【臼蓋形成不全】骨切り手術を宣告されて

 

今週土曜日7月1日(深夜12時)より8月の予約受付を開始します。

保存療法に興味がございましたら、ぜひこの機会にご参加下さい。

 

今日は仙台に滞在しております。

本日より3日間、仙台で施術を行います。

日曜日には、仙台でのトライアスロンにも初めて出場してきます。

4月の宮古島以来ですが、ショートですので2時間30分が目標です。

 

 

宮古島の写真が届いておりました。かなりキツそうですね、苦笑

ラン折り返し、30キロ付近と思われます。

何とか11時間台でゴールできましたが、プロの選手は8時間で駆け抜けるんです!?

本当に凄いです、同じ人間ですよ。私も、何とかそのレベルに近づけないかと日々もがいています、笑

まだまだトレーニングが足りませんね。

 

さて、本日も症例紹介です。

 

保存療法で最も重要な事は、問題点の抽出です。

画像を眺め、動きを診て、症状を伺って、様々な情報の中から本質的な痛みの原因にアプローチをしていきます。

何に悩んでいるのか。どこに比重が置かれているのか。

施術を重ねる毎に明らかになる部分と、初回一回で解決できる場合があります。

的さえ外さなければ、時間がかかっても確実な効果を実感頂けるでしょう。

 

股関節痛を抱えた30代女性からのご相談です。

 

【医療機関で診断された病名】

変形性股関節症(初期)、臼蓋形成不全

 

【解説】

「小さい頃からペチャンコ座りの習慣があり、学生時代はバレーボール部に所属。ストレッチの最中には、股関節が外れるような感じが度々あり、5、6年前からマラソンや水泳をはじめたのをきっかけに股関節痛を発症。半年前からは、股関節(特に右足)に違和感を感じ、最近は歩き出す時や立ち上がる時に痛みを感じるようになりました。大学病院で診察を受けたところ、初期の段階であると診断され、できれば一年以内の骨切り手術を、と勧められました。大きな手術だということで、できればほかの方法がないかと思い、こちらにたどり着きました。」

 

【理学療法士コメント】

変形性股関節症との診断が下されても、画像上に大きな変化もなく、杖も必要なく歩けるレベルであれば、まず手術の必要は否定できます。変形性股関節症の初期の方が、どのような過程を経て進行し悪化していくのか、ご存知でしょうか。こちらで様々な症状を拝見する限り、幼少期における身体の使い方の癖や、その後の一連のかばう姿勢や動作が、症状の進行に関与しているように思われます。

例えば、出っ尻姿勢。

痛みを抱える以前からある場合と、痛みを抱えてから生じる場合があります。

こうした運動パターンも、できるだけ早期に改善ができていれば、股関節痛を発症させる事もなかったでしょうし、たとえ発症後に陥ったとしても、早く抜け出せるよう指導を受けられば、その後の進行は食い止められます。

横からの動画が象徴するように、股関節症の方では決まって、お尻を引き、股関節前面が伸びなくなります。その結果、股関節周囲の筋肉は硬く縮こまり、可動域にも制限をもたらし、お尻の筋肉は働く機会を失う事で、薄く痩せてしまいます。変形性股関節症を進行させないためには、正しい股関節での体重の乗せ方を、一から改めて学習する事が必要なのです。

変形性股関節症の保存療法とは、単にその場限りの症状を緩和させるような対症療法ではなく、将来的に一生自分の脚で歩けるようになるための取り組みです。そのためにはまず、ご自身の身体の使い方の癖を理解して頂き、その改善に向けたプログラムを正確に実践する事です。医学的な情報ももちろん必要ですが、初期の場合では、身体の使い方を調整する事で痛みは解決されます。進行を予兆させる運動パターンがあれば速やかに改善し、健常者の歩容パターンに近づけていく。こうした努力と意識こそが、将来手術に至らせないためにも、大切なのです。

 

【痛み】

「長く歩けない。股関節を開くと痛む。」

 

【ginzaplusへの期待】

「将来手術をしないで生活できるようになりたい。」

 

【施術期間】

 計1回

 

【施術前・施術後 (クリックで動画に切り替わります)】

 

 

「公開講座」のご案内です

 

■福岡・博多

 6月10日(土)午後1時〜3時

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター福岡教室

■東京・新宿

 7月8日(土)午後1時30分〜3時

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター新宿教室

■神奈川・横浜

 9月9日(土)午前10時30分〜12時 

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター横浜教室

 

ginzaplus 佐藤正裕

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL