【変形性股関節症】「手術前」リハビリの効果

 

日本ではまだまだ認識は薄いですが、

「手術前リハビリ」を積極的に導入する医療機関も増えてきました。

 

先日ご相談頂いた方の冊子には、

 

 

「ウォーキングなどのエクササイズにおいて痛みが出現した場合でも、医師や理学療法士に相談しながら継続して下さい。」

 

と書かれています。

多少の痛みがあっても、動かす事が手術前であっても大切なんですね。

 

さて、本日も症例紹介です。

 

今日は90代の女性からのご相談です。

手術前リハビリをご希望されご相談にお越し頂きました。

 

【医療機関で診断された病名】

変形性股関節症

 

【解説】

「約2年前に症状がでてきて整形外科を受診、昨年後半に痛みがさらに悪化。家の中でどうにか歩ける状況ですが、今は主に歩行器を使用中です。11月末に◯◯病院を受診し、△月□日に手術予定です。入院は心房細動の飲み薬との関係で2月はじめになるかもしれませんがまだ確定はしていません。都内のリハビリ病院を探しリハビリを受けていますが、どうやら専門ではないようです。緊急で申し訳ありませんが、手術に向けたリハビリ指導をよろしくお願いいたします。」

 

【理学療法士コメント】

手術前リハビリの効果は、身体、精神的な側面、両面への効果が期待できます。

現在では入院期間が短縮され、手術後もリハビリ期間も益々短くなっています。そうした医療環境においても、できるだけ手術前から術後に想定されるリスクを考慮し、股関節を動かして行く事は術後のリスク(脚長差や反対側への痛みなど)を最小限に抑える事ができます。同時に、手術前リハビリを通じて、人工関節への理解を深めて行く事は、その後も不安なく安心して過ごせるようになるためにも極めて重要です。

今回こちらの患者様は、手術後に約2センチの脚長差が生じてしまいました。

脚長差が生じてしまう理由には、術者の技術や手術時の肢位など様々考えられますが、手術前にしっかり歩きの指導や股関節の使い方を習っておく事で、現在では、インソールなどを入れる必要もなく、スムーズな歩行が実現できています。術後1年が経った今では、小走りやスキップができるまでに回復されています。大好きなゴルフも再開され、月に1回のペースで銀座へもメンテナンスにお越し頂いております。

手術後に想定されるリスクとは、脚長差などの影響による跛行の発生と、それに伴う反対側の股関節への痛みです。

片側の人工関節を入れると多くの方が反対側まで手術を迫られるように、痛みがなくなったとはいえ左右対称に股関節を操れるようになる方は少なく、杖を使ったり極端に運動量を制限しない限り、運動量だけが増せば、やがて数年以内に反対側への手術を迫られる事が多くあります。手術日が決まったその日から、手術後の心身の回復に備え、手術前リハビリを実施する事も望ましいといえるでしょう。

 

【痛み】

「歩行。」

 

【ginzaplusへの期待】

「手術後の回復をスムーズに。」

 

【施術期間】

 手術前 3回

   手術後 10回

 

【施術前・施術後 (クリックで動画に切り替わります)】

 

「公開講座」のご案内です

 

■福岡・博多

 6月10日(土)午後1時〜3時

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター福岡教室

■東京・新宿

 7月8日(土)午後1時30分〜3時

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター新宿教室

■神奈川・横浜

 9月9日(土)午前10時30分〜12時 

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター横浜教室

 

ginzaplus 佐藤正裕

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL