【変形性股関節症】骨盤スイング 雑誌「壮快」10月号


よつばのクローバー
おはようございます!


昨年の暮れ、一本の電話がありました。
某テレビ局からです。
脚の不自由な女性を演じる、
「最高の人生の終り方〜 エンディングプランナー〜」
前田敦子さんへの演技指導の依頼でした。


ドラマの中での
床からの立ち上がり方、靴の着脱方法、歩き方など、
様々な状況を想定し、
夜遅くまで何度もビデオに録り直しながら、
事細かにアドバイスさせていただきました。


今回新たな依頼があったのは、今年の7月。
マキノ出版健康雑誌「壮快」への掲載依頼でした。
これまでも何度となく、
本の執筆依頼、雑誌への紹介など、
お誘いをいただいておりましたが、
構成内容、条件ともにピッタリ合致したため、
はじめて御承諾させていただきました。


内容に関しては、
もうすでにご購入済みの方は御存知かと思われますが、
骨盤を基本に“正しい股関節の動かし方”を
御紹介させていただいております。


「股関節の運動」というと、
一般的に、
脚を開いたり、脚を持ち上げたりなど、
骨盤に対する大腿骨の運動、
つまりは、太ももの運動をイメージされがちですが、






痛みを経験されている方にとっては、
こうした運動はかなりの負担が予測されます。
スタントのお仕事や
ダンスのインストラクターでは必要とされても、
そこまで目指さない、普通に生活するレベルでは、
「やっても良いけど、やらなくてもいい」
そんなリハビリメニューの定番です。


それよりも、
人間の動きの特性、
股関節痛が生じる所以を理解できると、
足を地面に着けた中での股関節の運動、
つまり、
太ももに対する骨盤の運動の方が、
日常的にも様々な場面で効果が期待できそうです。
そして、何より安全、リスクが少ないのが
この運動方法の利点です。


特に、
変形性股関節症との診断を受けた方は、
病期の進行過程の中で、
この骨盤の動きが極端に狭くなる、
御自身ではコントロールできなくなるのが特徴です。


そうならないための早目の対処が必要です。


ところで、
下の図、良く似ていると思いませんか!?
「先生、そっくりですね!」と先日お越し下さった方に
お褒めのお言葉を頂戴しましたが、
確かに見ると、似ていますね。
取材当日はビデオ撮影もありましたので、
その様子を元に描いて下さったのだと思いますが、
こうして記録に残るのですから
ありがたいことですね(笑)



【壮快】10月号より抜粋 マキノ出版


さて、皆さんの中には、
「えっ、骨盤って動くの!?」と、
驚かれる方もいらっしゃるかも知れませんが、
骨盤は、本来前後左右へと動くものです。


ただ、その動きの幅は極僅か。
これをコントロール出来るようになれば、
皆さんの保存療法も一歩前進、
内容の濃いモノに様変わりするでしょう。
骨盤を動かして日常生活動作に役立てる。
これが身につけば、
痛みとも上手に付き合うことができるでしょう。


そして、最も大切なことは、
骨盤の傾き次第で、
股関節まわりの筋肉の働きがガラリと変化することです。


お尻や太ももの裏の筋肉が痩せてきてはいませんか。
もしかすると、
普段の骨盤の傾きに何か原因があるのかも知れません。


多くの股関節症の方の筋力低下の原因は、
正にここにあるのです。


筋力トレーニングをやっても痛くなる、
成果がなかなか上がらないとお悩みの方にとっては朗報です。
過酷なリハビリメニューに汗を流すよりも、
これまで気にもしてこなかった骨盤の動きに目を向けることで、
新たな芽が生まれるかも知れません。


紙面上では限りがあるため、
ワンポイントレッスンの中で、
改めて詳しく御紹介させていただきます。


そこで御案内です。


【股関節セミナー 秋 〜正しい股関節の動かし方〜】

〜お申し込みをありがとうございました。
  また次回も企画しております。よろしくお願い致します。


日時:来月10月6日(土曜日)
    午後1時30分〜約1時間

場所:東京都中央区銀座7丁目
    当セラピールームにて行います。


「第3回 股関節セミナー 秋」と題して、
股関節痛を抱えた方向けのワンポイントレッスンを行います。
骨盤を中心に正しい股関節の使い方をご指導致します。
特に日常生活における
立ち上がり、歩行、立ち姿勢、
これら3つの動作の中での股関節の使い方を個別にチェック致します。


当日は、動き易服装でお越し下さい。


定員人員人クラス約4名、
参加費は2500円です。
※今回は医療関係者の御参加はお控えください。


特に、慢性的な腰痛、
椅子からの立ち上がり時に痛みが生じやすい方には、必見です。


御希望の方は、
こちら御予約フォームより、
空いている時間をクリックし、
下記問い合わせ欄には
「股関節セミナー」、「手術の有無」を明記し、お申し込みください。
数日以内に再度確認メールをお送りさせていただきます。


当日は、沢山の笑顔、驚きにめぐり会えますことを
楽しみにしております。


どうぞよろしくお願い致します。






ホームページは
こちらから…

■出張セラピー 予定

 仙台:平成24年9月23
日(日)〜25日(火)   募集を終了しました。
 大阪:平成24年10月18日(木)〜21日(日) 募集を終了しました。

■専門家の皆様へ
 
 現在治療院、整体院、接骨院等で開業されている治療家の先生方、
 股関節症に対する保存療法について一緒に考えてみませんか。

 それぞれの専門的な立場から、
 お互いの情報を共有し、保存療法の質の向上を目指していきましょう。
 
 ご興味のある先生は御連絡をお待ちしております。

■ご予約状況

 
こちらの
予約フォームからお申し込みください。
 11月のご予約状況は、10月1日にアップ致します。


にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ
コメント

桜庭 輝子 さま
お問い合わせをありがとうございます。
ダイレクトメールをお送りさせていただきました。
ご参考になさって下さい。

  • ginzaplus 佐藤正裕
  • 2018/09/02 10:36

変形股関節症で、整形外科へ通院してます。
先生の講演会など、申込み希望します。

  • 桜庭輝子
  • 2018/09/01 09:25

東京会場での、講演会日をよろしくお願いします。
二カ月位前から、変形股関節症で、整形外科へ、通院してます。
銀座プラスへの、施術も希望してます。



  • 桜庭輝子
  • 2018/09/01 09:22
トラックバック
この記事のトラックバックURL