【武蔵野さくら倶楽部】股関節治療の情報提供友の会

 

「保存療法があったのなら、手術の前に受けてみたかった。」

「手術してこんなに楽になるのなら、もっと早くしておけば良かった。」

 

本来なら症状や希望に合わせ、当たり前に平等に、情報提供がなされるべきですが、専門外来を受診しても、中々事実を教えて下さらない状況が日本には存在します。

 

「手術をされた方、これからされる方、手術以外を模索されている方、子供から大人まで」

この度、これまでにはなかった新たなスタイルの患者会が設立されました。

 

運動療法を経て克服された患者様と股関節専門外科医がタッグを組んで創られた患者会です。

ginzaplusも陰ながら何らかの形でサポートさせて頂くつもりでおります。

 

武蔵野さくら倶楽部

 

治療選択の参考にされては、いかがでしょうか。

 

ginzaplus 佐藤正裕

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ

【2012 股関節セラピーginzaplus】

 
よつばのクローバー



新年あけましておめでとうございます。
昨年は日本にとりましても、世界においても激動の一年でした。
今年は少しでも安らぎを取り戻し、
皆さまにとりまして良い一年となりますことをお祈り申し上げます。


さて今年も股関節の話題について
少しずつ触れてまいりましょう。


「股関節の痛み」といっても、
その痛みに対する考え方は、医療機関によりそれぞれです。
手術一辺倒でしか考えていないところや、
保存療法の可能性を模索してくれるところも存在します。


以前私が勤めていた大学病院は、
比較的公平な診方で治療にあたってくれる医療機関の一つです。
以下、
ホームページより抜粋致しました


変形性股関節症

変形性股関節症を患う方は意外と多いもので、
股関節診を受診される患者さんの半数以上がこの疾患でお悩みです。
この疾患は、何らかの原因により、
股関節の軟骨が擦り減ってしまう疾患ですが、
かなり進行して軟骨がほぼ消失してしまうと、
歩行時に股関節に著しい痛みが生じ、「長く歩けない」
「日常生活が満足に行えない」といった状態になる傾向があります。
このような患者さんに対しては、
股関節を人工関節に取り替えてしまう方法(手術)が、最も手っ取り早く、
効果も絶大なものがあります。しかし、あまり手術は受けたくないものです。手術にはある程度の危険が伴いますし、
人工関節には耐用年数があります。また、急いで手術を受けなくても、
運動療法をしているうちに股関節が自然修復され、
痛みが軽くなってくることもあります。当科では、
他院で人工関節への置換を勧められた方が来院された場合でも、
まず運動療法をしながら経過をみることから始めます。そして、
症状の変化やX線検査の結果をみながら、
現在と将来をどのように対処していくのが良いかをじっくりと話し合い、
治療方針を決めるようにしています。


実際に股関節専門ドクターが認めているように、
変形性股関節症であっても、時期や症状によっては、
運動療法でも十分に症状の改善が期待できるのです。


但し、医療機関によっては、
同じレントゲン画像や症状であっても
真っ先に手術を宣告されることもあります。


何気なくかかった病院で
予想すらしていなかった手術をいきなり宣告され、
不安を焦燥感にかられ、坂道を転げ落ちるように症状が悪化するのは、
頻繁に耳にする話しです。


股関節の痛みとは、
それだけ心理的影響を受けるだけに、
皆さんの最初の病院選びには、
ぜひ慎重になっていただきたいと思っています。
痛みの専門家であるはずの医療関係者が、
痛みのメカニズムを知らない現実があるからには、
我々患者側にも事前勉強が必要な時代です。


但し、先ほど取り上げました運動療法も
必ずしも万能かと言ったらそういう訳でもありません。


stereotype的な運動療法メニューだけでは、
対症療法の領域を抜け出せない場合もございます。


運動により改善する可能性があることを導きだせたなら、
更にその“運動の中身”を追求していただいたいと思っています。


最近では、
股関節症に起因する要因として
股関節まわりの「筋肉のバランス、働き」が注目を集めています。

Hip flexor muscle fatigue in patients with symptomatic femoroacetabular impingement Casartelli: Inter.Orthopaedics 2011

