年齢と伴に徐々に悪化。外出時には、杖とキャスター付きのバッグが手放せなくなりました。ginzaplusへご相談にみえ、本格的に保存療法を開始してからは、徐々に改善が認められ、9年後の現在は、靴下、爪切りなどには多少の苦労はあるものの、それ以外な不自由なく、仕事も復帰できています。現在は医師の定期診断と年に1回、理学療法士のチェックも受けて下さっています。

 

【理学療法士コメント】

骨の変形が始まりかけた進行期は、運動療法の継続により、少しずつ痛みの質も変わり、また、画像所見上も変化が起こり易い時期です。患者様との十分なコミュニケーションと伴に、安心して保存療法を継続できるようなサポートが必要です。

画像:初期の軟骨の隙間が不明瞭な股関節は、運動強度が増すに従い、骨は修復され骨棘も形成されました。形は変えましたが、綺麗な股関節に仕上がっています。

歩行:杖とキャスターバッグに頼っていたことから、左右の揺れが大きな歩行でしたが、歩行トレーニングを継続することで、今では健常者並みの歩行が実現できています。

日常生活動作:骨の変形が著しく可動域は制限されていますが、しゃがんで立つ、階段昇降は手すりを利用せず、安定して行えています。階段、踏め面での方向転換は素晴らしいの一言です。

前回の末期同様、進行期の場合も症状の安定までには、1〜2年を要します。その間、運動量、運動方法、股関節周囲のメンテナンスを怠らず、且つ、精神的なサポートさえ充実すれば、同様の効果を実感いただけるでしょう。また、たとえ症状が安定しても、これまでの使い方の癖が度々表出される場合もございます。定期的な 理学療法士によるメンテナンスは欠かせません。

 

【痛み】

「動くときはいつも。」

 

【ginzaplusへの期待】

2009年保存療法開始当初:「何とか手術は避けたい。」

2017年現在:「お陰様で痛みなく動けています。」

 

【施術期間】

 約7年、計25回

 

【施術前・施術後 (クリックで動画に切り替わります)】

 

 

「公開講座」

■東京・湘南

 11月18日(土)午前10時〜12時15分

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター湘南教室

■東京・新宿

 12月9日(土)午後12時30分〜14時45分

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター新宿教室

■福岡・博多

 12月16日(土)午後13時〜15時

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター福岡教室

 

「出張施術」

■大阪 11月14日(火)〜16日(木)  10/1日よりホームページ上で予約受付開始します

■博多 12月13日(水)〜16日(土)    11/1日よりホームページ上で予約受付開始します

 

 

ginzaplus 佐藤正裕

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ

コメント

magさん、

ありがとうございます。
こちらこそ、楽しみにしております!

  • ginzaplus 佐藤正裕
  • 2017/11/23 11:30

早速のお答えありがとうございます!
申し込みを致しました。
親子で楽しみに伺います。
どうぞよろしくお願い致します。

  • mag
  • 2017/11/22 22:26

magさん、

初めまして、コメントをありがとうございます。
朝日カルチャーの講座、ぜひご参加下さい!前々回も2組、親子で参加されていました。ご本人の意識も大切ですし、親御さんからの声掛け、精神的なサポートもとても重要だと感じています。
何か分からないことなどありましたら、当日にでもまたご相談下さい。
お会いできますのを楽しみにしております!

  • ginzaplus 佐藤正裕
  • 2017/11/22 09:01

いつも勉強させていただいております。
福岡での公開講座に申し込みをしたいのですが、
話を聞かせたい(患者)のは小学生の子ども(私が母親です)になります。
一緒に参加させていただいてもよろしいのでしょうか。
まだ空きがあるかが問題ですが、、宜しくお願いします。

  • mag
  • 2017/11/21 20:43
トラックバック
この記事のトラックバックURL