【変形性股関節症】クスリ

 

ジェットバス、

日頃の疲労は皆さんはどのように解消されていますか?

私は日々のトレーニングの疲れを、近所のスーパー銭湯のジェットバスにとってもらっています。このジェットバス、かなりスゴイんです、笑 他にもいくつか試したことがありますが、コチラのが最強。噴射力はお子さんなら吹っ飛んでしまうほどの威力。バーにしがみ付きながら、股関節前、外側、お尻周り、内股とまんべんなく当てると、翌日には爽快。軽やかに走れるようになるんですから、かなりの優れものです。

 

さて、変形性股関節症とはいっても、痛みの原因の多くは血行不良による筋肉の痛みです。もちろん、整形の先生方が仰るように関節内の炎症の可能性もあるのですが、その割合は極めて低いと考えています。年に数例経験しますが、痛みの訴え方が特徴的です。ですので、たとえ骨の状態がどんなに悪く、軟骨が欠けていても、筋肉が使えるようになると再び蘇る可能性がある、とお考え下さい。

 

今回ご相談いただいたのは、50代の女性。先天性の脱臼を抱え、もうかれこれ30年以上股関節痛と戦ってきました。はじめは薬物療法、次第に効果も消失し、やがて脚長差、最終的には、睡眠障害と原因不明の激しい頭痛に悩まされていました。

 

ginzaplusへお越しいただくようになってからは痛み止め、クスリの服用は完全にストップし、精神的にも明るくなられ、今では遠方より遥々新幹線をご利用になられ、メンテナンスに通って下さっています。

 

 

整形外科的には、痛みの原因は、骨の変形や軟骨の損傷、あるいは関節唇(カンセツシン)の損傷と考えられがちですが、実際には、関節周りに存在するいくつもの筋肉が原因であることが多くあります。

 

その証拠に、レントゲン画像にあるように、ここまで関節が傷んで、今現在も炎症過程にあるようにみえても、関節を入れ替えなくても痛みがとれ、小走りができるまで回復するのです。

 

保存療法の初期の段階で薬物療法、痛み止めを服用される方も多くいらっしゃるでしょうが、痛み止めも、種類にもよりますが、様々な副作用が報告されています。本例のように、頭痛や睡眠障害に悩まされるようになれば、できるだけ速やかに外していきたいところです。

 

また、何より痛み止めの服用が長くなると、運動療法に乗りにくくなります。これは、あくまでも私の経験ですが、脳が痛みの分別をしにくくさせるのです。リハビリを進めていく上でも厄介な存在となります。鎮痛剤も使うなら短期にスパッと効果を見定めて、影響の少ない漢方やサプリメントを上手に活用しながら、徐々にOFFへと導いていきましょう。

 

 

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)

お問い合わせご予約

☎03-6228-6058

ホームページ https://ginzaplus.com/jp

 

 

 

【変形性股関節症】リスク

 

先週はカナダにお住まいの方から近況報告のメールを頂きました。また、オーストラリア在住の方とテレカウンセリングを行ったり、internationaな1週間。明日からは札幌へ施術に伺いますが、来月は仙台、11月は大阪、そして年内最後の12月の福岡と続く予定です。今年は特にあっという間の一年でしたね、何とか無事に乗り越えたいですね。

 

さて、今日も動画で勉強してまいりましょう。

 

日本人の変形性股関節症の割合は、海外とは異なり、圧倒的に生活習慣が色濃く反映されているように思われます。その証拠に肥満、いわゆる太った方の依頼は実に少ないのです。今日のメッセージは、親御さんに対して。お父さんお母さんはしっかりとお子さんの姿勢や歩き方を観察してみて下さい。変形性股関節症のリスクは、幼少期に作られます。床でぺちゃんと座っていたり、横座り(お姉さん座り)の癖があったり、男の子であっても内股傾向、頻繁に転ぶようなアクシデントがあれば、要注意。将来的な変形性股関節症が示唆されます。

 

夏休み期間中は、今年も小中学生のお子さんのご依頼が多くありました。そうですね、早めの対応がとても大切です。ご本人、お子さんへの注意もそうですが、ご両親の知識、声かけこそがこれからはとっても大切になるはずです。

 

こちらは、先日の大阪での施術風景です。

 

 

たった一時間の施術ですが、見事に変わっていますね。

 