Iliopsoas Impingement: A Newly Identified Cause of Labral Pathology in the Hip Benjamin G. Domb:HSSJournal Vol.7 2011

骨頭(こっとう)を吊っている筋肉のバランスが崩れることで、
股関節は中心軸を失い、
骨頭と臼蓋(きゅうがい)の接触面を少なくすることで
関節内の様々なトラブルを引き起こすという内容です。
臼蓋形成不全を想像すると分かりやすいかも知れません。


理学療法士にとっては周知された概念ではありますが、
こうして論文となって発表されると、
また一歩、股関節症に対する治療手段にも幅が広がりそうです。


“筋肉を効率的に働かす”


少ない筋肉を如何に働かすか。
そのための有効な手段を
皆さんと一緒に身体を動かしながら考えています。
個々に合ったベストの運動療法を追求しています。


そのために、今年は2つのことを徹底していこうと考えています。


それは…。


今朝は少し長くなりましたね(汗)
また次回のブログで触れさせていただきます!


それでは、今年もどうぞよろしくお願い致します。



P.S.

今年は人生初。一般参賀に出かけてきました。
























ホームページは
こちらから


■「平成24年2月仙台出張セラピー」
 2月18日(土)午後4時
 2月19日(日)午前10時
 上記お時間に空きがございます。
 御希望の方は、メールもしくはお電話にてご確認下さい。
 どうぞ宜しくお願い致します。

  
人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 骨・関節・筋肉の病気へ 

お役立ち情報が見つかりましたら、
応援クリックをお願い致します!

【2011 股関節セラピーginzaplus】


よつばのクローバー
こんばんは!


本日12月29日をもちまして、
本年予定していた全ての方の施術を終了致しました。
お一人おひとり、異なる症状を抱えた皆様から多くのことを学び、
また新たなる課題を掲げることができた一年でありました。
ありがとうございました。


今日最後は、股関節唇(こかんせつしん)損傷を疑われ、
人工関節の手術を勧められた方でした。
時代の流れなのか、
今年は特に関節唇損傷関連の患者さんが多い一年でしたね。


股関節唇に限らず、筋肉も含め、
股関節まわりの組織が痛むからには、
何か原因があるはずです。


その直接的原因を突き止めるためにも
今年は大阪の増原先生にも御協力をいただきまして、
外科的治療という側面から、
保存療法の可能性を考えた一年でもありました。


実際の手術の現場で、
人工股関節を入れる直前の関節内の状況をみると、
術前・術後に配慮すべきこと、
理学療法士として“予防的に”関われることが明確になってきます。



黙っていて、寝たきりの生活では、
股関節が痛むことはまずないでしょう。
無重力の世界、将来宇宙での生活が実現されれば、
股関節症患者さんの数は激減するように思われます。
地球上に存在する目に見えない力、
重力こそが“大きな敵”といえるのです。


これは、二本脚で歩く人間にとっての宿命です。


ところが、現在の医療環境では、
こうした背景に対して触れられることは少なく、
画像所見に終始し、本質的な問題点が伝わらないが故に、
無理な筋力トレーニングに走ったり、
一向に回復しない症状に余計な精神的な不安を抱え、
過剰な運動制限を課すことで、
治るはずの痛みも改善されず、悪化の一途を辿るように映ります。


しかし勘の鋭い方の中には、
この重力との付き合い方に問題意識を持ち
早期に治療に臨めたかたは、
手術など必要なく、スムーズに肉体的、精神的な苦痛から解放され、
また新たな生活を歩んでいけるのです。


最近、人工関節の耐久年数についての新聞記事が
頻繁に取り上げられていますが、
私は、大事に至る前の治療環境の整備が急務であると感じています。
もっともっと予防的な関わりの中で、
人の健康が大切に扱われるべきです。


手術はもちろん一治療手段としては、有効です。
ただ反面、本当に手術が必要であったのか。
手術後、疑問を抱える方たちが大勢いらっしゃるのもまた事実です。


ある一定の経過を辿り、進行していくのが変形性股関節症です。
現代医学の恩恵を受け、
ここ数年、その病態についてもあらゆる事柄が明らかになり、
対処の仕方次第では、
十分に進行を止められる病気であることも論文や文献等を通じて
分かってきました。


今よりも予防的な関わりを盛んに強化し、
早い時期から積極的に治療を行える方たちが増えてくれば、
間違いなく将来的には、
手術を検討しなければならない人たちは減ってくるであろう、
と予測しています。


様々なニーズがある中で、
股関節痛に対する手術以外の治療手段があることを
専門家の間ではもちろん、
困っている方たちにもぜひ知っていただきたいと思っています。
また、同時に、保存療法は決して万能な手段ではなく、
症状や進行度によっては限界があることも
専門家の立場から伝えていく必要があると感じています。


今年は、
股関節専門のドクターや理学療法士にも支えられ、
股関節の痛みに対し深く学ぶ機会を授かった
収穫多き一年でもありました。改めて感謝致します。


来年は、現在よりも豊富な治療プログラムを用意し、
より良い治療環境の構築を目指していきたいと計画しております。
具体的には…??
また来年のブログの中で触れさせていただきますね。


今後ともどうぞよろしくお願い致します。
良いお年をお迎えください<(_ _)>


◆平成23年12月30日(金)~平成24年1月3日(火)まで
 休業させて頂きます。

◆休暇中のメールでのお問い合せにつきましては、
  随時対応させていただきます。

◆平成24年2月予約状況をアップ致しました。
 施術を御希望の方は、こちらよりお申し込み下さい。
 自動返信メールにて、確認の御案内をさせていただきます。







ホームページは
こちらから


■「平成24年2月仙台出張セラピー」
 2月18日(土)午後4時
 2月19日(日)午前10時
 上記お時間に空きがございます。
 御希望の方は、メールもしくはお電話にてご確認下さい。
 どうぞ宜しくお願い致します。

  
人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 骨・関節・筋肉の病気へ 

お役立ち情報が見つかりましたら、
応援クリックをお願い致します!

楽しかった初トライアスロン!!

                      
よつばのクローバー
おはようございます!





昨日までは極度の筋肉痛を全身に抱えていましたが、
今朝はだいぶ落ち着いています。
昨日夕方、無事東京に到着いたしました。

初めてのトライアスロンレース、
しかも比較的距離の長いミドルに挑戦してきましたが、
目標だった完走を何とか手にすることができました。

当日は酷暑との闘いで、
熱中症対策をしながらのレースとなり、
途中、何度もくじけそうになりましたが、
島民の方たちの声援、
エイドステーションでボランティアをして下さった
子どもたちのエールに支えられながら、
最後は充実したレースを終えることができました。
本当に島中の皆さまには感謝の気持ちでいっぱいです!

確固たる目標をもち、
冷めることのない情熱をもち続けることができれば、
何でも実現できる!!なんて日々の練習を振り返りながら、
ゴール後の余韻に浸っておりました。
自信に繋がります!

さて成績はというと、
当日は約270名の選手が参加され、
私は81番、5時間50分代でフィニッシュ。
自分の弱点、今後の取り組むべき課題も見つかり、
また練習にも気合が入りそうです(^v^)
これはもちろん来年も出場ですね。

そして、twitter Facebook、Mailを通じて
たくさんの応援メッセージを下さり、ありがとうございました!
お陰様で、このように無事に完走でき、
次の一歩を踏み起こさせる大きな勇気をいただきました。
感謝致しております。

今日からまた新たな気持ちで、
皆さまの健康維持・向上にもお役に立たるよう精一杯努力させて
いただきます。まっ黒に日焼けしてしまいましたが、
別人ではありませんよ、本人です(笑)
今後ともどうぞよろしくお願い致します。




鹿児島・徳之島空港。
「第24回トライアスロン大会」横断幕も掲げられています。




到着すぐの感想は、まさに南国!
福岡より南は初体験の私にとって、空気、風、匂い全てが新鮮でした。




郵送した自転車は町の体育館に送られます。
これから汗だくになりながら、自転車を組み立てます。




その脇で、メカニックの方が出走前の
メンテナンスをして下さっています。
ちなみに、オリンピック選手にも帯同される専門家。
所属するトライアスロンチームのオーナーさんです!



前夜祭。
島の名物料理が並びます。フルーツをたくさんいただきました!
ビールはほどほどに…、美味しかった〜。




島のいたるところに基地反対の看板が…。




昨日月曜日に競りに出された7か月の子牛。
最後の手入れの真っ最中でした。
当日は沿道でのご声援、ありがとうございました!
ちゃんと耳に届いていましたよ!




レース1時間前。いやぁ~、緊張しましたね!
この時は最初のスイム2.3キロに向けウエットスーツを着たり、
スイム後の自転車76キロの準備に充てる時間です。




最後のラン21キロ無事完走です!
最高~!制限時間内に70代の選手たちも完走されてましたよ。
すごいですね。励みになりますね!




夜はパーティー。島独特の楽しみ方なんでしょうね!
終盤は舞台に上がりみんな踊る!踊る!
もの凄い熱気です!




翌日は地元岡前小学校にお招きをいただき、
子どもたちとの親睦会です。
子どもたちは皆、良い表情してましたね。




次のレースに向け、また頑張りますね!


今日の自転車通勤はお休みです(^O^)







☆2011年8末日までのご予約状況はこちらから確認いただけます。
  9月の予定は来月1日に公開致します。 


☆7月の「大阪出張セラピー」は、募集を締め切らせていただきました。


   





よつばのクローバーもっと知りたい股関節痛!!





皆さんの症状に合った耳寄りな情報が
見つかるかも知れません!?


人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 骨・関節・筋肉の病気へ
                     
応援クリックをお願い致します!

鹿児島・徳之島トライアスロンレース!!

               
よつばのクローバー
おはようございます!


昨日は本番レース直前、
最後のスイムトレーニングが終了致しました。
毎週、都内私立女子高のプールに、
30代~50代の働き盛りの男女が夜な夜な集まって来るんです。
なんだか異様な光景ですね(笑)


参加される方たちは皆さん輝いていますよ!
キラキラです!
何かに向かって目標をもつということは、
こんなにも人を明るく、前向きにさせるのですね。
とても良い環境で刺激になっています。
自分に合った“アラフォーの道”を
新たに発見できたような気でおります(^v^)


さて、一昨日今回お世話になる徳之島・天城町の小学校の子供達から、
激励のお手紙をいただきました!




これもまた嬉しい!
スタート前から涙が出そうです。


今回はボランティアの方が約3000人も参加し、
レースのサポートにあたって下さいます。
地元の方々に対する感謝の気持ちを忘れずに、
精一杯楽しんできたいと思っています。


また今回は、トライアスロンレースのために、
ginzaplusを7月1日(金)~4日(月)まで
お休みをさせて頂くことになりました。
現在お越し下さっている皆さまには、ご理解、ご協力いただきまして、
誠にありがとうございました。


今度お会いする際は、
今よりもひとまわりもふたまわりも身体、精神的にも成長し、
益々魅力溢れる治療者として、
新鮮な気持ちで施術にあたらせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。


それと最後にginzaplusについてのお知らせを一件…。
一昨日twitterツイッター上でもつぶやきましたが、
先日ある大手出版社から本の出版依頼のお話を頂戴いたしました。
内容的にも魅力的でしたが、
一度慎重に検討し、お答えさせていただくつもりでおります。
本の出版も今後の構想にはありますが、
今は、現在のginzaplusの「取り組み」と「成果」を
しっかりまとめておく時期でもある、と考えています。
まずはこちらの目標を優先させながら、
執筆活動にも少しずつ力を注いでいこうと思っております。


それでは、
これから幼稚園に子どものお迎え。
そのあと時間があればマッサージへ…。
上手くいくかな!?


今日は暑いっ!!
熱中症にはお気をつけて下さいね!






☆2011年8末日までのご予約状況はこちらから確認いただけます。
  9月の予定は来月1日に公開致します。 


☆7月の「大阪出張セラピー」は、募集を締め切らせていただきました。


   





よつばのクローバーもっと知りたい股関節痛!!





皆さんの症状に合った耳寄りな情報が
見つかるかも知れません!?


人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 骨・関節・筋肉の病気へ
                     
応援クリックをお願い致します!