【変形性股関節症】福岡出張施術&講演会のお知らせです

 

先週は学会でスペインに滞在していました。

スペインという国は初めてでしたが、

街中を歩き、地元の方たちと触れるとその国の健康事情が分かります。

まず気がついたのは、

杖を使用している方をほとんど見かけなかったことです。

1週間の滞在で10人に満たないほど。

日本よりも大柄な太った人は少なく、

朝から晩まであちらこちらで運動している人をよくみかけます。

歩くスピードは日本人以上、グイグイ追い抜かされました。。。汗

 

また美食といわれる国だけあって、食事はいたってヘルシー。

国の政策なのでしょうか米国系のジャンクフード店や

コンビニエンスストアーも少なく、

加工食品よりも手をかけたメニューが店頭に並びます。

 

帰国し改めて調べたところ、

やはり平均寿命も日本とさほど変わりません。

医療体制は日本の方が優れているように思われますが、

個人の健康への意識、生活の上での豊かさは

スペインの方が上のようにも感じられました。

 

世界保健機関(WHO)のWorld Health Statistics 2016(世界保健統計2016)

 

さて、今日は勉強会のご案内です。

 

年内最後となりました勉強会は福岡・博多で開催されます。

今回は今年参加してきたオランダ、スペインでの学会報告を交えながら、

股関節痛の予防と対策に世界はどんな取り組みを行なっているのか?

その考え方や具体的な方法について、

各国の実績をもとにご紹介させて頂きます。

 

また地域柄、

九州では骨切り手術と関節鏡が盛んに行われています。

そのメリットやデメリットに関しても、

実際の手術後のVTRをご覧頂きながらご説明させて頂きます。

 

 

既に残りわずかとなっているようです。

ご希望される方は、

「朝日カルチャーセンター福岡教室」までお願い致します。

 

それと併せてマンツーマンによる施術も受け付けております。

こちらも残席わずかです。

沢山のお申し込みをありがとうございます。

 全日程ご予約済みとなったためもう1日追加しました。

 11月30日(水)〜12月3日迄に変更です。

 

詳しくはホームページをご参照下さい。

 

 

ginzaplus 佐藤正裕

 

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ

 

【勉強会開催のお知らせ】最新の股関節治療事情 2016 in 大阪(9月)

 

「保存療法」についての勉強会を開催致します。
当日は講義と実技を予定しております。

動き易い格好でお越し下さい。

 

内容:
前半の講義では「保存療法」にはどういう方法があるのか、
世界の実績をもとにご説明します。
正しい筋力トレーニングの仕方と日常動作で気をつけるべきポイント。
1日の歩行量の目安やインソールの効果、

関節症によいとされる食べ物に関してまで。
今年3月にオランダで開催された

「変形性関節症国際会議2016」の内容をご報告します。
また、最先端の手術療法についてもご説明させていただきます。
後半の実技では、
痛みの予防と再発には欠かせない

「正しい姿勢と歩き方」の指導を行います。
意識すべき筋肉、重心の位置など股関節を安全に、

上手に使うためのポイントを確認しましょう。

 

日時:2016年9月9日(金)午前10時〜 約2時間

場所:JR大阪駅そば「ホテル グランヴィア大阪」21階会議室
参加費:¥4.500(ginzaplus会員¥2.500) ※銀行振込をお願いします。

定員:30名(キャンセル待ち 9/5現在)

対象:患者さまが対象です。
先天性股関節脱臼、臼蓋形成不全、変形性股関節症、

股関節唇損傷など股関節疾患を診断された方、

 

申込み:事前申込みが必要です。
ご希望の方は、
こちらのお問い合わせフォームよりお申し込み下さい。

定員になり次第締め切らせていただきます。
 

ginzaplus 佐藤正裕

 

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ

【勉強会開催のお知らせ】股関節痛治療の最新事情 2016 in 東京(7月)

 

好評につき第2回を計画しました。

 

世界の股関節痛治療の実際に触れられる機会です。

股関節治療の専門家が、

どういった考えのもと、何に力を注いでいるのか。

 

最新の治療事情を学び、情報交換の場としてご活用下さい。

 

現在キャンセル待ちです。

 

【日 時】2016年7月24日(日)午後3時〜

     勉強会は約1時間、その後質疑応答、

     ディスカッションを予定しております。

【場 所】東京・銀座 ginzaplus内 

【内 容】オランダで開催された「変形性関節症国際会議」の報告

【参加費】無料(ginzaplus会員さま限定)

【募集人数】10名ほどの少人数制

【お申し込み方法】

お問い合わせフォームよりお名前とIDをお知らせ下さい。

 

前回の感想です。

 

「貴重な時間を有難うございました。

先生のプレゼンで世界の最新治療方法を改め確認し、
同じ病気で頑張っている方々との交流は何よりも励みと共に、ストレス解消になりました。
特に女性には【話してストレス解消】は大きいことだと痛感するのみです(笑)」

 

「本日の勉強会,貴重な情報と時間を共有させていただき,ありがとうございました!

現在,私の周りには股関節疾患の方はおらず,経験談など聞かせていただく機会はなく,
また,自分の症状について相談などできることもない状態。
ですが,今日は生の声,経験談を聴かせていただくことができ,ありがたかったです!」

 

ginzaplus 佐藤正裕

 

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ

 

【OARSI】2016 変形性関節症国際会議 報告会

 

今週火曜日、平日のお昼間にも関わらず、

多くの方にご参加いただきまして誠にありがとうございました。

 

今年3月にオランダ・アムステルダムで開催された、

変形性関節症国際会議の報告会をさせていただきました。

 

会議では、

冒頭から保存療法の有効性が説明され、

歩くことの重要性、適切な歩数と歩行が与える軟骨への影響と

インソールによる効果。

日常生活動作では、

自転車の乗り方と椅子からの立ち上がり方を例に

適切な股関節の使い方と中殿筋への影響。

また日本人には外せない臼蓋形成不全の話題まで、

直ぐにでも皆さまと共有しておきたい内容ばかりでした。

 

保存療法に取り組む上で肝心なのはその「中身」です。

 

人間1日に与えられた時間は24時間。

限られた時間の中で、

質の高い運動療法を実践し、

いかに短期に、確実な効果を引き出すかが、

世界の股関節治療の現場では求められます。

 

日本の保存療法といえば、

一般に脚上げに代表される筋力トレーニングであったり、

最近では貧乏ゆすりやノルデッィクウォーキングなどが注目されますが、

こうした内容が触れられることはありません。

 

研究に研究が重ねられ、

その道の専門家により安全で確実な手法が推奨されます。

筋力トレーニングひとつとっても趣向を凝らしています。

 

世界は手術を敬遠しはじめ、

高騰する医療費に歯止めをかけようと必死です。

ヨーローッパ諸国、オーストラリアなど

国と大学病院が一丸となってプログラムを作成し、効果を立証しています。

 

会議は4日間。もちろん全て英語です。

残念なことにこの場に出席する日本人はほとんどおりません。

名刺を交わしたのは研究職の方。

これでは当然最新の事実が伝わりにくいのも無理もないでしょう。

 

保存療法により痛みを克服された方、再び趣味活動に復帰できたのなら、

ぜひそのプラスの効果を、

これから保存療法を始める方へもお届け下さい。

 

年内にもう数回、こうした機会を設けたいと思います。

今回は卒業間近の方にも何名かご参加いただきましたが、

痛みのコントロールには、前向きに考えられる場が必要です。

先輩方のアドバイスが不可欠です。

 

また笑顔でこの場に集まれる日を楽しみにしております。

 

 

 

ginzaplus 佐藤正裕


にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ

【勉強会開催のお知らせ】最新の股関節治療事情 2016 in 大阪(予告)


先週の大阪出張でもブログの「しゅふこさん」、
皆さま大変良く読み込んでいらっしゃいますね!

私にとってはしゅふこさんと同じく忘れてはならないのが、
「ふらんぼわ〜ず」さんの存在です。
幼少期の影響、脚長差こそありましたが、
保存療法へ非常に熱心であったおひとりです。

何とか保存療法で救って差し上げたかったのですが、
活動量には勝てませんでした。。。

保存療法の場合、常に考えなくてはならないのが、
症状に合った運動量です。
動き過ぎてもダメ、動かな過ぎても難しいのです。

悩みましたが、当時の家庭内での役割を考えると、
保存療法よりも手術を選択した方が、
より短期に目標が達せられるであろう、と考えられました。

但し手術後、常に気を付けておかなければならないのは、
反対側の存在です。
人工関節は行うと必ずといって良いほど、
反対側が待っています。
活動量が多い方、術前から跛行の影響が強い方は、要注意です。

調子が良くてもできるだけ年に一回は
メンテナンスをお受けておきましょう。

さて、
ginzaplus主催の勉強会、銀座開催は既に満席でございますが、
9月上旬には大阪でも開催を予定しております。
日時はまだ未定でございますが、おそらく平日の午前中になるでしょう。
場所は、いつものホテルグランヴィア大阪内の会議室です。


今回は少し広い場所を確保できそうですので、
ginzaplus会員の方以外も
保存療法にご興味ある方はご参加いただけます。
テーマは、先日の関節症国際会議でトピックに上がった内容を
実技と併せてご紹介するつもりです。

またブログにてご案内させていただきます。

もう終わるといったブログ「もっと知りたい股関節痛!!」
まだまだ続きますが、
今後ともよろしくお願い致します!


ginzaplus 佐藤正裕

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