2016年とこれから

 

昨日12月28日をもちまして、本年度ginzaplusの仕事納めとなりました。

ブログやホームページ、講演会を通じ、昨年以上に多くの皆様に保存療法へチャレンジして頂き、本当に嬉しく思っております。

変形性股関節症に関わらせて頂くようになって、私がまずお伝えしなければならないと思ったのは、手術以外に「保存療法」という介入手段がある、という事実です。海外では日本よりもずっと先にその効果を立証し国単位で活動を続けています。しかし、ご存知のように日本では医療システム上の問題や医療者側の意識の違いから、十分な保存療法が提供されていません。見渡せばここ数年で人工関節センターが各地に乱立し始め、治療の主流は確実に「手術」に傾きつつあります。それでも世界の臨床家は保存療法の効果を強調し普及させようと取り組んでいます。だからこそ同じ視点で、医療とはまた別の角度から、保存療法への理解を広く多くの方にお届けしたい、と思っております。

 

来年前半までの予定です。

 

【2017】

1月・・・大阪出張施術

2月・・・福岡出張施術、朝日カルチャー講演会(湘南)

3月・・・(トライアスロン)

4月・・・大阪出張施術、朝日カルチャー講演会(新宿)、(トライアスロン)

5月・・・仙台出張施術

6月・・・朝日カルチャー講演会(湘南)、朝日カルチャー講演会(福岡)、福岡出張施術

 

今年はあまりの忙しさにほとんど出場できませんでしたが、来年はトライアスロンへも力を入れます。以前のブログでも公言した通り目標は50代での世界選手権へ出場!です。皆様の挑戦とともに自分自身も成長し続けたいのです。私の理学療法士としての人生は「保存療法の普及と発展」それと「トライアスロン」、この2つに尽きます。苦しい時の支えになるのが、トライアスロンで鍛えられた体力であり精神力。それらが活かされるのがまさに皆様との保存療法の現場です。

 

これから日課の朝ランに出かけてきます。

来年度も多くの皆様にお会いできますのを楽しみにしております。

どうぞ良いお年をお迎え下さい。年明けは5日(木)からスタートです!

 

ginzaplus 佐藤正裕

 

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL