【先天性股関節脱臼】30代への保存療法の実践

 

現在、年齢別に保存療法の取り組みについてご紹介しております。症状を悪化させない、股関節症特有の癖を作らないためには、痛みが生じはじめた初期の「知識」がとても大切です。騙しだまし使っても、跛行が身に付いてしまえば、拘縮や脚長差からその後の生活に支障をきたす事もあります。海外では、日本ほど歩き方を悪化させてしまう方は少ないようですね。それは、それ以前に適切な治療に出会えている環境がある事と、日本人と欧米人との生活環境の差でしょう。

 

さて、本日も症例紹介です。

ご相談頂いたのは、30代の女性です。

 

【医療機関で診断された病名】

先天性股関節脱臼、臼蓋形成不全

 

【解説】

出産後に脱臼が確認され3歳までバンドを装着し過ごしてきました。小学生の時は不自由はありませんでしたが、違和感を訴えはじめたのは高校生になってからです。ソフトボールやバドミントン部に所属し活発な学生生活を送り、股関節周囲につれるような感覚が出始め整形外科を受診したところ、医師からは「頻繁にある症状だから心配はいらない。」とのアドバイス。医師の言葉に安心して生活を送ってきましたが、社会人に入り業務が多忙を極める中、立ち上がり時や歩行時に痛みを感じるようになってきました。不安になり再度整形外科を受診したところ、今度は「軽い臼蓋形成不全だが、変形性股関節症になるような感じではない。」との見立て。益々痛みが強くなる中、適切な指導もないまま時間だけが過ぎ、医療機関では対応しきれないと判断し、ご家族の勧めでginzaplusへお越しになられました。

 

【理学療法士コメント】

先天性股関節脱臼に伴う臼蓋形成不全は、何か新しいスポーツをはじめたり、出産や仕事など生活環境が変わった時に、痛みを発症し易くなります。運動も良いですし、多少の重労働も構いません。但し、ストレスに耐えられる股関節を若い時からきちんと育んでおく事が将来手術に至らないためにも大切です。

一般に整形外科では、長歩きをしない、荷物を持たないように指導される事が多くあります。ただ、荷物を持たない生活など考えられるでしょうか。今回のケースのような働き盛りの30代、仕事でパソコンや書類を持ち歩きく必要に迫れる事もあるでしょう。荷物を抱えれば、決まって、重心は前方に移り、歩けば左右に身体は傾きます。お尻が引け、股関節が伸びにくくなる事で、変形性股関節症特有の跛行パターンを作り上げるのです。荷物を持ってはダメということはありません。しかしながら、荷物を持つという行為自体が、どういった負担を身体に招くのかを理解し、対策を講じる必要があります。

レントゲン画像を拝見すると、その影響からか骨盤は歪み、脱臼側の股関節の軟骨の隙間は狭くなっているのが分かります。かばって歩いてきたため、浅い臼蓋から骨頭が少しずつ外へ逃げはじめています。これでは進行するのも時間の問題です。安全な荷重の仕方を再度学習する必要があります。運動感覚の良い方では2回目の施術でも十分に効果を実感頂けるでしょう。今後は画像上の変化も確認しながら、幼少期からの長年の癖が現れないように、定期的に可動域、筋力、日常動作をチェックしていく必要があるでしょう。変形性股関節症の進行させないためには、跛行が現れたその時がタイミングです!

 

【痛み】

「立ち上がったとき。歩いているとき。」

 

【ginzaplusへの期待】

「痛みの改善。」

 

【施術期間】

 計2回、約2ヶ月

 

【施術前・施術後 (クリックで動画に切り替わります)】

 

 

「公開講座」

■神奈川・横浜

 9月9日(土)午前10時30分〜12時 

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター横浜教室

■東京・湘南

 11月18日(土)午前10時〜12時15分

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター湘南教室

■東京・新宿

 12月9日(土)午後12時30分〜14時45分

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター新宿教室

■福岡・博多

 12月16日(土)時間未定

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター福岡教室

 

「出張施術」

■大阪 9月12日(火)〜16日(土)  8/1日よりホームページ上で予約受付開始します

■博多 9月27日(水)〜30日(土)  8/1日よりホームページ上で予約受付開始します

 

 

ginzaplus 佐藤正裕

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL