【変形性股関節症】臼蓋形成不全は本当に進行するのか?

 

先日は福岡で朝日カルチャーセンター主催の勉強会が開催されました。

今回もほぼ満席でしたね。毎回多くの方にご参加頂き本当に嬉しく思います。

 

 

マンツーマンの個別指導はもちろん大切ですが、私は、こうした機会をもっと増やさなければと考えています。

皆さんの真剣な眼差しと前のめりに聞き入る姿勢、独特な緊張感の中で、毎回楽しく講師を務めさせて頂いております。次回福岡では12月に勉強会を予定しておりますが、その前の9月27日〜3日間、福岡へ滞在致します。

個別の施術をご希望でしたら、ぜひこの機会にご利用下さい。8月1日〜受付を開始致します。

 

さて今日は、「臼蓋形成不全は本当に進行するのか」、

我々専門家にとってもそして皆さんにとっても最大のテーマではないでしょうか。

 

日本では臼蓋形成不全=変形性股関節症と決めつけられている感がありますが、世界では決してそんな事はありません。

昨年参加した変形性関節症の国際会議の中でも、臼蓋形成不全などの骨の形態異常は進行を助長する一要因ではあるけれども、それ以外に、骨密度、ホルモン、筋力、アライメントなど複数が関与し、変形性股関節症へ至る可能性がある事が報告されています。また最近の研究論文でも、臼蓋形成不全にはいくつかのタイプがある事が分かり、通常のレントゲン写真では平面でしか確認できないため、本当の意味でのリスクを確認する事が難しい事も述べられています。おそらく日本では、本来変形性股関節症とは無縁の方まで、臼蓋形成不全が存在するだけで、変形性股関節症患者とレッテルを貼られ、手術を避けようと必死になっている方も多いのではないでしょうか。

 

さて、臼蓋形成不全であっても進行するかしないのか、一番分かりやすいのは「歩き方」です。

極端に内股であったり、外股であったり、また痛みの経過から跛行を続けていると、遅かれ早かれ変形性股関節症へと移行する事が多くあります。

 

下の動画をご覧頂きましょう。

まだ軟骨も十分にあり骨の変形がない臼蓋形成不全保有者ですが、明らかな跛行が確認されます。

 

 

後ろから診れば、左右に大きく身体を揺すり、

横から診れば、お尻が引けた中で荷重を繰り返しているのが分かります。

 

世界が訴える症状が進行する可能性のある臼蓋形成不全とは、まさにこうした症状です。

臼蓋形成不全に併せ、上手に体重を乗せられていない状況が続けば、症状は進行の恐れがあります。

狭い、浅い屋根の下でも、大腿骨の骨頭を安定して支えられるだけの筋力、バランス、可動域さえ確保できれば、症状の進行も免れるのです。

 

変形性股関節症を促すのは、誤解や怖さです。

 

誤解や恐怖 → 股関節から外した荷重 → 筋力低下や可動域制限 → 軟骨の損傷と骨の変形 → 脚長差  

 

医療機関で植え付けられた、もしくは偏った情報から恐怖心が芽生え、股関節でまともに荷重ができない状態が繰り返され、一連の負の連鎖を引き起こします。私が、各地で開催させて頂いている勉強会が非常に大切だと感じるのは、この点です。股関節の痛みの管理において最も根幹ともいえる最重要課題について、直接アプローチができるからです。

 

誤解を晴らし、正確な情報の元、これまで通りの生活を営む。

 

臼蓋形成不全があっても、変形性股関節症へと進行する人とそうでない人。

この違いは、一体、何なのでしょうか。

臼蓋形成不全だけが変形性股関節症を進行させるワケではないはずです。

 

 

「公開講座」のご案内です

 

■福岡・博多(終了しました)

 6月10日(土)午後1時〜3時

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター福岡教室

■東京・新宿(残席わずか)

 7月8日(土)午後1時30分〜3時

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター新宿教室

■神奈川・横浜

 9月9日(土)午前10時30分〜12時 

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター横浜教室

 

ginzaplus 佐藤正裕

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL