【変形性股関節症】保存療法 オンライントレーニングの導入について

 

皆さんは、「NHKスペシャル シリーズ人体」ご覧になっていますか。

CGを利用して非常に分かりやすく身体のメカニズムが紹介されていますね。先週は、筋肉を使う事の重要性、脂肪の知られざる役割などについても触れられていましたね。変形性関節症に関していえば、"メタボリック軟骨"という言葉があるように、肥満傾向の方では、軟骨そのものの組成が健常者とは異なる事が分かっています。だから、医療機関では痩せなさい、といわれるワケですね。大柄の方であっても、筋肉があれば痩せる必要もないはずなのですが。

 

さて今日は、「保存療法 オンライントレーニング」導入のご案内です。まだ準備段階ではありますが、年内には本格的に始動の予定です。

 

保存療法の発展が目覚ましい海外では、思考を凝らし様々な方法で実践されています。

私も昨年からオランダ、スペイン、そして今年はインドでの国際学会に参加し、最新の情報に触れてきましたが、保存療法へ意欲のある国々では、日本とは全く異なる方法で保存療法を実践しています。全てを見習う事はできませんが、国単位で積極的に取り組んでいるところでは、誰にでも利用可能なシステムが作られ、患者教育と運動療法が各種専門家によりスムーズに導入されています。日本でも同じような方法で実践できるのが理想ですが、残念ながらまだまだその域には至っていません。但し、他の国で成果を上げている以上、指をくわえて眺めているワケにはいきませんね。真似できるような素晴らしいシステムはぜひ活用させて頂きましょう。

 

ginzaplusが導入する「保存療法 オンライントレーニング」は、皆さまとのコミュニケーションの手段の一つになります。施術の際にチェックを受けた指導箇所や運動メニューなど、その時は理解したつもりでも、どうしても忘れがちであったり、継続が困難である場合が多くあると思います。そうしたケースでも、このシステムを活用する事で、携帯端末やパソコンでも、いつでもどこでも運動課題を再確認し、安心して正確な運動メニューを継続できる事をサポートします。保存療法を成功へ導くためには「安心」と「継続」、そして施術者側との「コミュニケーション」にあると感じています。

 

将来的には、遠隔地へお住いの方へも症状や動作などを動画でお送り頂いて、症状から運動メニューを作成し保存療法を実践して頂けるよう検討しています。まずはginzaplusの会員さま向けへ、年内より導入予定ですので、ぜひ楽しみにお待ち下さい。

 

 

「公開講座」

■東京・湘南

 11月18日(土)午前10時〜12時15分

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター湘南教室

■東京・新宿

 12月9日(土)午後12時30分〜14時45分

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター新宿教室

■福岡・博多

 12月16日(土)午後13時〜15時

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター福岡教室

 

「出張施術」

■大阪 11月14日(火)〜16日(木)  10/1日よりホームページ上で予約受付開始します

■博多 12月13日(水)〜16日(土)    11/1日よりホームページ上で予約受付開始します

 

 

ginzaplus 佐藤正裕

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL