【変形性股関節症】「進行性」とは?

 

変形性股関節症が指す「進行性」とは、

一体何を表す言葉なのでしょうか。

 

努力をしても防げないものなのか。

それとも努力の仕方や程度によっては、

進行を阻止することも可能なのでしょうか。

 

私が、進行を助長される要因の一つと考えているのは、

医療者側あるいは患者さま側に蔓延する

「安静にしなければならない」という誤った認識です。

 

それは活動量全体を下げることでもありますが、

股関節を極力使わなくする、つまり、かばうことです。

 

想像してみて下さい。

 

人間、安静にすれば筋肉は落ちます。骨も脆くなります。

血液が全身行き渡らなくなれば、当然、軟骨も痩せ細ります。

 

医療機関を受診すれば、

50代、60代の方たちへが杖をつくよう指導されてしまう世の中です。

果たしてそれで本当に楽になるのでしょうか。

一時的な快楽はあっても避けられないのは将来的な手術でしょう。

ここは皆さま自身が気を付けていないと、

数ヶ月のうちに変わり果てた姿と直面することになります。

 

先日、7年振りにお越し下さった方がいらっしゃいました。

 

股関節の痛みは軽減された様子でしたが、

歩容を改善したい、とのご希望でした。

しかし、ご本人も仰っておりましたが、当時とはまるっきり別人です。

 

股関節症特有な歩容パターン。

上下、左右に揺れ、可動域制限に伴う脚長差の存在も明らかでした。

 

触診すると股関節周囲の筋力はすっかり痩せ細り、

股関節痛は改善されたは仰っておりましたが、

跛行による腰痛に悩まされているようでした。

 

お聞きすればこの数年間、

ノルデッィクポールを使用し歩いているとのこと。

 

少しでも痛みが楽になる、

動けるようになるのであれば、どんな手法、

何を行っても基本的には良いと思っています。

 

但し、繰り返しお伝えしておきたいのは、

一時的な安静ならばまだ影響は少ないでしょうが、

長年に渡り、股関節を使わない、かばって動き過ぎてしまえば、

やがて、取り返しのつかいない事態に遭遇します。

 

「病識」という言葉があります。

変形性股関節症とはどういう病なのか。

保存療法をはじめるにあたって、

この部分を学習することが非常に大切です。

 

本来ならば、

健常者並みの歩容の獲得も無理ではなかったはずが、

ちょっとした理解の欠如から脚長差、拘縮などが生じてしまえば、

目標を低く設定せざるを得なくなります。

 

今の状態ももちろん優先すべきですが、

同時に10年後、20年後を見据えた新たなチャレンジも

課していく必要があるのでしょう。

 

ノルデッィクポールに限らず歩行補助具全般を使用する際には、

「進行」を助長することがないよう

その意味を今一度考え

「目的」をはっきりとさせておくことが大切です。

 

ginzaplus 佐藤正裕

 


にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ

コメント

6女さん、
はじめまして。
ノルディックポールは使い方が全てです。
ポールが単に両杖代わりになり、完全に頼って歩いている方を多く拝見します。これではなかなか筋力強化は望めないかも知れません。

私は滅多にノルディックポールを勧めることはありません。唯一車椅子を余儀なくされている、あるいは片杖によってバランスを崩している場合のみ、一時的に使用を勧めることがあります。

変形性股関節症の方にとってのノルディックポールとは、太ももの太さに左右差がある、可動域に問題があるようでしたら、使用にあたって必ず知識のある専門家の指導を仰いでおきましょう。

もちろん、どのレベルの改善を目指すかにもよりますが、健常者並みの姿勢、歩容を目指す上では、ノルディックポールが機能回復の妨げになることがあるからです。

  • ginzaplus 佐藤正裕
  • 2016/07/23 15:04

割り込み、すみません。
私は4年前に、股関節変形症と診断されました。
佐藤先生のブログやいろんな方の意見も聞いて、杖も付かず、骨盤を立てるように歩いたり、水中でのストレッチ、スクワットなどの筋トレをしています。
ノルディックポールを使った、ウォーキングもこれからやろうと思っていたのですが、 この記事を見て躊躇しています。
先生にお伺いしたいのですが、ノルディックポールでも使い方によっては、筋トレになるのでしょうか?
それとも、ノルディックポールを使うだけで筋肉を衰えさせてしまうのでしょうか?
お忙しいところ、申し訳ありませんがお考えをお聞かせください。
この記事を読んで不安になりコメントさせていただきました。
よろしくお願い致します

  • 6女
  • 2016/07/23 12:25

みるくさん、
はじめまして。
やはり印象に残りやすい方はいらっしゃいます。保存療法を「安静療法」と勘違いされている方も多いようです。
海外で実際に行わている保存療法とは、皆さんが想像する以上に積極的かも知れません。

そうですね、ノルディックポールも変形性股関節症の方へは「どういった用途」で使うのか、この辺りを予め抑えておかないと、大変なことになるなとつくづく感じています。

完全にポールに頼って歩き始めてしまう。。。多いようですね。

お問い合わせフォームからお送りいただけましたら、優先的に空き枠をご案内させていただきます。どうぞよろしくお願い致します。

  • ginzaplus 佐藤正裕
  • 2016/07/21 05:58

股関節症と診断されて、20年。病院では、毎回手術を勧められ…この病気は、手術以外に方法はないと、ずっと思っていた所に、保存療法があることを知りました。現在 保存で診てくれる病院に通っています。そこでは、ノルデックポールをすすめられ、私もずっと使っています。股関節に負担を掛けず、身体のバランスも崩さない…と言うことで、使っています。先生のblogを拝見すると、ノルデックポールをずっと使うことによって、状態を悪くしてしまうのでしょうか?私も2年くらい使っています。とても心配になり、コメントしてしまいました。
先生は、7年前に受診した患者さんの筋肉の状態を覚えていらっしゃるのですね。素晴らしいと思いました。blogを拝見していても、一生懸命に診てくださるのが、伝わってきて、私も1度診ていただきたいなと思います。(予約いっぱいで、取るのが難しそうですね)

  • みるく
  • 2016/07/20 21:43
トラックバック
この記事のトラックバックURL