臼蓋形成不全の発生も、幼少期の生活環境と密接に関わりがあると考えています。あぐらがかけない、内股傾向の場合には、特に頻発し易いように思われます。そうした兆候があれば、できるだけ早く動作や姿勢の改善に取り組んだ方が良いかも知れません。骨の成長がおさまる高校生までがチャンスですね。

 

現在のコロナ対策も、PCR検査の実施を励行する声もありますが、何でもかんでも検査を行えば良いというものではなく、本当にリスクがあると思われる対象のみターゲットを絞って実践すべきでしょう。変形性股関節症も、日本では臼蓋形成不全が原因といわれ、日本人では10人に一人、論文によっては4人にひとりが形成不全保有者といわれています。ただ、それら全てが関節症を発展するのではなく、実際には上記に挙げたような生活習慣を繰り返していた方が、発症する割合が高くなります。

 

「乳児期」では、

 

・おむつの当て方

・抱っこの仕方

 

そして、大きく成長を迎えた「幼少期/学童期」においては、

 

・ぺちゃんと座り、横座り

・股歩き

・あぐらがかけない

 

こうした関連動作には、特に気を付ける必要があります。

 

変形性股関節症の未然に防ぐ取り組みです。リスク管理も家庭内からも徹底できれば、将来的な手術、変形性股関節症の発症を確実に抑え込むことができるでしょう。

 

 

ところで、銀座駅と東銀座駅が遂に地下で開通しました!

これで雨にも濡れず、空調も効いた環境でginzaplusまでもお越しいただけます。

 

「N1」出口が目印です。

 

綺麗に工事も済みましたね。

 

 

階段orエレベーターを利用し地上に出れます。

三越の地下の食品街にも便利、自転車置き場もこちらをご利用下さい。

 

 

地上に上がったら目と鼻の先。ginzaplusはもう目前です!

 

 

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)

お問い合わせご予約

☎03-6228-6058

ホームページ https://ginzaplus.com/jp

 

 

【変形性股関節症】腰痛

 

股関節というのは、身体の中心に存在することから、股関節に不具合が生じ始めると、あらゆる問題を抱えるようになります。

昨日初めてお越し下さったその方は、自粛生活により在宅勤務を促され、通勤時間がなくなったことから瞬く間に脚のむくみと就寝時のこむら返り(ふくらはぎがツル)に悩まされていました。それだけ、股関節を使わない、つまりは、歩かなくなると、全身への影響が大きいのでしょう。この状況が今後も続けば、ますます全身の不調を訴える方が多くなるであるうと心配されます。

 

さて、今日も動画で勉強しておきましょう。

股関節を使うとは、一般の方においては「歩く」と理解されて良いでしょう。スポーツ、アスリートにおいては、もう少し複雑、さらなる高度な運動が要求されますが、股関節を前後に大きく動かす、これがとっても大切です。とにかく、股関節は構造上「曲がる」方向への運動を得意としていますから、わずかな「伸ばす」を、日々の生活で達成できるかが、股関節の健康を保つ肝になります。

 

そして、変形性股関節症を診断された方は、皆さん、この「伸ばす」が苦手なために、様々な工夫を(無意識のうちに)されています。

今日ご紹介するこちらの方は、世界中で様々な治療家、理学療法士にも診てきてもらっていましたが、今一つ効果を実感できない様子でした。本来の股関節を「伸ばす」を、足を外に着くことで補ってきたことで、今度は、腰にまで影響が及んでいます。昨年末からお越しいただき、計6回。動きの基礎を作り上げつつ、今では股関節で上手にバランスを保てています。

 

 

先日もお電話での問い合わせがあったのですが、痛みを発症してからの期間が短いほど短期に症状は解決できます。それを、何と無く出たり引っ込んだりを繰り返すものですから、そのまま放置したり、後に引き伸ばしてしまうと、かえって、回復までに時間を要します。ちなみに、こちらの方が痛みを発症したのは、5年前。改善への道のりには個人差ありますが、再び動くことへの意欲さえあれば、こちらの方と同じような効果を実感いただけるでしょう。

 

自分で動いて良くしたい、その気持ちがあるうちは身体はいくらでも柔軟に反応してくれます。自粛生活でなまった股関節を、今のうちに“使える股関節”へ復活させておきましょう。

 

 

 

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)

お問い合わせご予約

☎03-6228-6058

ホームページ https://ginzaplus.com/jp

 

