【臼蓋形成不全】変形性股関節症「末期」の保存療法の考え方

 

変形性股関節症の「末期」との診断を受けても、まだ諦めないで下さい。

可能性は残されているはずです。保存療法を納得のいくところまで実践してみて、それでも目標に近づけないのであれば、手術を検討しましょう。人工関節の分野は、年々益々進歩しています。股関節治療においては最も発展している分野です。まずはご自身の可能性にかけてみましょう!

 

本日も症例紹介です。

ご相談頂いたのは50代の女性、変形性股関節症「末期」の方です。

 

【医療機関で診断された病名】

変形性股関節症、臼蓋形成不全

 

【解説】

ginzaplusの開業当初(2009年)からフォローさせていただいています。今回は中間報告です。この方もまた年々進化を遂げています。経過をご紹介します。30代で膝の痛みから股関節痛を発症し、40代に入ってからは脚の長さの差(脚長差)を感じはじめ、右つま先立ちでの生活が習慣化し、痛みは増悪。立ち仕事ができなくなるまで悪化しginzaplusへご相談にみえました。施術を繰り返すこと約2年、当初の痛みは改善され、9年経った今では(現在)3センチの脚長差も補高なしで安定して歩けています。もちろん杖の必要もありません。長時間の歩行時のみ痛みを訴えることもありますが、無理をしなけれが痛むこともありません。現在は半年に1回、定期チェックにお越し下さっています。

 

【理学療法士コメント】

「末期」の変形性股関節症に携わる場合、これ以上の拘縮や脚長差を発生させないことはもちろん、代償動作も上手に利用しながら、更に楽に動ける手法を探ることも、保存療法に携わる理学療法士の重要な役割と感じています。

画像:ご覧のように骨頭は形を変えてしまいましたが、しっかりと関節面が出来上がり、綺麗な股関節に仕上がっています。当然もうこれ以上の進行の心配は要りません。

歩行:施術前のように前傾姿勢を腕でバランスを取るような歩き方では、やがて身体のあちこちへの負担が懸念されます。痛みの治療と併せて、早期から歩行トレーニングを実践したおかげで、横揺れが生じにくい、歩幅の大きな歩きが実現できています。現在は、補高靴なしでも、安定して歩けるようになりました。

「末期」では、おおよそ1〜2年が症状の改善までの目安です。その後も、ご本人の活動量や希望に応じて定期的なチェックが望まれます。

 

【痛み】

「歩くと痛む。」

 

【ginzaplusへの期待】

2009年保存療法開始当初:「立ち、歩きが痛くなく出来ること。」

2017年現在:「長時間歩いたときに痛む程度ですが、こちらで施術、歩行指導を受けたおかげで、現在のところ経過観察できています。」

 

【施術期間】

 計29回、約7年

 

【施術前・施術後 (クリックで動画に切り替わります)】

 

「公開講座」

■東京・湘南

 11月18日(土)午前10時〜12時15分

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター湘南教室

■東京・新宿

 12月9日(土)午後12時30分〜14時45分

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター新宿教室

■福岡・博多

 12月16日(土)午後13時〜15時

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター福岡教室

 

「出張施術」

■大阪 11月14日(火)〜16日(木)  10/1日よりホームページ上で予約受付開始します

■博多 12月13日(水)〜16日(土)    11/1日よりホームページ上で予約受付開始します

 

 

ginzaplus 佐藤正裕

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL