【先天性股関節脱臼】30代への保存療法の実践

 

現在、年齢別に保存療法の取り組みについてご紹介しております。症状を悪化させない、特有の癖を作らないためには、痛みが出始めの初期の「知識」がとても大切です。騙しだまし使っても、跛行が身に付いてしまえば、その後生活動作にも支障をきたします。海外では、日本ほど歩き方を悪化させてしまう方は少ないですね。それは、それ以前に適切な治療に出会えている事と、日本人と欧米人では生活環境に大きな違いがあるように感じています。

 

さて、本日も症例紹介です。

ご相談頂いたのは、30代の女性です。

 

【医療機関で診断された病名】

先天性股関節脱臼、臼蓋形成不全

 

【解説】

出産後に脱臼が確認され3歳までバンドを装着し過ごしてきました。小学生の時は不自由はありませんでしたが、違和感を訴えはじめたのは高校生になってからです。ソフトボールやバドミントン部に所属し活発な学生生活を送り、股関節周囲につれるような感覚が出始め整形外科を受診したところ、医師からは「頻繁にある症状だから心配はいらない。」といわれたため安心してこれまでと同じような生活を送っていました。しかし、社会人に入り業務が変わり多忙を極める中、立ち上がり時や歩行時に痛みを訴えるようになりました。再度整形外科を受診した際には、「軽い臼蓋形成不全だが、変形性股関節症になるような感じではない。」とのアドバイス。適切な指導もないまま時間だけが過ぎ、最近になって痛みが更に増し、関節内の音も気になり出したため、医療機関では対応しきれないと判断し、ご家族の勧めでginzaplusへお越しになられました。

 

【理学療法士コメント】

先天性股関節脱臼に伴う臼蓋形成不全は、何か新しいスポーツをはじめたり、出産や仕事など生活環境が変わった時に、痛みが発症し易くなります。運動も良いですし、多少の重労働も構いません。但し、そうしたストレスに耐えられる股関節を、脱臼を経験している場合には若い内から育んでおく必要があります。先天性の脱臼や股関節への治療経験、これらは将来的な人工関節を予兆させる重要なサインです。生活指導もないままそららを見過ごした医療者にも大きな責任があります。

一般に整形外科では、荷物を持たないように指導される事が多くあります。但し、荷物を持たない生活など考えられるでしょうか。今回のケースのように、仕事で外回りを任されたり、パソコンや書類を持ち歩く必要性に迫られる事もあるでしょう。重い荷物を抱えれば、決まって、重心は前方に移り、歩けば左右に身体は揺れます。お尻が引け、股関節が伸びにくくなれば、自然と変形性股関節症特有の跛行パターンに陥るのです。荷物を持ってはダメということはありません。但し、荷物を持つという行為が、どういった負担を身体に招くのかを理解し、対策を練る必要があります。

レントゲン画像を拝見すると、その影響からか既に骨盤は歪み、脱臼側の股関節の軟骨の隙間は狭くなっているのが分かります。まずは、荷物を持たない状態で、正しい歩きが実戦でいるようになる必要があります。まだまだ年齢的には若いですから、正しい使い方さえ学習できれば、関節内の修復も十分に期待できます。変形性股関節症の進行を防ぐには、跛行が現れた時がタイミングです!

 

【痛み】

「立ち上がったとき。歩いているとき。」

 

【ginzaplusへの期待】

「痛みの改善。」

 

【施術期間】

 計2回、約2ヶ月

 

【施術前・施術後 (クリックで動画に切り替わります)】

 

 

「公開講座」

■神奈川・横浜

 9月9日(土)午前10時30分〜12時 

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター横浜教室

■東京・湘南

 11月18日(土)午前10時〜12時15分

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター湘南教室

■東京・新宿

 12月9日(土)午後12時30分〜14時45分

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター新宿教室

■福岡・博多

 12月16日(土)時間未定

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター福岡教室

 

「出張施術」

■大阪 9月12日(火)〜16日(土)  8/1日よりホームページ上で予約受付開始します

■博多 9月27日(水)〜30日(土)  8/1日よりホームページ上で予約受付開始します

 

 

ginzaplus 佐藤正裕

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ

 

【大腿骨頭壊死症】20代への保存療法の実践(インソールも併用して)

 

今日は大腿骨頭壊死についてです。

 

大腿骨頭壊死とは、何からの理由による大腿骨の頭の部分、骨頭への血流が不足する事で生じる病気です。詳細については、こちらに譲りますが、現在も尚その症状と進行にメカニズムが解明されていない事から、日本国内では難病指定として扱われます。私がginzaplusで担当させて頂く半数以上の大腿骨頭壊死症例は、既存疾患のためにステロイドの服用が避けられなかった方たちです。時として、ステロイドの服用は症状の沈静化には避けられませんが、世界の変形性関節症の治療ガイドラインでは、ステロイドの関節内注射だけはレッドフラッグ、つまり禁止事項です。骨破壊、症状を進行させる恐れがあるのです。そのため使用にあたっては、方法、用途を担当医師と十分に話し合って進める事が望ましいでしょう。

 

さて、本日も症例紹介です。

ご相談頂いたのは、20代の女性です。

 

【医療機関で診断された病名】

大腿骨頭壊死症

 

【解説】

幼少期に股関節のトラブルはありませんでしたが、10代に難病を患い大量にステロイドを大量投与していました。20代に入ってから徐々に股関節にも症状を抱えはじめ、可動域の減少、初動時や長距離歩行の際に痛みを訴え、大学病院へかかったところ骨頭の一部が欠損した大腿骨頭壊死症と診断されました。年齢的にも早い事から人工関節はためらわれ、リハビリを勧められましたが、そこの医療機関では具体的な指導もなかったため、ginzalusへご相談にみえました。

 

【理学療法士コメント】

大腿骨頭壊死に伴う股関節痛は、壊死の程度や場所などから予後が良いと判断される場合には、積極的に保存療法を進め経過をみます。杖も必要となるような強い痛みの場合には、かえって運動刺激が症状を悪化させる危険も伴うため、運動量や刺激強度については理学療法士の経験や判断が不可欠です。

今回のケースように、軟骨が消失し骨が変形しかかっている場合には、関節内の痛みも心配されましたが、保存療法を継続すると痛みの原因が関節外である事が判明し、筋力トレーニングを主体に運動強度を上げていきました。3ヶ月後には、当初の骨盤を左右へ大きく振るような跛行は改善され、健常者並みの歩行を獲得できています。

歩容の改善に向け最終的な手段としては、インソールを活用しています。これにより、荷重時の安定性は格段に改善され、自信をもって歩行距離を伸ばす事ができています。変形性股関節症由来の跛行の改善については、左右のアンバランスを修正する事が最も優先されますが、ある程度の可動域、筋力が確保されたならインソールも効果的です。インソールも導入のタイミングを誤ると、脚長差や拘縮などを招き、腰や膝に痛みが生じるばかりか代償的なパターンが学習されてしまいます。リハビリ担当者と慎重に進めていく事が大切です。現在は、ほぼ日常動作には不自由はなくなったため、今後は半年〜1年に1回のペースで経過観察していく予定です。

 

【痛み】

「歩きはじめや朝の起きがけが痛い。」

 

【ginzaplusへの期待】

「日常生活動作を指導して頂きたいです。」

 

【施術期間】

 計6回、約1年

 

【施術前・施術後 (クリックで動画に切り替わります)】

 

 

「公開講座」

■神奈川・横浜

 9月9日(土)午前10時30分〜12時 

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター横浜教室

■東京・湘南

 11月18日(土)午前10時〜12時15分

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター湘南教室

■東京・新宿

 12月9日(土)午後12時30分〜14時45分

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター新宿教室

■福岡・博多

 12月16日(土)時間未定

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター福岡教室

 

「出張施術」

■大阪 9月12日(火)〜16日(土)  8/1日よりホームページ上で予約受付開始します

■博多 9月27日(水)〜30日(土)  8/1日よりホームページ上で予約受付開始します

 

 

ginzaplus 佐藤正裕

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ

【臼蓋形成不全】10代への保存療法の実践

 

一昨日はミュージカルにご招待頂きました。

いよいよginzaplusも新たな活動がスタートしそうです。

理学療法士の役割とは、保存療法への認識を、少しずつでも広められたらなぁと考えております。

そして、本日から札幌です。週末までみっちり施術を行います。

 

さて、症例紹介です。

担当させて頂いたのは、10代の小学生です。

 

【医療機関で診断された病名】

臼蓋形成不全

 

【解説】

出産時にトラブルはなく、保育園に入った頃から内股歩きが気になっていました。小学生に入ると転倒機会も多くなり、ご両親は心配なり医療機関を受診しましたが、当時の医師は「そのうち治る。」と一言。その後、野球部に入りましたが、足首を捻挫したのをきっかけに股関節痛を発症。改めて医療機関を受診すると、今度は臼蓋形成不全を診断され、ご相談にみえました。

 

【理学療法士コメント】

変形性関節症の国際会議でも提唱されるように骨の形態異常、臼蓋形成不全が単独で変形性股関節症を発症する事はありません。何らかのリスクが伴う事で、股関節症を発症させるのです。

そのひとつが、内股歩行です。成人になって変形性股関節症を診断される多くに、日本では、内股歩行が目立ちます。幼少期からの歩き癖が臼蓋形成不全を招き、変形性股関節症を発症させるとも考えられます。

内股歩行では、踵からの接地が乏しくなります。ペタペタとぼとぼ歩きとなると、歩幅は狭くなり、股関節周囲の筋肉は痩せて衰えます。そのため、今回のケースのように捻挫や何かトラブルがあった際には、股関節で対処し切れず、痛みを放つのです。内股歩きは、股関節にとっては不利に働きます。お尻の筋肉の活動を鈍らせるだけではなく、不適切な関節運動まで引き起こします。親御さんは注意深く観察し、小さい頃から歩き方が気になれば、必要に応じて適時指導を仰ぐ事をお勧めします。

レントゲン画像をご覧頂ければお分かりのように、臼蓋形成不全を診断されていますが、まだ10代ですから成長段階にある事が理解されます。この数年で正常股関節に変化する事も十分に考えられます。しかしながら、内股歩行は変形性股関節症を予兆する重要なリスク因子です。子供頃からの予防への意識が、将来大人になってからの変形性股関節症を未然に防ぐ事に繋がります。

 

【痛み】

「腰と付け根に痛みが出る。」

 

【ginzaplusへの期待】

「また野球ができるようになりたい。」

 

【施術期間】

 計1回

 

【施術前・施術後 (クリックで動画に切り替わります)】

 

 

 

「公開講座」

■神奈川・横浜

 9月9日(土)午前10時30分〜12時 

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター横浜教室

■東京・湘南

 11月18日(土)午前10時〜12時15分

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター湘南教室

■東京・新宿

 12月9日(土)午後12時30分〜14時45分

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター新宿教室

■福岡・博多

 12月16日(土)時間未定

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター福岡教室

 

「出張施術」

■札幌 7月26日(水)〜29(土)     6/1日よりホームページ上で予約受付開始します

■大阪 9月12日(火)〜16日(土)  8/1日よりホームページ上で予約受付開始します

■博多 9月27日(水)〜30日(土)  8/1日よりホームページ上で予約受付開始します

 

 

ginzaplus 佐藤正裕

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ

【変形性股関節症】「手術後」リハビリの効果

 

先週末は新宿の朝日カルチャーセンターで公開講座が開催されました。

今回も満席御礼です。毎回ありがとうございます!

10代のお子さんや男性も多く、

ご質問の内容もFAIや股関節唇損傷などが半数を占め、最近の風潮を感じておりました。

 

年内は、横浜、湘南、新宿、そして福岡でも開催が予定されております。

手術に至る前、また手術後であっても、人生を変えるきっかけになるかも知れません。

保存療法に少しでも興味がございましたら、ぜひご活用下さい。

 

さて、本日も症例紹介です。

 

ご相談頂いたのは50代の女性です。

人工股関節の手術後に不調を訴え、ご相談にみえました。

 

【医療機関で診断された病名】

変形性股関節症

 

【解説】

先天性股関節脱臼の既往があり、中学生時代には既に痛の訴えがあり、症状に波がありながらも介護のお仕事を続けていました。次第に、痛みの訴えが強りテレビで紹介されていた医療機関を受診、即手術の決断をされました。「◯月△日に左足を人工股関節にしました。術後2ヶ月が過ぎました。1ヶ月過ぎには痛みもなく杖も使わず順調だったのですが、その後歩き過ぎて術足の膝とすねが痛みます。 もともと左足は2センチ程短かったのですが、術後逆に長くなってしまい歩きにくく辛いです。」手術後のリハビリ期間は10日間。当初は、杖なしで歩けていたものの、杖がなくては歩けないまでに悪化し、手術を受けた病院は遠方でリハビリ指導を受けられないため、直接ginzaplusへご相談にみえました。

 

【理学療法士コメント】

人工股関節の手術後では、本来は順調に回復していくはずが、回復曲線に乗れない方たちが少なからずいらっしゃいます。

その原因のひとつが脚長差、脚の長さの差の問題です。

術者はできるだけ配慮し、脚の長さを整えるように手術を行いますが、手術中の肢位や技量の影響により患者様個人間に差が現れる事があります。脚長差が生じると、歩き方に乱れが生じ、多関節へも影響を及ぼします。場合によっては、反対側の股関節にも痛みを併発させ、更なる手術を迫られる事さえあります。海外ではその後のQOL低下に直結する事から医療裁判にもなる重要事項です。

さて、脚長差が生じてしまった場合、気を付けるべきは以下の2点です。

「歩き方の調整」、それと「インソールの着用」です。通常2センチ以内の脚長差であれば、歩き方を整えるだけで改善は望めます。しかし、それ以上ともなるとインソールの併用も考える必要があります。但し、基本的な順序としては、歩きを整える事が優先です。間違った荷重の仕方で補高だけを行えば、かえってバランスを崩し、拘縮を招いたり、極端な筋力低下を生じさせ、症状を悪化させる恐れがあります。正しい荷重感覚を学習しながら、最終的に足りない要素をインソールに頼るようにしましょう。

近年、入院期間の短縮から十分なケアが行き届かず、退院後も不具合を抱えながら生活せざるを得ない方が増えています。本来ならば、順調に回復するはずも、こうした問題を先送りにすると、杖が外せない、跛行が一向に改善されないどころか、反対側の股関節にまで痛みが現れます。手術後に不調を訴えたならば、できるだけ早く、専門家の指導を受ける事をお勧めします。

 

【痛み】

「歩き過ぎると左スネ、膝あたりが痛む。」

 

【ginzaplusへの期待】

「痛みを取りたい。歩き方を治したい。」

 

【施術期間】

 計7回、約10ヶ月

 

【施術前・施術後 (クリックで動画に切り替わります)】

 

 

今後の「公開講座」の予定です。

 

■神奈川・横浜

 9月9日(土)午前10時30分〜12時 

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター横浜教室

■東京・湘南

 11月18日(土)午前10時〜12時15分

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター湘南教室

■東京・新宿

 12月9日(土)午後12時30分〜14時45分

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター新宿教室

■福岡・博多

 12月16日(土)時間未定

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター福岡教室

 

ginzaplus 佐藤正裕

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ

【変形性股関節症】「手術前」リハビリの効果

 

日本ではまだまだ認識は薄いですが、

「手術前リハビリ」を積極的に導入する医療機関も増えてきました。

 

先日ご相談頂いた方の冊子には、

 

 

「ウォーキングなどのエクササイズにおいて痛みが出現した場合でも、医師や理学療法士に相談しながら継続して下さい。」

 

と書かれています。

多少の痛みがあっても、動かす事が手術前であっても大切なんですね。

 

さて、本日も症例紹介です。

 

今日は90代の女性からのご相談です。

手術前リハビリをご希望されご相談にお越し頂きました。

 

【医療機関で診断された病名】

変形性股関節症

 

【解説】

「約2年前に症状がでてきて整形外科を受診、昨年後半に痛みがさらに悪化。家の中でどうにか歩ける状況ですが、今は主に歩行器を使用中です。11月末に◯◯病院を受診し、△月□日に手術予定です。入院は心房細動の飲み薬との関係で2月はじめになるかもしれませんがまだ確定はしていません。都内のリハビリ病院を探しリハビリを受けていますが、どうやら専門ではないようです。緊急で申し訳ありませんが、手術に向けたリハビリ指導をよろしくお願いいたします。」

 

【理学療法士コメント】

手術前リハビリの効果は、身体、精神的な側面、両面への効果が期待できます。

現在では入院期間が短縮され、手術後もリハビリ期間も益々短くなっています。そうした医療環境においても、できるだけ手術前から術後に想定されるリスクを考慮し、股関節を動かして行く事は術後のリスク(脚長差や反対側への痛みなど)を最小限に抑える事ができます。同時に、手術前リハビリを通じて、人工関節への理解を深めて行く事は、その後も不安なく安心して過ごせるようになるためにも極めて重要です。

今回こちらの患者様は、手術後に約2センチの脚長差が生じてしまいました。

脚長差が生じてしまう理由には、術者の技術や手術時の肢位など様々考えられますが、手術前にしっかり歩きの指導や股関節の使い方を習っておく事で、現在では、インソールなどを入れる必要もなく、スムーズな歩行が実現できています。術後1年が経った今では、小走りやスキップができるまでに回復されています。大好きなゴルフも再開され、月に1回のペースで銀座へもメンテナンスにお越し頂いております。

手術後に想定されるリスクとは、脚長差などの影響による跛行の発生と、それに伴う反対側の股関節への痛みです。

片側の人工関節を入れると多くの方が反対側まで手術を迫られるように、痛みがなくなったとはいえ左右対称に股関節を操れるようになる方は少なく、杖を使ったり極端に運動量を制限しない限り、運動量だけが増せば、やがて数年以内に反対側への手術を迫られる事が多くあります。手術日が決まったその日から、手術後の心身の回復に備え、手術前リハビリを実施する事も望ましいといえるでしょう。

 

【痛み】

「歩行。」

 

【ginzaplusへの期待】

「手術後の回復をスムーズに。」

 

【施術期間】

 手術前 3回

   手術後 10回

 

【施術前・施術後 (クリックで動画に切り替わります)】

 

「公開講座」のご案内です

 

■福岡・博多

 6月10日(土)午後1時〜3時

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター福岡教室

■東京・新宿

 7月8日(土)午後1時30分〜3時

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター新宿教室

■神奈川・横浜

 9月9日(土)午前10時30分〜12時 

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター横浜教室

 

ginzaplus 佐藤正裕

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