 

【変形性股関節症】寝返り痛

 

久しぶりの更新となってしまい申し訳ございません...。

昨日福岡で活躍する同じ理学療法士から、投稿回数が少なく寂しい..との連絡がありました。今朝はトレーニング前に久々に記事を書いております、汗汗。新型コロナウイルスの状況も、日々変化がございますが、皆さんの生活はいかがでしょうか。もうこうなったら自衛ですね、自分の身は自分で守るしかありません。国やメディアも一生懸命ではありますが、最近は、どこか的が外れているように思えてしまいます...。そう感じるのは私だけでしょうか...汗汗

 

さて、気持ちを切り替えて、

今日のテーマは“寝返り痛”、寝返り時の痛みについて。

 

股関節に違和感を感じるようになると次第に、椅子からの立ち上がりや、車の乗り降りの時に引っかかりや痛みを訴えるようになります。中でも、重症化伴い、就寝時の寝返りの際にまで痛みを訴えるようになると、睡眠時間、睡眠の質にも影響が及ぶため、回復をさらに一層妨げる原因ともなります。

 

書籍でも紹介しているように、寝方にも気を付ける必要がありますが、これらはあくまでも対症療法です。根本的には、歩行時の体重の支え方にもメスを加える必要があります。どう体重を乗せるかによって、寝返り時の股関節の負担も変わります。「歩き方」と「寝返り痛」、実はお互いに密接に絡み合い、これらは切っても切れない関係にあるのです。

 

80代の女性です。

昨年末から股関節痛を抱え、近医では、変形性股関節症進行期との診断。医師からは手術を宣告されましたが、どうしても手術は避けたいとの思いから、たまたま観たテレビ番組をきっかけにお越しいただきました。

 

当初、歩く速度はゆっくりで、左側に身体を傾ける特徴がありました。側弯症も疑われます。それが、回を重ねる毎に徐々に回復され、当時あった寝返り時の痛みも消失し、足取りも軽やかに。

 

 

何といっても、こちらの方が素晴らしいのは、コロナ下の大変な時期にも休まずに通って下さったこと。「銀座には遊びに来てるんじゃないんだからね」、と毎回の口癖です。意気込みが違いますね。最後に、小走りにも挑戦していただきましたが、ご本人曰く「10年振り」と。まだ力強さはありませんが、自信にも繋がったのではないでしょうか。

 

80代の股関節症ともなれば、杖を使い逃げ切るのも一つですが、やる気さえあれば、可能性は無限大です。日々の努力、皆さんの前向きの姿に、免疫力も上がりそうですね。今後もさらなる飛躍をサポートさせていただきます!

 

 

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)

お問い合わせご予約

☎03-6228-6058

ホームページ https://ginzaplus.com/jp

 

 

【臼蓋形成不全】進行性

 

さて、今日は「進行性」というテーマ。

日本人に多いとされる臼蓋形成不全も、進行性と解釈されることが多くあります。ただ、本当にそうなのでしょうか。私も、世界各地の学会へ参加し、真実を追い求めてきましたが、必ずしも臼蓋形成不全が進行する、ということでもなさそうです。

 

一番の問題は、特に日本においては、臼蓋形成不全を発覚しても十分な対応がなされていないことではないでしょうか。

 

こちらの方はまだ40代。突然の痛みで医療機関へかかっても診断のみで適切な対処がされないまま、自宅へと返されてしまいました。

 

 

こうした状況では、進行するのも時間の問題でしょう。しかし、きちんと手を加え、ご指導すれば、すぐにでも良くなるはずです。10日後には、走れるくらいまでに回復しているのですから。

 

ただ、最後に画像も添付いたしましたが、こうした綺麗な臼蓋形成不全も、一歩対応が遅れれば瞬く間に進行する可能性があります。かばったような使い方を身につけ、亜脱臼を繰り返せば、間違いなく悪化するでしょう。

 

臼蓋形成不全は、初診時の対応が極めて重要です。この病気の専門家は、「自分がこの患者さんの将来を背負っている」という強い責任感と共に、最良のアドバイスが求められます。

 

臼蓋形成不全=進行性。これは明らかに、その後の対処で決まります。発覚後の行動に、大きく影響を受けるのです。

 

 

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)

お問い合わせご予約

☎03-6228-6058

ホームページ https://ginzaplus.com/jp